CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 全体»
人生のアルバム本作り ・・・・私の父の場合  [2013年01月16日(Wed)]


人生のアルバム本作りの番外編?実験編?として

細見さんが、私の父のアルバム本作りをしてくれている。

昨年12月に2回、一月に1回で

だいたいのアルバム本の材料(聞き取りと8枚の写真セレクト)がそろう予定だ。

アルバム本の完成は

具体的に目に見えるわかりやすい「結果」ではあるのだが、

実際には、家族である私にとって、そして、語っている父本人にとっても

そこに至るプロセスの意味のほうが大きいと実感する。

アルバム本作りは、写真を元にご本人が語るのを聞き手が聞きとりまとめるのだが、

人によって、一枚一枚について詳細を語れる人もいれば、

ざっと見た写真をヒントに、写真を離れて自分の人生について語る人もいる。

父の場合は、後者であった。

多くの高齢者の場合、

整理好きの人を除いて、

ゴチャゴチャと山積みされた

あるいは、たくさんのアルバムの写真の中から、

これ、と言う何枚かの写真を選択するのは、けっこうハードルの高い作業なのではないか

と思う。

集中力もその日の体力により違う。

聞き取りの時間帯も関係あるのかもしれない。

父の場合、写真を選ぶのは私(家族)の作業であり、探すのにはやはり時間がかかる。

何せ、母が亡くなった後も、家の整理はあまりやれてないのだ。

場合によっては、家族と一緒に作業出来るお年寄りもいるのかもしれない。

初日の聞き取りの日、だいたいはわかっているつもりだったが、

祖父についての印象、終戦の日のことや、

第一子の死産の話など、

細見さんの聞き取りの横で、私が生まれて初めて聞く話がたくさんあった。

2回目は、ちょっと話すのがしんどそうだった。(疲れていたのか?)

実の親子であり、嫌なところもいろいろあるのだが、

大正生まれの一人の人間が

どういう人生を送ってきたのか、少し離れた見方をすることに近づける。

家族に細見さんの様な聞き取りのできる他者が介入することにより、

日々の父のありように

今までは気付かなかった発見がいくつも出てくるのだ。

家族と共に作る人生のアルバム本・・・・

というのもありだ、と思う。

ごしま




お知らせ「人生のアルバム本作り」 [2010年10月25日(Mon)]

 
シニア対象企画
「人生のアルバム本作り」

あなたの周りにおられるお年寄りは
どんな人生を歩んできた方なんでしょう?
どんな時代を生きてこられたんでしょう?


【2010年度実施概要】

人生のアルバム本作り

〜 写真と共に語り合う、わたしの人生・あなたの人生 〜



高齢の方に、お手持ちの写真の中から思い出深いものを持参していただき、
聞き手と語らいながら、人生のアルバム本を作っていきます。
聞き手や参加者と共に懐かしい思い出を振り返りながら回を重ね、
最終日にアルバム本のお披露目&ミニ発表会を行い、
それぞれの人生の道のりを分かち合います。 


(日程)
1回目 9月10日(金)午前10時〜 無事終了 →レポート  
2回目 9月24日(金)午前10時〜 → レポート  
3回目 10月8日(金)午前10時〜 → レポート   
4回目 10月14日(木)午後1時30分〜 →レポート 
5回目 10月22日(金)午後2時〜 (お披露とミニ発表)レポート
→無事、終了しました。関係者の皆さまお疲れさまでした!
  ありがとうございました。

 ※一回の時間は、休憩20分を含み約1時間半程度。
  時間は多少変更あり。

(会場)京都府大山崎町 円明寺が丘自治会館 
(アクセス)阪急「大山崎」、JR「山崎」より自転車で15分
       JR「長岡京」・阪急「長岡天神」より阪急バス「円明寺ケ丘」下車
(ナビゲーター)細見佳代(俳優)・山田珠実(ダンサー)




★問合せ:ダンス&ピープル
 電話・ファクス 075-802-9060、
  d-a-p@muse.ocn.ne.jp
 


※2010年度「公益財団法人大阪コミュニティ財団/
西日本高速道路エリアパートナーズ倶楽部地域活性化支援基金」
の助成を受けて実施しています。


※9月6日付京都新聞洛西版記事→こちら 
※細見さんが、今年の春に和知で実施された京都新聞掲載記事→ こちら


9/10(金)朝7;15〜7:30 KBSラジオ、「人生のアルバム本作り」
について電話インタビューに出演しました。



10/22「人生のアルバム本作り」お披露目会 [2010年10月24日(Sun)]



2010,10,22(金)

「人生のアルバム本作り」
最終日のお披露目&ミニ発表

スタッフは、12:30集合して準備

アルバム参加者4名、聞き手+ナビ 4名
制作:2名  見学:2名 


13:30頃から参加者の方がだんだん集まって来られた。
今日は、はじめにテーブルの周りに皆が集まる。
お茶とお菓子(小さい京都チーズケーキ)もスタンバイ

13:52〜

ナビの細見さんよりあいさつがあり、
その後で、
「食べ物の思い出について何かありますか?」

戦時中の食べ物にまつわる話が次々と出る。


最近のこと、キャビアは黒いものと思っていたが、ノルウエー土産にもらった
キャビアは、歯磨きのようなチューブに入っていて
中味は赤くてびっくりした話など。


出来あがったアルバム本を各自にお渡しする。




ミニ発表に移る

正面にプロジェクターで写真が映しだされる
センターにレッドカーペット、
左側にご本人、右側に聞き手が座り
写真について、聞き手が説明し、
時に御本人が質問に応じて語る


参加者と聞き手の4組により
順に展開していく









最後に、皆でまた感想やおしゃべりをした。






参加者の感想より

・皆さんの人生経験を聞き、私より大変な道を歩まれたことを知った。

・子供達にいいプレゼントができました

・このアルバム作りをきっかけにしばらく遠くなっていた兄弟から
写真を送ってもらえた。話を聞いてもらえてよかった。


皆で記念撮影をして終了。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片付けの後、スタッフ、聞き手ボランティア、
見学の方と30分ほど話す。


見学者:参加者と観客の両方が満足していた。
      観客は置き去りにされるのがありがちだが、、、。

細見:最終的にどういうころまで見せるか?
    ということがある。
    話す人の「意欲」
    表現の主体として面白いと思っていて、
    「話したい人」の満足が第一だと思っている。
    今回は、聞き手の方は何のオリエンテーションも必要なかったですが、
    もっと若い人だったら、それも必要だったと思う。

山田:見た人にとっては一人15分(発表時間)でも長いだろう。 

    プロジェクターで見せるため、暗くしてるし、
    待ってる側はしんどいかな。

五島:自分の番が終わったら寝ている方もおられたし。
    暗いしね。 
    これ以上、発表時間は長く出来ないかな、と思う    

細見:見せ方のプランは、もっといろいろ考えられると思う。 
    時間軸に従っていたが、発表時は、横軸に合わせて
    4名一度に聞くとか・・・・

    ほか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無事終了することができました。
喜んでいただけました。
先輩の方々の歩んでこられた道のりに触れることができ、
また、人生の終え方について深く考えておられる方に会い
勉強になりました。
 樹木葬についてなど・・・
ご協力やご参加いただいた皆さんありがとうございました。



写真:出村
記録:五島





10/14記録「人生のアルバム本作り」4回目 [2010年10月14日(Thu)]


2010,10,14(木)午後

アルバム本作り、今日は、いよいよ4回目。

今日も、やや夏日だ。

いつもの道沿いの田は、稲刈りを終えていた。

後ろは、天王山。




13:30前には、参加者は集合し、スタート。

(山田珠実)「きょうは、足についてやります」

はじめは、足(フットの部分)。

70代後半とは思えぬ、とんでもなく素晴らしい足の持ち主がおられ、びっくり。

膝のお皿を柔らかくして手で動かしてみる。

「変化がわかる力も大事」




次に、椅子に座り、腹に力を入れ、膝や股関節は怠けて、

足裏を床に付けて、円を描く。

(この世と自分をつなげる)



13:40〜

細見「昔にさかのぼって、足でいろいろ歩いた思い出を披露して下さい。

小学校や若いころ、歩いた道の風景とか・・・」

山田・・・分団登校の思い出を語る。

   「6年で登校リーダーの時、小学校1年生の女の子の手がふわふわでやわらかく、
   とてもかわいらしかった。」
   家にも幼稚園の妹が居るのに、全然違う・・・
   あの時の歩いた感じ 」



Aさん「子供のころから、まめに動く。朝起きて、
    兄弟の弁当も作り、2〜4キロの道のりを歩いて学校へ行った。
    学校に着くのが、誰よりも早かった。
    運動場のチリ拾いや、トイレ掃除を全部やった。
    今でも、90歳になる人が、覚えていて
    「Aさんが早く歩きよった」ということを言う。
Bさん「何時頃、起きてたんですか?」
Aさん  「3時ごろ起きよった」
皆  「!!!」
Aさん「性分やな〜、とまらへん。
    働く、働いたらなんとかなる。
    薬なんて飲んだことない。一週間寝たら良い」

Cさん「たくさんの兄弟の末っ子だったので
    、家族が居ないと(不安で?)気にいらなかったのか、
    幼稚園に行くと、家族が誰も居ないので一人で走って家に帰った。
    又、幼稚園に戻る、と、一日に3回位それを繰り返した。
    小さかったのに、よく一人で走って帰ったものだと思う」

Dさん「あまり思い出せない。
    家に近い学校があったのに、遠いところの学校へ通ったことかな」

(大山崎町は次の日曜が選挙、選挙の声が外から響いていた)

13:55〜
各グループごとに、(今日は3組)分かれて、
最終的なまとめに入る。


15:15〜
集合写真 (前回お休みだった方を入れて)





その後で、

↓ お話しながら個人ポートレイト撮影
     




15:30〜 

聞き手側の原稿確認とミニ発表の打合せなど。

ミニ発表、「スライドします」と一応は言ったけど、皆さんやって大丈夫だよね?

と少々心配しながら・・・。

ナビの二人は、今日、明日でアルバム4冊を完成させる予定。    
     
いよいよ、来週がお披露目です。


記:goshi


10/8記録「人生のアルバム本作り」3回目 [2010年10月08日(Fri)]

2010,10,8(金)

今日も10月とは思えない暑さの秋晴れ

アルバム作りも3回目だ。

4名のうちお一人は、お休み。

10時10分位から、2名+ナビと聞き手ボランティアで

手をほぐしたりする。





10時30分から一人加わって

「なつかしい触る感覚を思い出す」ワークを10:40まで




Aさん「おたくさんの手は、汚いものを触ったことがないという

きれいな手やな。」とナビ細見さんの手を見て。


細見:感触についてのクイズとして、

何かをくるくると手でなぜるような仕草をする。

「何をやっているんでしょう?」

Bさん「誰かの膝を触ってる」

細見「当たりです!

小さい頃、母の膝がつるつるなので、良く触っていた。自分の膝はけがしたことがり、

がさがさしていたのでコンプレックスあったんですかね。

例えば、こういうことなんですが、

何か思い出はありますか?」

Cさん「赤ちゃんのほっぺ。

自分の子供のほっぺやけど、ほんとに気持ちよかった」

Aさん「これと言ってなし」。

仕事では、油のついたもんとか触ってた、人が触らないものを」

聞き手Oさん「ヨットに乗っていたので、帆にひもが付いてる

それを握ってコントロールしてた。風の感触」

Bさん「雪のシャリシャリした感触。握っても固まらない。

いちごをつけて食べる。杉の葉をどけたらきれいだし、

ほんとに自然の中の思い出。

あと一つは、赤ん坊の時の娘の足が、カチンカチンに

張っていて、触るのが面白かった。」

聞き手Tさん「チョークの粉が気持ち悪かった。

子供の頃は、大丈夫だったが。。」

Cさん「この人の手も、日焼けするようなところに出たことない手やな。

畑もないし、田植えしたことないやろ」

Tさん「田植え、この前始めてやりました」

細見「手の中に、思い出が色々入ってますね」



10:40〜12:00

 3組に分かれて聞き取りと写真選びに入る。



母さんの遺品をもってきていただいた方もあった。

写真の説明文をまとめるのは、いざ、これで決めようとすると

けっこう時間がかかるようだ。

各参加者の写真で、アルバムに使うものをナビがあづかる。


12:00 集合写真の撮影をして解散





帰り、一面の稲穂を見ながら自転車で大山崎駅まで。

向こうは、八幡市やくずは方面。

一部、稲刈りしてあった。





記:goshima



9/24記録 人生のアルバム本作り(2回目) [2010年09月25日(Sat)]


人生のアルバム本作り 2回目

9/24(金)

本日は、
先日の猛暑から 
いきなり秋の曇り空 、
阪急大山崎駅から会場へ行く道の風景です
稲穂が垂れて、収穫間近の田
後ろは、天王山





会場の円明寺が丘自治会館



10時から前半グループスタート

「整膚」(皮膚をつまむマッサージ)というのをペアでやりあった後、
各組に分かれる





聞き手とのお話が始まって50分後に、
お茶を出すことにした。
Oさんの組は、ちょうどその時間に終わった。


一方のSさんのお話は、まだまだ続く。



後半グループも、整膚からスタート、
2組に分かれる。


mさんは、写真無しで、
お話がどんどん続く
終了時間の手前で、お写真は?とお聞きし
ようやく写真を見せて頂くことに。
額に汗、目じりに涙のにじむ話が止まらない。










3回目や4回目が抜ける方がおられ、
聞き手側は、次回に大体の構成をまとめなければいけない。


記憶がリアルに今の身体に生きていて過去にならない方、
ご自分の人生を少し距離を置いて見ておられる方、
50年以上前のキャリアウーマンの子育ての苦労、
少しミステリアスな方、
商才の爪の垢を煎じて頂きたい方、
結婚や子育てがあったとしても、ご自身のライフワークであったり
その方特有の「何か」が、話のやりとりの積み重ねから
だんだんと浮かびあがってくる。


過去の記憶と現在の身体、たたずまい
のつながりの在り方が全く!全く!人によって違う。
当たり前だ、と言われればそうだが、
それに驚く。
しかし、本当に!よく働き続けてこられたと感じ入る。




記:goshima
9/10記録 人生のアルバム本作り(一回目) [2010年09月14日(Tue)]


シニア対象企画 「わたしの道」シリーズ

人生のアルバム本作り
〜写真と共に語り合う、わたしの人生・あなたの人生〜


第一回目

9/10(金) 前半10:00〜/後半11:00〜
大山崎町円明寺自治会館にて

ナビゲーター:細見佳代(俳優)・山田珠実(振付家・ダンサー)




参加者3名、聞き手ボランティア2名の方が参加しました。
おしゃべり会の協力です。

始める前に、各々自己紹介をしてから、
ウォーミングアップ。

しあわせなら手をたたこう を歌いながら、少しからだを動かします。







ナビゲーターと聞き手ボランティア・参加者が一人ずつチームになり、
お持ちいただいた写真を挟んで、思い出を振り返りました。








これから計5回実施します。どんなお話を聞かせていただけるのか楽しみです。
最終日10月22日(金)13:30〜
には完成したアルバムのお披露目会・ミニ発表を行う予定です!



写真:Dance&People
文:出村弘美