CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«10/14記録「人生のアルバム本作り」4回目 | Main | お知らせ「人生のアルバム本作り」»
10/22「人生のアルバム本作り」お披露目会 [2010年10月24日(Sun)]



2010,10,22(金)

「人生のアルバム本作り」
最終日のお披露目&ミニ発表

スタッフは、12:30集合して準備

アルバム参加者4名、聞き手+ナビ 4名
制作:2名  見学:2名 


13:30頃から参加者の方がだんだん集まって来られた。
今日は、はじめにテーブルの周りに皆が集まる。
お茶とお菓子(小さい京都チーズケーキ)もスタンバイ

13:52〜

ナビの細見さんよりあいさつがあり、
その後で、
「食べ物の思い出について何かありますか?」

戦時中の食べ物にまつわる話が次々と出る。


最近のこと、キャビアは黒いものと思っていたが、ノルウエー土産にもらった
キャビアは、歯磨きのようなチューブに入っていて
中味は赤くてびっくりした話など。


出来あがったアルバム本を各自にお渡しする。




ミニ発表に移る

正面にプロジェクターで写真が映しだされる
センターにレッドカーペット、
左側にご本人、右側に聞き手が座り
写真について、聞き手が説明し、
時に御本人が質問に応じて語る


参加者と聞き手の4組により
順に展開していく









最後に、皆でまた感想やおしゃべりをした。






参加者の感想より

・皆さんの人生経験を聞き、私より大変な道を歩まれたことを知った。

・子供達にいいプレゼントができました

・このアルバム作りをきっかけにしばらく遠くなっていた兄弟から
写真を送ってもらえた。話を聞いてもらえてよかった。


皆で記念撮影をして終了。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片付けの後、スタッフ、聞き手ボランティア、
見学の方と30分ほど話す。


見学者:参加者と観客の両方が満足していた。
      観客は置き去りにされるのがありがちだが、、、。

細見:最終的にどういうころまで見せるか?
    ということがある。
    話す人の「意欲」
    表現の主体として面白いと思っていて、
    「話したい人」の満足が第一だと思っている。
    今回は、聞き手の方は何のオリエンテーションも必要なかったですが、
    もっと若い人だったら、それも必要だったと思う。

山田:見た人にとっては一人15分(発表時間)でも長いだろう。 

    プロジェクターで見せるため、暗くしてるし、
    待ってる側はしんどいかな。

五島:自分の番が終わったら寝ている方もおられたし。
    暗いしね。 
    これ以上、発表時間は長く出来ないかな、と思う    

細見:見せ方のプランは、もっといろいろ考えられると思う。 
    時間軸に従っていたが、発表時は、横軸に合わせて
    4名一度に聞くとか・・・・

    ほか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無事終了することができました。
喜んでいただけました。
先輩の方々の歩んでこられた道のりに触れることができ、
また、人生の終え方について深く考えておられる方に会い
勉強になりました。
 樹木葬についてなど・・・
ご協力やご参加いただいた皆さんありがとうございました。



写真:出村
記録:五島





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント