CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«6/17講演「記憶の宝箱を開けてみよう~回想法の実践と演劇表現の可能性〜」杉山準、細見佳代 | Main | 「わたしの道」プロジェクトについて»
戦時中の加害の記憶を語る93歳男性/高知新聞 「私は細菌部隊にいました」 [2015年09月18日(Fri)]


今までのシニアへの聞き取りの場面の中で、

戦時中の自分の体験を「被害者」として語る人がほとんどだった

印象がある。

加害の立場の意識が、語られる場には遭遇したことがない。

もちろん、現地で戦わない女性や戦場経験のない方にとっては、

直接的に害を与えることがないからだし、

当然、加害の告白は語るのはきついからだろうが・・。

今回の安保法案が、高知の93歳に語らせた記事を見つけた。

この方に、語れなかった今までと今とでは、

どんなに違うのか、お聞きしてみたい、、、と思った。

記:ごしま

(記事中の写真は、語った方とは別の方のようです)



高知新聞 15年9月17日付・朝刊 より

安保法制 関連記事

〜安保法案は何を変えるか〜

「私は細菌部隊にいました」

安保法案反対へ沈黙破る

元中村市教育長の谷崎等さん(92)

「今、語り継がねば」

http://www.kochinews.co.jp/15anpo/150917anpo-k02.html



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント