CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«人生のアルバム本作り ・・・・私の父の場合  | Main | 戦時中の加害の記憶を語る93歳男性/高知新聞 「私は細菌部隊にいました」 »
6/17講演「記憶の宝箱を開けてみよう~回想法の実践と演劇表現の可能性〜」杉山準、細見佳代 [2014年06月18日(Wed)]


2014,6,17(火)13:30〜15:30
京都SKYシニア大学
会場:京都新聞文化ホール

会場は、60〜70名くらいのシニア世代でいっぱいでした。


前半・・・(NPO劇研 理事・事務局長)杉山準さんによる
・アトリエ劇研シニア劇団(京都2クラス、高槻2クラス)と左京西部いきいき市民活動センターでの活動紹介。
高齢者との交流プロジェクト「思い出のアルバム展示会」(いきセン)の紹介の中、
アルバム展示会の説明では、戦前、京都開拓団の一員として満洲に行かれ残留された、
後に永住帰国された方の
「壮絶な」人生の来歴が記されたアルバム本が紹介され、
会場の空気が少し変わった気がした。
・北名古屋市の回想法センター(行政が行っている)での地域回想法の紹介。

後半・・・細見佳代さん(俳優・演出家。龍谷大学非常勤講師)による
1・アトリエ劇研付属シニア劇団星組の活動紹介。
第一回目の舞台と出演者インタビュー等の映像(KBSテレビ放映分)や
シニア世代のパワーの理由(残された人生の時間への明確な意識,しがらみのない仲間の存在)
や、メンバー同士のぶつかり合い(この年になってまで人に合わせなくない)と数年を経た他者理解や相手との適度な距離の取り方、
運命共同体(多くの苦労を共にしていく内に関係性が変わっていく、演劇の特質)についてなど。

2・北名古屋市回想法センターとイギリス回想法センターの紹介
回想劇「あの頃の思い出」(回想法シンポジウム2010)の映像
・・・高齢者(いきいき隊)と小中学生大学生など50名が参加した舞台
(イギリスの回想法センターのバーニー氏が、「背景には子供をどう育てていくか」があると
講評の中で話していた。)
若い世代は、異世代交流の場面を作ることにより、はじめてシニアの時代を体感できる。
役を演じることが、異なる時代を生きる=交流する、ことになる。
3・シニア世代の表現活動
「高齢者の身体には宝物が詰まっている。演劇は宝箱を開けるための大きな力をもっており、
その宝が次世代に受け継がれていくよう、今後も工夫を続けていきたい」

見学・メモ(ごしま)





Posted by Dance&People at 02:32 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント