CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«出雲WSレポート@「みる・きく・かかわる」 | Main | 11/6「金茶会」レポート@»
11/6「金茶会」レポートA [2011年12月08日(Thu)]


金茶会レポートーA

2011,11,6(日) 

 出前編 お一人暮らしのお宅を2軒訪問させていただく。
 
 思い出の一品をめぐって異世代とお茶を飲みながら交流  

 出前班メンバー : 児玉(聞き手)、細見(ナビ)、古川(撮影) 

@13:00−14:30、
A15:00−16:30

@Bさん(80代後半)宅

 思い出の品は・・・ 
  長年の住み込みの仕事先の犬とそのご主人が映っている写真。
  犬の名はブー。いつも話しかけていた。
  子供のころからのご苦労された様々な話。
  20過ぎの頃、愛知の軍需工場で働き、そこでもらっ
  たアメなどを京都の店の人に持ち帰っていた。
  だから今でもアメは好き。
  空襲のときは低空飛行で銃を撃つ兵士の顔が見えて怖 かった。
  一緒に働いていた男性二人に両脇を抱えられて防空壕に走った。
  足は宙に浮いて生きても死んでもいいという気持ちだった。
  でも二度とあんな目には遭いたくない。

  
  俳句  宙に浮き 駆け抜けた夜 ブーとともに (児玉作)
       これからも 思い出増えてく 日記帳 (Bさん作)

  







ACさん(80代後半)


思い出の品は・・・
  嫁入りの時母からもらった正月用の御膳といちま人形 ミシン
  夫の転勤で全国各地を転々としたが、
  このミシンはいつも一緒だった。
  子供の洋服もこのミシンで縫った。
  今は頼まれてペンケースを作ってます。
  窓辺に座ってこのミシンをふんでいる
  と近所の方などが声をかけてきてくれる。
  年を取って目が見えにくくなっても、糸は通せる。
  手が覚えているんでしょう。

俳句 
   庭眺め ミシンふみつつ 想い紡ぐ (児玉作)
   若さとは 輝きありと  思いしこの日 (Cさん作)

  



  Bさん、Cさん 
  ステキな思い出の品物を見せていただき、
  お話を聞かせていただいてありがとうございました。
  いつまでも、お元気でお過ごしください。

 
  
Posted by Dance&People at 09:22 | 金茶会 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント