CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«11/6「金茶会」シニア対象 ご案内 大山崎山荘美術館 | Main | 出雲WSレポートA「みる・きく・かかわる」»
11/18、出雲市にて、福祉施設スタッフ向け研修会 ご案内 [2011年11月12日(Sat)]

「みる・きく・かかわる」
〜コミュニケーションについて、自分のからだで感じたり考えてみたりしませんか?〜

→終了しました。出雲市社協の皆さま、
 参加していただいた皆さまありがとうございました!

日時 : 平成23年11月18日(金)
     1回目 13:00〜16:00(受付開始12:30)
     2回目 18:00〜21:00(受付開始17:30)
     ※1回目と2回目は同じ内容です。
会 場 : 出雲市社会福祉センター (出雲市今市町543)
対象 : 出雲市内の福祉施設職員
定 員 : 各30人 (応募多数の場合は抽選)
講 師 : 細見佳代氏(俳優・演出家)、山田珠実氏(振付家・ダンサー)
参加費 : 1,000円
内 容 : 体を使ったコミュニケーションワークショップ
       ふりかえり、意見交換
携行品 : ヨガマットまたはバスタオル2枚
申込方法 :@施設名A申込者名B申込者の連絡先電話番号とFAX番号
      C参加希望者名を明記してFAX、電子メールで11月14日(月)までに
      出雲市社会福祉協議会にお申し込みください。
      なお、電話での申込みも受け付けます

問い合せ先 :〒693-0001 出雲市今市町543
      出雲市社会福祉協議会(担当:岡並)
      п@0853−23−3781  Fax 0853−20−7733
       E-mail:fukushi@izumoshakyo.jp(@を小文字に)

      出雲市社会福祉協議会サイトの情報→こちら

  ※福祉現場で働く職員のコミュニケーション力を高め、
    福祉サービスの質の向上に資することを目的に開催されます。

主 催 : 出雲市社会福祉協議会
協力 : Dance&People/「わたしの道」プロジェクト

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2008年に京都で一回目を実施した
介護者を主対象とした「みる・きく・かかわる」が出雲市で行われます!
市内在住で関心ある方は、是非、この機会に
ご参加ください。
特に、高齢者のケアに関わっている方にとっては、
いろいろ興味深いことがあるかもしれません。
この研修会でのポイントは、相手ではなく、
自分のからだに向き合うことから・・・ということでしょうか。
介護や介助の現場では、施設・在宅を問わず、
なんらかの「問題」の原因が「相手にある」とされることが多いと思いませんか?
しかし、少し視点を変えてみると、自分自身がどうなのか?
ということが、おきざりにされていることがあると思います。
バーンアウトや、高い離職率は、働く条件の問題も大きいですが、
支援者と言われる「わたくし」そのものの身体のありように
大事なことがあると考え、今まで、介護者に対象を特化したワークショップを行ってきました。

「辛い・苦しい・暗い・・・」という
マイナスなイメージがかなり多い?かもしれない、福祉現場のイメージが
転換するかもしれない・・・

「介護現場はアートの宝庫!?」
・・・そんなイメージをもって人に、場所に臨めたら
楽しいことやおもしろいがウハウハ待ってるようになるかも、かも。

「みる・きく・かかわる」
「わたしの道」プロジェクトの過去のレポート →こちら




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント