CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年08月 | Main | 2012年10月»
里山の稲刈り終了しました [2012年09月19日(Wed)]

こんにちは、渡良瀬エコビレッジです。

天気が不安定ですね。

しかし雨が少なかったので、これくらい降って止んで、

明日からは晴れてくるようなので、稲刈りを進めていきます。




16日(日)は里山の稲刈りイベントがありました。

20名くらいの方が参加してくださいました。

半分がお子さんという賑やかな回になりました。

午前中は、イベントとしては今年初のわたつみ。

9.16 001.jpg

すでに何回も摘んで、比較的摘みやすい状態の会津種と

イベントで種まきをした茶綿(弓ヶ浜種)の収穫をしてもらいました。

短い時間でしたが、だいぶ弾けていたので、結構、収穫できました。

たくさん弾けていたり、大きくてフワフワのわたを見つけると

テンションがあがります。それをするっと摘むのが気持ちいいのです。

短時間でしたがあっという間に夢中になり、黙々と摘んでました。

9.16 003.jpg

わたつみに名残惜しさを感じつつも、次はさつまいも掘り。

9.16 005.jpg

水分が不足気味で、まっすぐに伸びずにくねっているイモがあって

それを掘るのが難しい。。。土も固め。

しかし、子供たちは夢中でした。

土を掘るのって、何か楽しいですよね。。。

とっても美味しそうな立派なさつまいもを掘り上げた女の子が居て

写真を撮ったのですが、(すごく可愛い笑顔の写真)

お顔を出すとアレなので載せられないのですが、いい写真撮れたな〜。





そしてお昼ご飯。

珍しいメニューでしたが夏野菜をふんだんに使ったカレーと

イチジクが入ったサラダは大好評でした!

なすのさっぱり揚げびたしも美味しかったですよね?

まだまだ暑いので、ピッタリのメニューだったと思います。
※写真は撮り忘れました・・・


その後、里山へ車で移動し、準備をして説明を聞いて稲刈りです。

9.16 008.jpg

よく聞いて、えらいね。

稲刈り用の鎌を持ったら、いざ、田植えをしたもち米の田の中へ!

9.16 010.jpg

湿度が高くて暑かったので、みんな休憩を取りながら。

9.16 011.jpg

子供たちも、大人も、がんばっています。

9.16 013.jpg

順調に進み、刈り取りはそれほど時間かからず!

ここからが結構大変。

はぜかけするため、稲束を作るのですが

ここら辺の言葉でいう、まるく、という作業が慣れないと難しい。

わら2本くらいで束を作って縛るのですが

元を揃えて、稲が抜け落ちないようにギュっと縛ります。

これがうまくできないと、はぜかけができないのです。




まるく作業を始めたら、雨が降り出してきました。

小屋に避難して、雨宿り。

ちょうど疲れてきたので、お茶とおやつで休憩。

大学いもと蒸かしたイモを用意してきたのですが

大学いも、子供たちに大人気!あっという間に食べてしまいました。

さつまいも掘ったから、お家でもたくさん食べてね^^

30分ほどで雨が上がり、作業再開。

子供たちはすっかりこちらのチームに・・・

9.16 015.jpg

がんばってまるいて、1時間くらい遅れてしまいましたがなんとか終了!

9.16 017.jpg

途中で帰られた方も居ますが、みんなで記念撮影!

11月の収穫祭では、このもち米で美味しい玄米餅を食べましょうね!

参加して下さったみなさん、ありがとうございました。
かかしコレクション2012 [2012年09月15日(Sat)]


9月も中旬になりますが、まだまだ暑いですね〜。

実は13日(木)に里山の稲刈りをおこなったのですが
(イベントで稲刈りする以外の田んぼの稲刈りを)

その日も近くの館林では36℃近くまで気温が上がり、

一日中外に居たので、日中は本当にグッタリ・・・でした。

明日も暑くなりそうなので、服装や飲み物などに気をつけて

無事に稲刈りを終わらせたいですね!

稲刈りが始まる前に、里山の様子をちょこっと写真に撮りました。

今年も仲間でかかしを作って立てたり、

イノシシ対策のロープが張ってあったりします。爆音機もあります。

しかし、稲のある風景の里山は本当に気持ちいい。

オニヤンマをはじめ、たっくさんトンボも飛んでます。

7.22 009.jpg

7.22 004.jpg

今年のかかしで一番の力作、なんと、モンロー。

7.22 008.jpg

ちょっとナメられているような気になる、ネコフェイスのかかし。

7.22 006.jpg

ハデハデのシャツを着た、首が伸びてしまったかかし。モデルは?

7.22 007.jpg

一番かかしっぽい?さわやかなかかし。


うーん個性が出ますね(笑)

明日、来られる方は見てみてください。


9月イベント 和棉の収穫と里山・棚田の稲刈り [2012年09月13日(Thu)]

今日も暑いですね。皆さんバテていませんか?

和棉がとうとう弾け出し、稲穂も出来てきて、

朝晩の涼しさを感じ・・・秋が少しずつ近づいているのでしょう。

少しイベントの間が開いてしまいましたが、9月はいよいよ稲刈りの季節です。

6月にみんなで田植えをした場所で、稲刈りをして収穫を楽しみましょう!

和棉もイベントとしては初の収穫になります。ぜひご参加ください!


******************************

  和棉の収穫、里山・棚田の稲刈り
締め切りました!


2011.9.18014.jpg

■日時  2012年9月16日(日)
     午前10時〜午後4時 予定

■場所  栃木市藤岡町・渡良瀬エコビレッジ
■参加費 会員 2,000円  一般2,500円
     小学生 1,000円 未就学児童 500円

■持ち物 タオル、帽子、飲み水、着替え、手袋(作業用が好ましい)
     汚れてもいい靴

※ 小雨決行、稲刈り鎌はこちらで用意致します。

■申込  9月12日(水)まで受付    
参加者氏名、人数、当日連絡がとれる電話番号、来訪手段
子供がいる場合は子供の年齢

■申込先 Mail watarase-ecovillage@bz03.plala.or.jp
FAX 0282-62-2677



Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 14:46 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ツリークライミング! [2012年09月01日(Sat)]

ここ1カ月、初めてのことに挑戦していた渡良瀬エコビレッジの仲間たち。

おととしからツリーハウスのある岩舟町と連携し

『とちぎの元気な森づくり』事業として、

里山の活動やイベントをおこなっていました。

過去2年はツリーハウスコンサートを開催しましたが

今年は、もっと地元の人に、もっと子供たちに参加してほしいと考えました。

ツリーハウスのすぐ近くにある小野寺北小学校で

夏休みにおこなわれているお祭りに参加し、その中でツリークライミングをやろう!

ということになったのです!





経験のある仲間に指導をしてもらい、数回の特訓。

金具を使わない、ロープだけで登るツリークライミングをやるために

特殊な縛り方やロープのセッティングに苦戦しながらも

なんとかロープワークも覚え、登り方もかなり上達しました。

当日は、事前予約などをしていたわけではないので

どれくらいの小学生たちが興味を持って集まってくれるか心配でしたが

20名以上の子供たちが集まってくれました。

ほとんどの子供たちが、ツリーハウスの上まで登ったことがない、

ということだったので、まずはツリーハウスに登ったり

木につけたハンモックで遊んでもらったり、その場所に慣れてもらいました。


7.22 002.jpg


その場で、希望者を募ると14名の子供たちがやりたい!と言ってくれました。

まずは、全員に道具や登り方、注意点の説明。

ツリーハウスのシラカシの木にロープを3本セッティングしておき、

それぞれ分かれてもらい、いざ挑戦。

7.22 001.jpg

ちゃんと説明をよく聞いて。。。

7.22 005.jpg

登り始める。

子供たちそれぞれ、差はあれど

仕組みをわかればスムーズに登っていけます。

高いところが苦手な子は難しいかもしれませんが

途中まで登るだけでも普段味わえない感覚と景色がありますからね!

7.22 004.jpg

ツリーハウスのある場所はほとんど日陰で、

目の前にはため池があってとてもいいロケーションです。

この日も猛暑日でしたが、それほど暑く感じませんでした。

登っている子供たちは汗ダクですけどね・・・(笑)





登らない子供たちはハンモックがおもしろかったそうで

かわり番こで遊んでいました。

そうこうしていると、まもなくゴールにたどり着く子が!

ロープをかけている枝にタッチできたらゴールということにしました。

7.22 008.jpg

7.22 006.jpg


7.22 009.jpg

7.22 012.jpg

7.22 010.jpg

余裕のピース!

5人くらいが上まで到達できたでしょうか。

中には2回も登りきった子までいました^^

慣れないうちは結構登るのに体力を消耗するので

休みながらでいいよ〜と声をかけるのですが

子供たちに休むという考えは無いようで(笑)

ものすごく一生懸命。真剣。

惚れ惚れしてしまう姿勢で臨んでくれました。




怪我もなく、なんとか無事に終了した初めてのツリークライミング。

セッティングの技術や指導の方法など、課題はたくさん見つかりましたが

もっと研究、練習をして、たくさんの人に体験してもらえればと思います!

もちろん大人にも!次の機会を楽しみにしていてください〜。