CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
お知らせいろいろ [2011年09月28日(Wed)]

なかなかブログを更新できないでおります・・・

天気や機械の調子で思うように稲刈りが進まず、

毎年毎年勝手の違う稲刈りの合間をぬって綿摘み、という感じです。

お知らせがいろいろございます。

まずは渡良瀬エコビレッジが参加するイベントについて!

*「Hand in Hand IWAFUNE
・10月2日(日)午前10時〜
・栃木県・岩舟町 いわふね観光農園

毎年、岩船山クリフステージでコンサートが開催され、そのイベントの一環として
日中は岩舟町近辺の農産物や特産品などを見られる催しをおこないます。
渡良瀬エコビレッジでは野菜・せんべいなどを出す予定です!
クリフステージ、ちなみに今年のメインアーティストはSPEEDです。


*「結い市
・10月22日(土)午前11時〜
・茨城県・結城市

昨年も参加させていただいた結い市。
以前から続いていた健田須賀神社(タケダスガジンジャ)でおこなわれていた
夜神楽祭にあわせて、昼もおもしろくて人々が交流できる場になるイベントを、
ということで市がはじまりました。ワークショップにコンサートに、素敵な雑貨やお菓子
美味しいフード、農産物があり、楽しめること間違いなしです!


そして、以前お知らせした「WATARASE orgabits EKIDEN」もまだ参加申込受付中です!


最後に、渡良瀬エコビレッジの収穫祭ですが

11月20日(日)開催予定です。

これまでとはまた違う、面白い収穫祭にできればと思っています。

詳細はお待ちください。

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:36 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
里山稲刈りイベント終了! [2011年09月21日(Wed)]
再び台風で、大変なことになっていますが

皆様お住まいの地域は大丈夫ですか?

うちも祖母の家が震災以来、屋根の修理がまだできないので

雨漏りしないかとても心配です・・・。

大変な年になりますね。



そんなときでも、イベントに来てくださる方がいて本当に幸せなことです。

先週末、18日(日)には里山の稲刈りイベントが無事に終了しました。

6月の田植えに参加してくださった方が多く、

自分で植えた稲は自分で刈りたい!と気合十分です。


稲刈り・・・・その前にまずは、

どんどんどんどん弾けている和綿を収穫しに行きました。

まだ花を咲かせて、青々と枝葉が生い茂るなか

見つけるのに苦戦しながらも、楽しく収穫してくれました。



茨城種と会津種を収穫。

ほんの30分くらいでしたが、なかなかの量が収穫できました。

これから最盛期なので、平日お時間がある方、ぜひ来てください!(笑)

スタッフだけでは追いつきません〜。

綿摘みの後は、隣の畑でサツマイモ掘り!

去年はひどい水不足でしたが、今年は出来が良いですね。

寒さが厳しくなるにつれて甘みが増すのですが、今からでも甘くて美味しい。



イモ掘りはこどもたちに任せた!と、こどもたちが一生懸命掘ります。

こどもには、どの方向に伸びて大きくなっているか見極めるのがなかなか難しく

引き抜く方向が違うと折れてしまったりするのですが、みんな上手でしたね!

立派なイモが土からあらわれる度に歓声が上がり、盛り上がりました。

どんな風にしておうちで召し上がっていただけたでしょう?

シンプルに蒸かすのが、わたしは大好きですね〜。



そして午前中はあっという間に終わり、お待ちかねの昼食タイム。



今回はかまどで蒸かしたお赤飯とお吸い物と茄子のひき肉あんかけ、

タマネギとイチヂクのサラダ、野菜の炊き合わせなどなど。

サラダはふと思いついてイチヂクを入れてみたそうですが

めずらしいサラダに皆さん喜んでくれました〜。

お赤飯は小豆ではなくささげを入れますが、

あまりピンとこない方もいらっしゃるようです。

生育も小豆とは全然違いますし、粒が小さく、皮が破れにくいので

お赤飯にはささげを使うのがうちでは主流です。





お昼を食べて、その後里山のある岩舟町小野寺に移動!

到着して、なんとか無事に大きくなっている米を見て

田植えに参加した方々は感慨深そうでした。

さて、稲刈りの服装とのこぎり鎌を持って、レクチャーを受けたら稲刈り開始です。

みんな同じ方向に刈っていきます。



どんどん後ろに刈り取った稲束が置かれていきます。

太陽の光を浴びて、きらきらきれいです。

太鼓の音が響き、かかしが見守る里山で稲刈り。

いい風景ですね・・・。

小さいこどもたちは、途中で離脱し、虫取りに夢中になったり、太鼓を叩いたり。

ゆっくりとした時間が流れていきます。

あ、でも稲刈りをやっているおとなとこどもの一部は汗をかきながら必死ですが(笑)

刈り取ったら、はぜかけをするために束をワラで縛っていきます。(まるく、といいます)

これをきちんとやらないと、かけたときに稲が抜けてしまったり

ほどけてしまったりして、面倒になるので重要な作業です。

一生懸命、まるいて、はぜかけする前に、ちょっと一服。

休憩中にかかしの人気投票もしました。(A○Bみたいですね)

一位は、栃木市の川島さん松原さん2人組が作ったかかしでした!

写真は、もし機会があれば、載せます・・・



そして、最後の力を振り絞ってはぜかけを!



かけ終わったら、稲束を持ちながら、ハイ、チーズ!

年々、イノシシやシカなどの食害が激しくなってきていますが

今年もなんとか、かんとか。。。収穫まで終わりました。

今度はエコビレッジ周辺の稲刈りです!

台風で稲がまた倒れちゃうんだろうな・・・うぅ。

はぜかけも持ちこたえてくれますよう・・・

収量が少ない里山のお米を予約してくれた参加者もいて、うれしいことです。

みなさん、本当におつかれさまでした!!

次は収穫祭です^^

9月開催イベントのお知らせ [2011年09月14日(Wed)]
里山・かかしの棚田で稲刈り


― 見明の里に映る景色 ―
 1株1株、稲を刈る大地の恵み

東日本大震災、原発事故、いつまでも続く余震と放射能汚染。
そして猛暑と集中豪雨。
こんな状態のなかでも、大地は秋を迎えます。
稲が頭を垂れ、黄金色に色づき、アキアカネが舞う風景は、
深いやすらぎのときをもたらしてくれます。
人間も大地のものであるという一歩を静かに歩みはじめましょう。
理事長 町田武士





【イベント開催概要】

■日時   2011年9月18日(日)午前10時〜午後4時予定

●内容   午前中は、和綿畑で今年初のコットン収穫体験!
        そして毎年好評のエコビレッジのさつま芋堀りをおこないます。
        昼食は、薪で火を焚いてかまどで蒸かした美味しいおこわと
        エコビレッジの野菜をたくさん使ったオーガニックなメニュー。
       午後は、里山・棚田のある見明に移動し、6月に田植えをおこなった
        田んぼの稲刈りをします。そして、田んぼに立っている
        かかしの人気投票も開催!お気に入りのかかしに投票してください。



■参加費  一般・サポート会員・・・3,000円 / 正会員・・・2,500円
       小学生以下・・・1,500円 / 未就学児童・・・500円


■持ち物  飲み水、タオル、帽子、長袖の服、着替え、汚れてもいい運動靴、雨具

※注意事項※  
小雨決行です。参加費には保険料も含まれます。乳児は参加費不要です。
未就学児童でも食事が不要な場合は事前にお知らせください。
稲刈り用鎌はお貸しします。参加ができなくなったときはできるだけ前日までに連絡をください。
メールであれば随時チェックしています。



■申込期限  9月14日(水)まで

注意事項をよくお読みになった上で、参加者氏名、参加人数、
代表者連絡先(当日連絡がとれるもの)、交通手段、お子様がいる場合は年齢を明記
の上、
事務局までメールまたはFAXでお申し込みください。
受付完了しましたら、事務局より必ず返信を致します。

■申込先
E-mail watarase-ecovillage@bz03.plala.or.jp
FAX   0282-62-2677

 
エプロンをつけて・・・ [2011年09月06日(Tue)]

5日(月)、天気があまり良くなかったのですが

合間を見て、今年初のカンガルーエプロンをつけて綿の収穫をおこないました!

久しぶりの感覚です〜。

日当たりが良い場所はちょこちょこと弾けているので

ずっと腰をかがめながら、探していきました。

はっけ〜ん!



するするっと収穫できるふわふわの綿は何度味わっても気持ちいい〜!

本当に地面すれすれのコットンボールが弾けているので

しかも、下向きなので、見つけづらい・・・

あ、上の写真の右側にある大きい草は雑草です・・・笑。

雨が多いせいか、カビているよう、未熟なのもあります。

カラッと秋晴れの天気が続いてくれると、一気に弾けそうです。

重たそうに膨らんだコットンボールをたくさんつけている綿がいっぱいです。

大きさも随分個体差があって、とっても大きい花を咲かせているものもありました。



手のひらいっぱいの花。どんな綿になるのでしょう。。

小一時間ほど収穫して、エプロンのなかも少し重たくなりました。



最盛期前の時期のせいかもしれませんが少し小ぶりかもしれません。

天気の影響も大きいですね。

でも、ゴミもほとんどつかず、きれいです。



これを天日干しすると、白さが増し、水分が飛んで綿繰しやすくなるのです。

イバラキ、会津、紫蘇、弓ヶ浜(茶綿)…

これらがどんどん弾けだすと思うと…

ヒーーーーーーーーー!(※うれしい悲鳴です

がんばって収穫しましょう。

そして、今ある綿をがんばって綿繰りしましょう。はい。

9月18日のイベントでは、皆さんにも摘んでもらいますよ〜!



桃吹く! [2011年09月02日(Fri)]

暑さも落ち着いてきて、雨も多い今日この頃。

まだか、まだかと思いながら畑に通っておりました。

そして8月31日、とうとう「桃吹き」ました!

桃吹くって何?

これですよ。これ。



そうです綿が弾けたのです!

コットンボールのときが桃のかたちに似ていることから

昔から桃が吹くとう表現をしていたんです。

鉢植えの茶綿もほら!



綿にはちょっと暑さと日照りが足りない天候ばかりでしたが

なんとかはじけてくれました・・・


がんばれあと少し・・・!

9月18日のイベントでも今年初の綿摘みをやります♪



また台風が来てしまって、晴天が少ないのが気になります。

秋晴れが多い秋になってくれるといいな・・・。

ちなみに去年の様子はどうだったのか、調べてみると

最初に吹いたのを確認したのが8月25日。

最初にエプロンをつけて収穫したのが8月30日。

もうこの時期にはなかなかたくさんはじけていたようです。

去年の様子のブログ、よかったら改めて見てみてください。

東北の沿岸で塩害にあった農地に綿を育てるプロジェクトがいくつかあるようですが

ここ渡良瀬より気温が低く、雨も多かった様子の東北ではちゃんと桃が吹くのでしょうか。

気になりますね。


オマケの一枚。「和綿畑のなぞ」。


む、むし・・・?