CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年12月 | Main | 2011年02月»
豆餅再び・・・ [2011年01月28日(Fri)]
今朝、豆餅をつきました。

今季は2回目かな・・・?

里山のもち米の割合を多くして、自家製の青大豆と塩をいれて

薪のかまどで蒸かしました。



かまどから上げて、フタをとった瞬間から

ほわ〜んととっても良い香り。たまりませんね。

ほんのり塩の効いた香りで、そのまま食べても美味しいでしょう。

白いもち米なので、すぐにつけます。

大豆もしっかり柔らかくなり、形が残るようについていきます。



餅つきのときばかりは、寒さがまったく気にならなくなります。

里山のもち米が多いため、粘りがすごい!

エコビレッジ付近の田んぼで作ったお米より、粘り気が多いのです。

つきあがったら、成型して一日置いて固まるのを待つ、と。

日曜日のエコツアーで販売しようと思います♪

参加される方、ぜひこの味を体験してみてください!

☆オマケの一枚



干し芋の切り落とした部分を食べに来た鳥ちゃんを激写。

ヒヨドリかな?
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 16:25 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今年も大寒のころには… [2011年01月24日(Mon)]
毎年、春にはイベントでも恒例になっている

ヨモギ餅や柏餅作り。

そこで欠かせないのが、寒ざらし粉。

味、そして食感がとてもなめらかで全然違うのです。

寒ざらし粉、その名の通り

寒にさらして作るのですが

もち米を洗って、夜中外に置いて凍らせます。


ここ最近は氷点下になっているので、

翌朝見てみると、カッチカチ。



この形のまま凍ってます。斜めにしても微動だにせず。



ちょっとわかりづらいですか。



凍ってます。

乾燥させて、凍らせて、それから粉に挽きます。

氷点下になる日、2晩くらいでも出来上がるようです。

草餅も柏餅も本当に美味しいんだよなぁ…

今年も春が待ち遠しいです。

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:46 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
座布団作りワークショップ [2011年01月22日(Sat)]

定員となりましたので、締切ました!
定員5名、お申し込みはお早めに…
座布団作りワークショップ開催!





11月の収穫祭から、エコビレッジ主催イベントとしては間が空いていましたが

前々からやってみたいと考えていた、座布団作りワークショップが開催決定しました!

今回、色々と和綿のことに関して相談させていただいたり、お世話になっている

茨城県・つくばみらい市にある「ふとんのマスダ」の増田敦司さんに

座布団作りを教えていただけることになりました。

中綿は、贅沢にも渡良瀬エコビレッジで収穫した和綿を使います。
(一部、インド綿も併用)

中綿は和綿、外の布は好みの布をお選びいただき

一緒に自分だけの座布団を作りましょう!

内容の都合上、参加者5名までとなりますのでご了承ください。


春 立ち上がる

お正月が過ぎ、大寒。旧正月元旦、2月3日は節分。翌日は立春。
一番寒いこの季節の中にも、フキノトウ、水仙などの芽吹きに
日本人は、光の春、いのちのはじまりを感じていました。
この寒にしか出来ないことがあります。
寒ざらし粉作り(草餅、柏餅用など)、干し芋作り、
また、稲の天日干し用の竿の真竹切り、木の葉さらい。
体に気合いを入れて、寒風に向かいます。
今回の布団作りも、ときを感じられる一日になると思います。
薪ストーブと囲炉裏のまわりで、プロの指導のもと綿と格闘しましょう!

町田武士


<ワークショップ内容詳細>

■日時 2011年2月13日(日) 午前10時〜午後4時頃まで
※開始時刻前に集合してください

■参加費用 会員5,000円/サポート会員・一般5,500円
※材料費・座布団代・昼食代すべて込みです
座布団・ワークショップで使用する針はお持ち帰りいただけます。

■定員 5名
■持ち物・服装 裁縫用糸きりバサミ、動きやすい服装
※綿繊維のつきにくい素材の服とパンツスタイルでご参加ください

■申込期間 2月7日(月)まで受付

■申込・問い合わせ先
参加者氏名・当日連絡のとれる電話番号・参加方法(車or電車)をお知らせください。
E-mail:watarase-ecovillage@bz03.plala.or.jp
TEL/FAX:0282(62)2677


■講師紹介
増田敦司さん
日本で唯一ふとん職人を育成する「東京蒲団技術学院」ご出身の寝具技士。
茨城県・つくばみらい市で、中綿の製造から生地の裁断、縫製
手作業でふとんの仕立てまでおこなう「ふとんのマスダ」を営んでいる。
天ぷら油バスでいく!エコツアー2011年 [2011年01月21日(Fri)]



受付締切、満員となりました!

冬の湿原、渡良瀬遊水地とコットンにまつわる一日
               そして玄米餅を味わうツアー!





11月の和綿収穫ツアーも大好評で終わり、

年度最後のグリーンツアーを1月30日に開催致します。

関東を囲む雄大な山々を望み、たくさんの野鳥が生きる

本州以南最大の湿地、冬の渡良瀬遊水地をめぐります。

そして、収穫が終わって一息ついた和綿、コットンにも

より一層深く触れて、感じてもらいたい、という想いをこめて

日本の綿の歴史、栽培について、そして世界のコットン事情など

写真や実物を見ながら、お話します。

身近なようで、全然知らないコットン。

生き物として触れたとき、不思議な魅力を持つコットン。

毎回好評のお昼ご飯は、エコツアーでもめったに食べられない玄米餅!

天日干しのもち米とかまどで蒸かし、石臼で丁寧につく。

味・食感ともに白い餅とは全然違う、美味!

ぜひ、皆さんお申し込みください!


■日程 2011年1月30日(日)
http://reborn-japan.com/domestic/4162

■費用 大人7,000円 子供5,500円(小学生以下)
※往復天ぷらバス代、昼食代、プログラム費込み
※キャンセル料は1月20日(木)から発生します。

※このツアーは広域連携共生・対流等推進交付金
(都道府県を超えた都市と農村の交流を活性化させる先導的な取組)により
農林水産省から助成を受けています。

■締切 2011年1月23日(日)
※定員になり次第、締切ます。

■スケジュール
07:45 新宿駅西口集合
08:00 天ぷらバス 新宿出発
10:30頃 渡良瀬遊水池で野鳥見学
11:30頃 玄米餅つきとお昼ごはん
13:30頃 綿くり体験、オーガニックコットンセミナー
15:30頃 渡良瀬エコビレッジ出発
18:30頃 新宿西口到着 解散

※雨天決行です。天候や交通状況により、行程が変更する場合もあります。
ご了承ください。

■お問い合わせ・申込先
有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-2-1 ビューシティ新宿御苑1203
[TEL] 03-5363-9216 [FAX] 03-5363-9218 
[e-mail] eco-tourism@reborn-japan.com

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 14:32 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
次回のイベント [2011年01月17日(Mon)]

ブログTOPで予告しています座布団作りワークショップですが

内容や時間の関係で定員がとても少ないのです。

ですから、一足先に会員の皆さまにお知らせして

その時点で定員になってしまった場合はブログで募集することができなくなります。

どうぞご了承くださいませ!

2011年も、イベント開催していきますのでお楽しみに。

こういったイベントの場合、優先的に案内・申込ができる

そしてわくわくクラブ正会員・サポート会員になっていただける方を

引き続き募集しております。

詳しくはメニューの「ご支援のお願い」をご覧ください。

イベントに関わらず、

里山や循環型農業・暮らしの普及などにご賛同頂ける方も入会お待ちしております。
冬のひと仕事その2 [2011年01月15日(Sat)]


昨日、女性陣が干し芋作りをしている間

理事長と研修生M氏の男性陣は近所の竹林に行っていました。

なんのために…かというと

竹を切っていただいて来るため。

高齢化で自分で持っている竹林も手入れできないご近所の方に許可を得て

きれいにしつつ、竹を切りだしてきました。



程良い太さと長さ、立派な竹です。



青くてつやつやきれい。

これを何に使うかというと、ハゼかけや支柱にするのです。

丈夫で長持ちする大事な大事な資源。

この時期に切るのもある理由が。

冬の間に切らないと、虫がついて竹がダメになってしまうそう。

だから、冬の間に切っておくんですね。

うーんナルホド。
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 10:30 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
冬のひと仕事 [2011年01月14日(Fri)]
今日は、今季初の干し芋作りをしました。

去年収穫して、とっても出来が良かった玉豊。

きっと今年は特に美味しいのが食べられるはず…と期待をして準備です。

これをきれいに洗って、釜にいれて(焦げつかないようにある工夫をして)



おいもさんぎっしり。

かまどで蒸かすこと約1時間半…

普通のベニアズマとも違う、い〜い香りが立ち込めてきます。

蒸かし上がったら、冷めないうちに皮をするっとむきます。



皮をむいても白いでしょ?

なんだか大きなじゃがいものようですが、

ちょっとつまんでみると素朴な甘みと香り。

これを包丁で切りやすくするため、少し冷まします。



包丁で輪切り、ではなく縦にスライス。

1cmちょっとの厚みくらいが良いですかね。

あんまり分厚いとなかなか干し上がらないですから適度に。

そして、ざるに並べていきます。

あれ・・・心なしか、周りに鳥が集まって来ているような・・・

さえずりがうるさくなってきたような・・・

今年も防鳥ネット張らないとダメかしら。



これを3日間くらい干してから、一旦しまい(冷暗な場所に)

4〜5日経ってから、また表面が乾く程度に乾かします。

これでまた冷暗な場所にしまって粉が吹きはじめたら出来上がり!

定番のベニアズマなどでも干し芋はできますが

作ってみたらカチカチでとても硬かった・・・なんてことありませんか?

玉豊は水分が豊富で、乾燥してからグッと甘みが強くなるので

干し芋に向いているんですよね。

また、一気に干してしまわないのも程良い柔らかさをキープするコツ。

干し上がる前に、レア・半生な状態をつまむのもヨシ!

ただし、完成前に無くなってしまわないようにお気をつけあれ。。。

今年はあと2回くらい、干し芋作りしようかな!
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 14:58 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ふわふわふわ・・・ [2011年01月12日(Wed)]

いよいよオーガビッツ、そしてポータークラシックとの

和綿の製品化プロジェクトも動き出しました。

紡糸に向けて、和綿を紡績屋さんに発送!

が…、これがなかなか大変。

よく写真なんかで見る海外がら輸入されてきた原綿をみると

カチカチに圧縮されて、もう綿とは思えないくらいの梱包がされていますが

エコビレッジにそんな施設・技術もあるわけがなく…。

ひたすら、出来る限り圧縮圧縮!してなんとか40kgを梱包。

40sの原綿もなかなか想像がつかないかもしれませんね。

原綿そのままの状態で45Lの袋いっぱいにして、1kg〜1.5kgくらいですか。

しかし、スペースができたので

これで心おきなく、今年度収穫した綿の綿くりができますね(゜-゜)

が、が、が、がんばります。

そのまえに!2月13日に座布団作りワークショップの開催が決まり

せっかくなら和綿を使いたい!と思い採算度外視で

少人数、出来る限り低価格で、ふとん屋さんの職人を呼んで開催します。

そのために使う和綿をまずは綿くりしなければなりません。

素敵な、自分だけの座布団を作ってもらえるように

気持ちを込めて綿くりしましょう。

ワークショップ詳細はもう少々お待ちを〜!

今年もさらいます [2011年01月10日(Mon)]

今年もさらいます。

何を?



この場所でおこなうこと、と言ったらアレでしょう。



これこれ。

そうです木の葉です。

今年も近くの雑木林で、土づくりや温床に使う木の葉を

2日かけてさらってきました。

小さく生え始めていた木を刈って、きれいにしてから

おお〜きなカゴに入れて、踏んで、入れて、踏んで…を繰り返し

枝や常緑の葉っぱが入らないようにしながら

ひたすらかき集めていきます。



なんとこんな量に!

積み上げていくのもなかなか大変でしたが

昨年より少し多くさらえました。

昨年は2月、雪も降り始めたようなとてつもなく寒い日でしたが

今年は全然寒くなかったですね〜。むしろ暑くなってくるくらい。


エコビレッジ周辺の地形は

農地が広々〜とある、という感じでなく

起伏があって雑木林が点在しているような土地。



わたしが子供のころから比べると

雑木林も少なくなってきているような気がしますが

子供のころはわくわくすることがたくさんの遊び場でした。

大人になっても、こうしてお世話になってます。
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 13:23 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2011年となりました [2011年01月07日(Fri)]


新年明けましておめでとうございます





渡良瀬エコビレッジのブログをご覧の皆さま、

明けましておめでとうございます。

挨拶が少し遅くなってしまいましたが、

今年も精一杯活動してまいりますので、

皆さまのご支援とご参加を心よりお待ちしております。



2011年最初のイベントは、天ぷら油バスツアーです。

内容は、冬の美しい渡良瀬遊水地や玄米餅つき

そして、和綿やオーガニックコットンにまつわるワークショップセミナーです。



今年も、渡良瀬エコビレッジという場所ならではの

活動に取り組んでいきたいと思います。

何卒、宜しくお願い致します。
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:47 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)