CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年11月 | Main | 2011年01月»
今年一年も… [2010年12月29日(Wed)]

今年もありがとうございました



あと残すところ、2日ですね。

全然実感がありません(笑)問題ですね。。。

今年も色々なことがありましたが

和綿に関して、まずオーガビッツさんとポータークラシックさんと

一緒に製品にするプロジェクトが決まったことが、とても嬉しい出来事でした。

雑誌やウェブサイトMYLOHASさんなどでも

来年もいろいろなところで、

渡良瀬エコビレッジで生まれた綿が見られるようになるはずです。

里山の方も、地元岩舟町の協力もあり

ツリーハウスコンサートも実現し、

来年はますます町内の方に訪れてもらえるような場所になればと思います。



イベントや農業・農産物の販売、そして和綿に里山…と

改めて考えるとすごい仕事量になりますが

少ない常駐スタッフといつも手伝ってくれるボランティアスタッフ、

そして理解をもって協力してくださるたくさんの方々がいるからこそ、

何とか乗り越えられてきました。

あれもこれも、とやりたいことがたくさんで

うまくバランスを取り、整理するのが大変ですが

来年は、さらに輪を広げて、たくさんの方に関わっていただき

一緒に活動をしていきたいと思います。



今年は大変お世話になりました。

また来年も、益々頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します!

皆さま、どうぞ良いお年を…

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 13:17 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ツリーハウスコンサート最高! [2010年12月25日(Sat)]

12月23日、ツリーハウスコンサートが無事終わりました!

一番心配していた雨も、まったく気配なく晴天!

が。。。風がとんでもなく強い朝の渡良瀬エコビレッジ。

しかし、ツリーハウスのある場所に行ってみると

時折風が吹き込むものの、問題なし。

予定通り開催できることに、まず一安心しました。

リハで一足先に演奏を聴いて、あまりの雰囲気の良さに

本番が待ちきれなくなりました。



13時半に開場し、順調にお客さんも来てくださって

30名ちょっと、集まってきてくださいました。

小野寺北小学校に椅子30脚借りておいて良かった〜。

14時過ぎに開演、まずは理事長の話から。



ツリーハウスのある岩舟町内から来てくださった方も数名いましたが

この里山を含めた小野寺という地の歴史、

里山の自然や現在の獣害、円仁様の話など

少しずつですが、

この土地に暮らす者にとって忘れてはいけない話をできたかな、と思います。

この後、渡良瀬エコビレッジのオリジナル曲「溢れる大地のなかで」を
(タイトルつきました)

バンド・イリテナとして演奏しました。

収穫祭のときは緊張したのですが、今回は全然ダイジョウブでした。

この場所のエネルギーを受けて不思議な気分でした。



次に、埼玉から来てくれた「ふうじんざ」の出番。

アコーディオンとギターのユニットです。

アイリッシュ音楽のスタンダードナンバーを披露してくれました。

なんとバッハと同時代を生きた作曲家の曲。



写真…わかりづらい…

アイリッシュの奥深い歴史に、ちょっぴり触れたような気がします。

アコーディオンの軽やかなメロディとギターの繊細で渋い音がとても素敵。

東京や埼玉など都心で演奏活動しているのでもしお近くに来ることがあったらぜひ!



最後はいよいよ、「Pig on the Tree」の登場!

CDやYoutube、myspaceで聴いて本当に楽しみにしていました。

フィドル・ギター・ドラムのバンドです。



フィドルの音が鳴り始めた途端、一気に引き込まれました。

もう30年以上も活動しているバンドで、安定感とテクニックもすごいのですが

何より、本当にカッコいいです。

上を見上げれば、ひっそりと佇むツリーハウス

後ろを振り向けば、池に陽の光がきらきらと輝き、

本当に何とも譬えようのない空間。

寒さも忘れるようなひとときでした。

今日はクリスマス、ということで

この日演奏してくれたボブ・ディランのForever YOUNGをプレゼント!

この音を聴けば、ほかに説明はいらないでしょう!
(デジカメで撮影したのでブツ切りですみません…)




イリテナ、ふうじんざ、Pig on the Tree

そしてスタッフ、見に来てくださった方々本当にありがとうございました!
いよいよ明日 [2010年12月22日(Wed)]

いよいよ明日に迫ってきました。

ずっとやりたいと思っていた「ツリーハウスコンサート」です。

アイリッシュ音楽の軽快で華やかな、それでいて哀愁漂う音楽を

ツリーハウスの下、聴く事ができるなんてとてもとても楽しみ。

生で聴いたことがないので本当に心待ちにしていました。

天気も今日の午後から回復して、気温も少し上がるようですし

コンサート日和になるはずです。

エコビレッジのお野菜・お米も少し販売する予定。

まだ迷っている方、当日も受付ますので

このロケーションでのコンサート、見逃す、聴き逃すのはもったいないですよ!

今年最後のTCV [2010年12月21日(Tue)]
12月19日、今年最後のTokyo Cotton Villageのワークショップをおこないました。

都内での糸紡ぎワークショップから始まり

エコビレッジでのワークショップを5月から開始、

それから毎月、半日のワークショップをおこなってきました。

今回は打ち上げも兼ねて、午後まで過ごすワークショップでした。

年末の忙しい時期ですが、ずっと参加してくれていた方や

草取りだけして、収穫をまだ体験できていなかった方、そして初めての方も居ました。



天気がとっても良く、日差しは暖かいのですが

やはり冬本番、午前中は朝の冷え込みが残っています。

なので炭をいれた囲炉裏を囲んでちょっと一息。

急遽来られなくなった方も数名いて残念でしたが

今年最後の綿摘みイベント!ということで畑に向かいました。



思えばTCVでは確か9月のワークショップから綿摘みをしたので

その時以来、来ていない方はあまりの様子の変わりようにビックリ!

摘むときの動きも9月と今の時期では全然違います。

枯れ枝が結構…刺さる(笑)

素手でないと収穫はできないので気をつけなければいけません。

この枝にカエルやスズメが刺さるのも納得。
(といっても、そんな危険地帯ではございませんよ〜)

約1時間収穫をして、この時期にしては結構な量が収穫できました。



エプロンに綿がたまっていくときも嬉しいのですが

このカゴに出す瞬間も楽しいもの。

「すごい量とったね〜」「え〜なんか少ないよ〜」

なんて言いながら、盛り上がります。

綿の収穫の後は野菜の収穫も。

今回は白菜とキャベツ。

油断して持つとよろけてしまうくらいどっしりと重い白菜と

柔らかくて芯までおいしいキャベツを収穫してもらいました。

みなさん鍋にしたかしら…

収穫作業が終わってからは、薪割り!



スギとヒノキを割ってもらいました。

節を見ながら、どこにオノを落とすか…なかなか奥深い仕事です。

端っこの方だけパキッと割れてしまうと不完全燃焼なんですが

スコーン!と綺麗に割れると爽快爽快!

女性陣、特にずっとハマってました。やはり女性なんだな。

自分でやるのも少しだけなら楽しいですが(笑)

人のを見ているのもかなり楽しいです。

その後は工房にて、綿くり体験。

もう何回もワークショップに参加していても

ずっと綿の畑作業だったので、意外にも初体験の方がほとんど。



まるで製糸工場の女工さんのような光景ですね。

黙々とハンドルをまわす、まわす。

黙々と、といっても綿繰機は木製なので軋みで音が鳴りまくってますが。

何となく感じたのが、ほとんどの方が綿くりが初めてでも

綿に慣れ親しんでいるせいか、

綿くりもコツをつかんで上達するのが早い気がしました。

都内の糸紡ぎワークショプで糸紡ぎを学んで

自主練で糸紡ぎがかなり上達した男性もおります。

あ〜わたしも負けていられない…。


すべて外作業が終わって

お待ちかねのお昼ご飯!打ち上げ仕様。

ご飯はちらし寿司風、八ツ頭の煮物、ホウレンソウの胡麻和え

白菜漬け、烏賊の囲炉裏焼き、けんちん風お味噌汁など。

烏賊以外はぜ〜んぶうちの食材です。

八ツ頭は初めて食べる方も多く、里芋とも違う

味と食感に「おいしい〜!」と喜んでくれました。

お酒も少し飲んで、いろんなお話ができて

他のイベントとも違う雰囲気で、私自身もとっても楽しいワークショップでした。

みなさんいかがでしたか?

来年も素敵なことを展開していけると良いですね!
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 14:45 | Tokyo Cotton Village | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
12月23日ツリーハウスコンサート開催 [2010年12月19日(Sun)]
      

E-mail・FAXにて受付中!  
12月23日(木・祝)
ツリーハウスコンサート開催!




クリスマス近づく、12月23日。

里山のなかにひっそりとたたずむツリーハウスの下で

ちょっと特別なコンサートをおこないます。

渡良瀬エコビレッジ町田武士の里山のお話や

近隣で活躍するバンド「Pig on the Tree」の演奏を通じて

里山を身近に、大切な場所だと感じていただけると嬉しいです。

もちろん当日は、ツリーハウスで遊ぶこともできます。

大人も子供も楽しめる、最高の空間でのコンサート。

皆さん、ぜひ遊びに来てください!申込は先着順です。



■開催日: 12月23日(木・祝日)

■時間: 午後1:30開場 午後2:00開演

※指定の駐車場が2か所ございます。
場所によっては少し会場と離れているため当日は余裕を持ってお越しください。


■入場料: 前売り1,200円 当日1,500円
 小学生以下入場無料!会員は1,000円となります

■出演:イリテナ、ふうじんざ、Pig on the Tree 

■お申し込み・お問い合わせ
NPO法人渡良瀬エコビレッジ
Mail✉ watarase-ecovillage@bz03.plala.or.jp
Fax☎  0282-62-2677

お申し込みの際は、
氏名・申込人数(大人・子供)・代表者連絡先を必ずお知らせください。


■コンサートフライヤー:こちらからダウンロードして、ぜひ配布してください!


■場所: 栃木県岩舟町 小野寺北小学校近く


※詳細は申込時にお知らせします。
雨天時は、渡良瀬エコビレッジに場所が変更となる予定です。
あらかじめご了承ください。



大きな地図で見る




― Pig on the Treeプロフィール ―



ギター・バイオリン・ドラムのバンド編成。
国内外のフォークソング、ロック、トラディショナル等に親しみ
高校時代に演奏活動をスタートする。
1998年、現在のトリオとなる。
オリジナル曲やアイリッシュトラッドを独自のアレンジで演奏し
ロックを感じさせる軽快でノリの良いパフォーマンスに定評がある。
群馬や栃木を中心にライブ活動を展開。

○HPブログ・・・http://blog.pig-on-the-tree.ciao.jp/
○音源視聴は・・・http://www.myspace.com/pigonthetree
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 15:21 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
年末大売り出し [2010年12月15日(Wed)]

16日・17日は佐野市の「セーフティーショップまなべ」さんで

エコビレッジの野菜やお米を店頭直売してきました。



そこですぐに完売してしまったのが豆餅。

あんまり馴染みがないかもしれませんが

うちでは玄米餅、豆餅が定番。

手間はかかりますけど、白いお餅より飽きないんですよね。

新米のもち米に自家製の青大豆、塩少々入れて。



大豆が半殺し、完全につぶれない程度にしてつき

そのあと成型して(方法は秘密(笑))

一日置いて固まってから食べやすい薄さに切ります。

中はまだ柔らかいので、トースターやフライパンで少し炙るだけで

そのまま、ほんのり塩味、大豆の香ばしさが味わえます。

また今後作る予定は今のところナシ…

16日は午前中、本当にチラっとですが雪が降って

も〜うとにかく寒かった…

そのおかげか、鍋ものに使える白菜や大根が人気でした。

タマネギも今は値段が高くなってきているので買っていかれる方も多かったですね。

直売はなかなかできないのですが

こうして食べていただく方と直接色々と話をできるのは本当に勉強になります。

もう少し、こういう機会を増やせるといいな。

ご来店いただいた皆様、どうもありがとうございました!
ヨシ刈りデー [2010年12月14日(Tue)]

先週の12日日曜日、渡良瀬遊水地でおこなう

ヨシ刈りデーに参加してきました。

主催は、エコビレッジと一緒にヨシ腐茎土作りをしている

わたらせ未来基金の皆さま。

谷中村史跡ゾーンに集まって
(この地に元々あった村で住民は政府に強制退去させられた)

9時半から開始となりました。参加者は…30〜40人くらいでしょうか。

みなさんボランティア。



去年はつる草がヨシにたくさん絡んでいて、すっごく刈りづらかったんですよね。

今年はほとんどつる草はなくて、比較的刈りやすかったです。

ただ、あんまり密集して生えていないので

広範囲を刈らないと量が刈れない。

しかし、つる草と悪戦苦闘するよりはだいぶ楽です。

刈払機、バインダーなども稼働させてどんどん刈っていきます。



刈ったヨシはある秘密の装置(笑)に置いて

ある程度の太さになったら束を作って紐で縛ります。

そして穂先はきれいにカット。





国土交通省に許可を取らないとヨシ刈りはできません。

そして刈り取ったヨシの量も申請しないといけないので

きちんと並べて数を数えます。

今年は100束!刈り取りました〜。



そしてヨシを運び出し、トラックでエコビレッジの農地へ…

来年の腐茎土作り開始まで、うちで保管しておきます。

お疲れさまでした〜!!!!

ヨシの腐茎土、ヨシ紙、作り手が少なくなったヨシズ…

渡良瀬遊水地のヨシも野焼きされるだけでなく、

いろいろな形でこの資源が少しずつ、活用されていくと良いです。


Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 10:43 | 渡良瀬流域一貫情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今週末へヨシ刈りへ! [2010年12月10日(Fri)]
今週の12日(日)は

わたらせ未来基金の皆様がおこなう渡良瀬遊水地でのヨシ刈りデー

そこで刈り取ったヨシで、一緒にヨシの腐茎土作りをしています。

私たちも参加してきます!

地元の農業高校の生徒や小学生たちも参加したり。

背丈3m近い堅いヨシを手刈りしていくのは結構ハードな作業ですが

去年、知り合いの80歳後半のおじいちゃまは、誰よりも軽やかに作業していました。

ムダな力を使わず、ムダな動きはせず。

今年も彼を手本に、た〜っくさんのヨシを刈ってきます!

がんばります!

(去年の様子)
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 09:22 | 渡良瀬流域一貫情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NHKBS-1「journeys in Japan」放送 [2010年12月08日(Wed)]

以前、放送日を間違えてお伝えした上に

昨晩連絡があり、本放送の告知も遅くなりました・・・
(というかもう終わってしまった)

海外向けに放送している

NHK WORLDの番組「journeys in Japan」に

渡良瀬エコビレッジが取材を受け、出演しています!

本放送は本日の16時からでございました…

しかし!再放送がございます。

ので、見られる方や録画できる方、ぜひぜひチェックしてみてください!

NHK BS-1 「journeys in Japan」
再放送日時: 12月12日(日)11時10分〜11時40分

※ニュースなどで延長・中止になる場合があります

外国人レポーター(今回はフランス人のアデイトさん)が栃木県南を旅する番組です。

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 17:53 | メディア情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
もう12月、だよね・・ [2010年12月07日(Tue)]
ひゃ〜

綿がすごい弾けてしまって、収穫が追いつかないです。

もう12月、だよね?

最盛期は過ぎるはずじゃ・・・と思ったら

先日の超温暖な天気とこの土地特有の空っ風が吹き荒れて乾燥し

綿が一斉に弾けています。

昨日は家族総出で綿摘み。3世代綿摘みでした。

私はまず、ちょっと久しぶりに茶綿を収穫。

今年は茶綿をあんまりブログに載せてませんでしたねぇ・・・



茶色なので、少々わかりづらいですが、たくさん弾けてますでしょう・・・

でもこれが結構厄介で・・・

近くで見るとほぼ8割方こんな状態。



茶綿はこまめに収穫しないとすぐこうなっちゃうんですよね。

葉っぱや枝にたくさんくっついてしまって時間がとってもかかるみたい。

でも収穫できなかった自分のせいなのでひたすら黙々と収穫する。

「お〜!?っとぉ〜・・・」



今年もありました、カマキリの卵トラップ。

なぜか茶綿の方ばっかりに卵を産みつけているような気がするんですけど・・・

カマキリも茶綿と卵、似てるからそうしているのかなぁ。

だとしたら、かなり頭良いなぁ。

2時間ほどひたすら茶綿を収穫し

その後1時間くらい、白綿を収穫。

私以外はず〜っと白綿を収穫していました。

そしてこの日収穫した白綿は全部でこんな感じ。



わかんないですね。

たぶん・・・重さでいうと8kgくらいは収穫したんじゃないでしょうか。

でもまだまだ畑にはこの倍以上ある、と思います・・・

今日も行ってきます!
| 次へ