CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年10月 | Main | 2010年12月»
まだまだ・・・? [2010年11月30日(Tue)]


昨日は今年は初のTokyo Cotton Village平日ワークショップでした。

平日にも関わらず、8名の方が参加。(キャンセルもありましたが)

日曜日だけでは参加できないお仕事の方も居るので

今回は1年ぶりに再会した方も。

また来ていただけて嬉しいですね。



もう明日で12月、ワタも猛暑の影響で

最盛期がかなり前倒しになったので

「そろそろ弾ける量も少なくなってくるかな・・・」と。

畑に行ってみると白く輝くワタがたくさん!!!!!

えー!

まだまだ収穫に追われそうです。

でも豊作はやはり嬉しいですね♪

今年収穫したワタたちに事務所兼工房のこの場所が

どんどん侵食されています・・・

火の用心!

綿くりもがんばらないとな〜。
2010年収穫祭 後半 [2010年11月22日(Mon)]

2010年 収穫祭 後半



つきあがった餅をこねとりの器に取り上げて

自家製の餡子や海苔醤油、きなこにからませていきます。



小学生1年生の男の子(たけさん)が海苔巻きときなこをまぶすのを手伝ってくれました。

前回来てくれたときも感じましたが、かなり手先が器用!

そして熱中するタイプ!本当に仕事が丁寧で(笑)、助かりました〜。

どうもありがとう!

そして、テーブルにはけんちん汁や3種類のお餅やおかずが並び

いっただきま〜す!



いや〜今年の餡子、いつもよりツヤツヤして本当においしかった。

母いわく、練りが違うそう。作るときによく練るとすごくツヤがでるようです。

海苔醤油も香りだけでご飯食べられそうです(笑)

餅付きの間、おあずけ状態だったので黙々と食べました。


そして一息ついたところで

クイズの正解発表〜!一番近かった人には新米2kgプレゼント!

正解は6.91kgで最も近かったのは神奈川から来てくれた I さん!

さすが〜!

これで、終わり、ではないんです。

一番遠かった人には、白いサツマイモ、玉豊をプレゼント!

しかし、これは自分で干し芋を作らないといけないというプレゼント!

レシピとともに千葉から来てくれた H さんにプレゼントしました。

結構難しかったようですね〜。



午後は綿くりをおこないました。

初体験の方、お子さんを中心に工房で綿くり。



ご自分で新規就農とともにわた作りを始めた方もいて

電動綿繰機に感動していました。

ある程度の量があると、手動はかなり時間がかかりますものねぇ・・・

今年はわたが豊作だったので、この工房に積まれているわたを

必死に今年の冬やらなくては・・・とちょっと気が遠くなったりならなかったり(笑)



その綿くり体験の間に

コンサートのセッティングを終えて、お待たせしました、いよいよ開演!

なんと、理事長作詞、イリテナ(君嶋一浩)作曲の歌をわたしが歌うことに!

そしてトップバッター・・・緊張しつつも、失敗することなく披露することができました。

客席も温かい目で見てくれたので思ったよりもアガらずに済みました・・・



曲がとてもキャッチーで良い曲なので素敵に仕上がりました。

評判も上々。また披露する機会は来るのか!?


そして去年も演奏していただいた、マツジロウさんやヒロさんに

カヴァーやオリジナル曲をギターで弾き語りしてもらいました。

はっぴいえんどの「風をあつめて」、私大好きな曲です。

そしてヒロさんのオリジナル曲「グレイハウンズバスに乗って」も去年に続いて

ノリノリの楽しい曲で体が動いてしまいます。

本当にありがとうございました。

そして最後は「イリテナ」。

フルート・ウッドベース・太鼓の演奏、

そして春夏秋をテーマにした曲の間に朗読を入れてのパフォーマンスでした。



春には生命の息吹を感じるような瑞々しい音

夏には生きものたちの勢いと暑さを感じるようなレゲエのテンポ

秋には収穫に感謝する華やかな音の後、「家路」のメロディでしっとりと・・・

手前味噌ですが、とても素敵な

渡良瀬エコビレッジらしいコンサートになったのではないかと思います。

みなさんいかがでしたか!?


来年も、この収穫祭が迎えられるように

がんばって活動していきたいと、改めて感じました。

そして今年も皆さんのご支援に本当に感謝です。

これからも、宜しくお願いします!

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 16:04 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
2010年の収穫祭が終わりました [2010年11月22日(Mon)]

2010年 収穫祭が今年も無事終了!





春、夏、秋になり収穫の時期を迎え

実りと自然の恵みに感謝する渡良瀬エコビレッジの収穫祭が

今年も無事に終わりました。その様子をお伝えします!



今年は参加者、スタッフを合わせて総勢32名が集いました。

急遽、残念ながら参加できなくなってしまった方もいますが

昨年の収穫祭以来、1年ぶりに再会した方もいて

あぁ1年が経ったんだなぁとしみじみ感じるとともに

また、こうして過ごせると、なんだか嬉しい気持ちになりました。



午前中は収穫祭、ということでわたの収穫!



じゃーん!畑が茶色くなったのがわかりますか!?

本格的に枯れてきました。

より一層、わたに枯葉がつきやすくなりました。

が、枯れた畑の中だとわたが本当に見つけやすいんですよね。

今回は収穫祭、ということで

この日摘んだわたが一体何キロあるか、当ててもらうクイズをやりました!



この竹かご、3分の2くらいになりました・・・

皆さんに予想していただき、回答してもらいました。

正解の発表は食事後のお楽しみ〜。


わた摘みを1時間弱、おこなったところで

玄米餅つきをするためにエコビレッジに戻ります。

玄米餅は白米もち米よりも倍くらい、

水に浸すのも蒸かすのも、つくのも時間と手間がかかるのです。

だから、あ〜んなに美味しいんですよね。

餅付きの前に、収穫に感謝して乾杯〜!


(私はサイダーです(笑))

もっと呑みたい・・・ところですが、ダメです。

この後に餅付きしなくちゃいけませんからね!

竈で蒸かしたてのもち米玄米を石臼に入れ・・・



時間をかけて丁寧に「こづく」。

木の臼ではなく、石の臼でないと玄米はつぶれません。

粒が少なくなってきたら、杵を振り上げてつき始めます。



つくたびに、ドシン、ドシンと振動が伝わってきます。

どんどん粘りが強くなってきて、杵を持ち上げるのには力が要ります。

日向にいると暑いくらいだったこの日、理事長は汗をかきながら餅をつきました。

だいたい餅がつけて、仕上げは参加者のみなさん。

小学1年生のお子さんや男性や女性にもついてもらいました。

小さい頃やったことがある、という人が多くとっても上手!

感覚で残っているんですね〜。

餅がつけたら・・・  後半へ。
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 15:35 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
これな〜んだ [2010年11月20日(Sat)]

これは一体なんでしょうか?



ヒント:ワタの仲間です。


こちらの写真でわかるかも?





正解は…オクラ!

なんでこんな風にして採ったかというと

種を採取するため、です。

オクラの種、白い小さい種なら見たことありますよね?

種を採取するときには、こんな風に黒い種になっています。



今年は猛暑でオクラも元気に伸びまくって

た〜くさん食べられました。

来年も美味しいオクラがいただけますように。

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:25 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
11/21(日)収穫祭を開催! [2010年11月16日(Tue)]

参加者募集!11/16まで受付中
2010年収穫祭 〜実りに感謝〜



今年も収穫祭の季節がやってきました。

厳しかった暑さと日差しが嘘のように、

すっかり朝晩は寒くなり、日中はカラっと秋晴れ。

秋から冬への変化を日々感じています。

毎年、たくさんの方に参加していただいている

収穫祭を今年も開催します!

大好評の新米のもち米玄米でつく、玄米餅や

秋の味覚満載の美味しいご飯と楽しい音楽と、そして綿つみ等も体験もあり!

初めての方も大歓迎!ぜひ、お申し込みくださいね!


木の葉舞う 日差しのなかで

激しかった夏の光も、遠い出来事のように感じられるようになりました。
春からのさまざまな出来事。そして、たくさんの人たちとの出逢い。
この日を迎えられることを感謝して、収穫を祝い
皆さんで明日への夢を語りましょう!

理事長 町田武士




■日時   2010年11月21日(日) 午前10時〜午後4時半

■場所   栃木県・藤岡町 渡良瀬エコビレッジ 地図
最寄駅は東武日光線「藤岡」駅

■参加費  正会員…2,500円/サポート会員・一般…3,000円
        小学生…1,000円/未就学児童…500円


■内容
   午前中は、和綿の畑でゆっくりと綿つみ体験!
「何キロ収穫できたでしょう?」クイズでは、当たった方に賞品アリ!
そして収穫を祝いカンパイの後、毎年大好評の玄米餅つき。
ゆっくりと語らいながら、食事をした後は、綿くり体験をしてもらいます。
そして、お祭りには音楽が不可欠!ということで
「イリテナ」バンドによる歌あり、朗読あり?のライブコンサートをおこないます。

■申込   受付期間は11月16日(火)まで
参加人数・参加者氏名・連絡先・参加方法(車or電車)・お子様の年齢
下記までお申し込みください。

*NPO法人 渡良瀬エコビレッジ事務局
FAX  0282-62-2677
MAIL watarase-ecovillage@bz03.plala.or.jp
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 10:16 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
11月13日グリーンツアー午後の部 [2010年11月15日(Mon)]

11月13日におこなったエコツアーの午後の部。

眠い瞼をこじ開けて

エコビレッジで使う薪が置いてある薪小屋や

わたらせ未来基金のみなさんと作っているヨシの腐茎土を見学してもらいました。

薪小屋をいっぱいにすると約15トン。

それだけでは足りないのですが年間約20トンの薪をエコビレッジでは使います。

薪ストーブや五右衛門風呂。そして出た木灰は綿畑にまいています。



ヨシの腐茎土は切り返しの工程がおわり、今月末に袋詰めされる予定。

12月にまた、渡良瀬遊水地でヨシ刈りがおこなわれます。

おそらく、ヨシの腐茎土作りをおこなっている場所は全国でも3か所程度。

簾にヨシズ、かつては大切な生活資源だったヨシ、

渡良瀬遊水地では現在ほぼ野焼きされている状態。



そして、秋野菜の収穫体験、ということでニンジンの畑へ。

まだまだ葉っぱが青々としていてきれいです。



「ちょうどいいのを抜いてください」と理事長。

欲張って大きいのを見つけて抜いてみると

急激に太りすぎて割れていたりします。。。

ちょうどいい、って難しい。

エコビレッジのニンジンには肥料をあげていません。

それでもニンジンは立派に美味しく育ってくれます。

納得のいく(?)ニンジンを収穫してエコビレッジに戻り

薪割りと綿くり体験に移ります。




人数が多いので2班に分かれての体験。

事務局のわたしは綿くり担当です。



ほとんどの人が綿を摘んだら、すぐ糸紡ぎ!と考えるようですが

とてもとても重要な工程があります。

それが綿くり。綿くりをしなければ加工はできません。

しかも、この綿くりがとても時間のかかる工程。

糸になって織って布になるまでには長い長い道のりがあるのです。

綿くりには性格が表れるような気がしますが

この日は皆さん概ねお上手(笑)

せっかちな人や「たくさん一気にやりたい!」という人は

なかなかうまくできないんですが、最初から、なかなか上手でした。

そして、薪割り組とチェーンジ!





中には小さい頃やったことがある、という方もいて

ブランクはありつつも、やはりやってみると上手。

小さい頃に覚えた感覚ってなくならないものですね。

小学生の女の子が半分の薪を割った後

「丸太から割りたい!」と粘っていました。

すごい!すごいですよ。大人顔負けでした。


こうして、あっという間に一日が終わり

また帰りには天ぷら油バスに乗って帰路につきました。

帰り道も混んでたかなぁ。

一日、無事に終わり、今日は皆さんが摘んだ綿を干しています。

また、遊びに来てくださいね。

次のツアーは1月30日(日)玄米餅つきのツアーです。

*ツアー情報はこちら*
エコツーリズムネットワーク・リボーン
http://reborn-japan.com/
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 10:27 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
11月13日グリーンツアー終了しました [2010年11月15日(Mon)]


11月13日(土)に

おなじみエコツーリズムのリボーンさんのエコツアーがありました。

ほぼ満席の24名がエコビレッジに天ぷら油バスで来てくださいました。

やっぱり他にはなかなか無い、和綿ということで好評のようです。

東京、千葉、埼玉、神奈川、長野(!)・・・といろいろな場所から

集まってきてくださったようです。



小学生のお子さんも数名参加して、和やかな雰囲気。

和綿、ということ、そしてオーガニックということで

大変興味を持って来てくださった様子の皆さん。年齢も職業も様々。



紅葉の行楽シーズン、道が混んでいて到着が遅れたので

さっそく綿摘みに行ってしまいましょう!

ということで準備して、外へ。

綿摘みの前に・・・



昨年もこの光景見ましたね。

そうです、収穫した綿のゴミとり。

1週間くらい前から霜が降り始めて、枯れ始めた葉が綿にからみついているのです。

なるべく、収穫する段階できれいに取って欲しい、ということで

収穫を体験してもらう前にお願いしています。



そしていざ、畑へ出発。

カゴを背負ってトコトコ 7、8分。

畑へ到着し、収穫の仕方とエプロン装着方法を聞いて

収穫体験開始〜!



結構弾けていて、なかなか前に進まない。

進んで、振り返るとわたを取り残しているを見つけて戻り。。。の繰り返し。

最初はどこら辺にあるかも検討がつかなくて、結構時間かかるんですよね。

しかし、慣れてくると楽しくてハマってしまいます。

大人が22名いるはずが、畑が静かです。理事長とお子さん以外(笑)

約1時間、収穫をして終了!カゴ4つ分、収穫ができました!

「まだやりたい〜」と物足りなさそうな方がいましたが

2時間続けて摘むと目と腰にきますよ〜。

綿を探すのに必死になって、まばたき回数が減るのはわたしだけ?


物足りない、と言いつつ

朝と〜っても早起きした皆さんはお腹ペコペコ!

なのでお昼ご飯ですよ〜!と言えば素直に帰ってきてくれました(笑)

そして、あっという間にペロリ。



最近、おかずとのバランスを考えて

白いご飯とお味噌汁を出すことが多いのですが

これがまた大好評なんです!

お米の味がよ〜くわかるんですよね。

ご飯もお味噌汁もほぼ完売。

エコビレッジの野菜をたっぷり使ったおかずでいっぱい食べてくれました。

薪ストーブと囲炉裏のやわらかい暖かさと満腹で

みなさんうつらうつら・・・

しばし休憩をとって午後の部へ。

Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 09:56 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
MY LOHAS第3弾掲載開始! [2010年11月10日(Wed)]

webサイト「MY LOHAS」にて掲載中!


和綿プロジェクトをともに進めている

豊島株式会社のオーガニックコットンを中心に展開する「Orgabits」。

渡良瀬エコビレッジとOrgabitsが

webサイト「MY LOHAS」にオーガニックアグリツアーという内容で連載しています。

オーガニックコンシェルジェの岡村貴子さんたちと種まきから始まり、

Porter Classicの吉田晃務さんを迎えての畑のお手入れ、

そして収穫の時期を迎えました!

今回は一般参加者のブロガーさんを含めて皆さんで綿摘みを体験していただきました!

参加したブロガーさんのブログ記事も一覧で見られるようになっています。

ぜひサイトをチェックしてみてくださいね♪

「MY LOHAS オーガニックアグリツアー」
わた摘みにやって来た [2010年11月08日(Mon)]

先週は、予想外の台風接近による無念のわた摘みボランティア中止・・・
(何度も言う)

そして今度こそは!と平日ずっと晴れて、なかなか調子良く弾けたわたを

みなさんにたくさん摘んでいただきたい!と気合を入れておりました。

そして先週の6日(土)、超わた摘み日和!

しかし、午前中に体調不良や突然の事情で参加できなくなった方が4名。

うう・・残念。

しかし、8名の方が来てくださいました!

一番遠方の方はなんと静岡から!すごい!ありがたいですね〜。

そしてご苦労様でした。。。

集合して、さっそく綿畑に向かいました。

久米繊維工業の社員さんやファミリーも来ていただき

経験者もいます!ので心強い!



霜が降って、だいぶ枯れてきているのわかりますか?

枯葉がわたにつきやすくなっているので

気をつけてきれいにとってくださ〜い!

ほぼ、ずっと屈みながら進んでいるので

誰がどこにいるかわからず・・・言葉も少なくなってくるので余計にわからず。

しかし、子供たちの

「あっっっ!見つけた!!!!」という声が秋晴れの空に響きます。

「何個とった何個とった?」「51個」

数えてるのかい!

なんてココロの中でツッコミを入れながら、一時間ちょっと。

思ったよりもわたが弾けていて

参加者の皆さんは一列摘むのがやっと、だった様子。

そしてこれだけのわたを摘みました!



一人では一時間でカゴひとつ分くらいしか摘めませんが

やはり人手があるといいですね〜。本当に。

感謝です!

そして、少し体を動かした後は、ちょっと休憩。

おやつにサツマイモを出したのですが

子供たちに大好評!幼稚園の男の子、3本食べてました!

やっぱりどんどんおいしくなってくるんですよね〜。寒くなると。

休憩の後は、ほんのちょっとでしたが

せっかくなので、綿くり体験してもらいました。

クルクルポロポロ、種が落ちてくるのがなんとも言えない動きで

これも楽しい〜んです!みなさんもっとやりたい!という気配を感じましたが

時間がないので今日はこれまで・・・

また、ぜひ遊びに来てくださいね!

天ぷら油バスで行く!渡良瀬エコビレッジ訪問ツアー [2010年11月07日(Sun)]


催行決定キラキラ天ぷら油バスで行く!

秋の渡良瀬エコビレッジ訪問グリーンツアー




11月13日(土)開催エコツアーの参加者募集を開始しています!

気持ちのいい秋の渡良瀬エコビレッジに

リボーンさんのツアーならではの、

移動中のCO2がカーボンオフセットできる天ぷら油バスに乗って来ませんか?



この時期といえば、オーガニックコットン・和綿の収穫最盛期です!

大人も子供もついつい夢中になる、ふわふわの綿摘みはとても楽しく

しあわせな気持ちにさせてくれます。

その他にも、1974年からずっと無農薬・無化学肥料で農業をしている

町田武士が育てた秋野菜の収穫や綿くり体験、薪割り等など

内容盛りだくさんです。

そして、エコビレッジで大好評のおいしい秋の味覚ランチもお楽しみに


自分で車を運転していくのはちょっと・・・

電車だと乗り換えが大変・・・という方にもピッタリです!

綿摘みツアーは毎回好評ですので、お申し込みはお早めに!






****  ツ ア ー 開 催 概 要  ****


■日程  2010年 11月13日(土)

■場所  栃木県・栃木市藤岡町 渡良瀬エコビレッジ

■参加費 大人7,000円 小人5,000円(小学生以下)
※幼児は参加費無料。座席・食事はつきません。
※昼食・新宿発着バス代込み

■募集人数 25名(最小催行人数20名)

■予定スケジュール

8:00  新宿駅西口集合・出発
11:00 渡良瀬エコビレッジ 

     囲炉裏を囲んで聞く町田武士の話
     和綿の収穫
     秋野菜の収穫
     和綿の綿繰り体験
     薪割り体験
     渡良瀬エコビレッジ周辺見学
     秋の味覚を味わうランチ 

     農産物販売もおこないます

19:00頃 新宿駅西口解散
※交通状況などの事由により行程が変更する場合もあります。ご了承ください

■持ち物 軍手・雨具・エコバッグ
※汚れても良い服装、暖かい服装、運動靴でお越しください。
着替えやタオル、帽子、飲料水などは各自ご判断でご準備ください。

申し込み・お問い合わせ

有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-2-1 ビューシティ新宿御苑1203
[TEL] 03-5363-9216 [FAX] 03-5363-9218 
[e-mail] eco-tourism@reborn-japan.com
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 10:00 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ