CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
7/25(日)里山・ツリーハウス&ピザ体験レポート [2010年07月27日(Tue)]
里山・ツリーハウス体験&石釜でピザ焼き レポートメモ


7月25日(日)、

厳しい暑さが続く夏の日、イベントをおこないました。

今回は、30名の方が参加してくださいました。

小さいお子さんも多く、

屋外で長く過ごす今回のイベントは、充分に体調管理に注意が必要!

しっかり準備をして、まずは綿畑の見学へ行きました。



エコビレッジの母屋、庭は

午前10時頃、割と涼しいのですが

アスファルトの上に行くと、照り返しでとっても暑い・・・眩しい・・・

早くもバテそう・・・

しかし、綿畑につくと、

大きくなり、だいぶ花も咲き始めている様子を見て一瞬暑さも忘れ!?

どんどん綿畑に入っていきました。



種まきをした方もいるので、自分で播いた綿をチェック!

「花が咲いてるよ〜!」「写真撮って!」

自分で播いた綿の周りを草取りしてくれている子どももいました^^

愛情が湧きますよね〜。

花が落ちて、コットンボールが膨らみ始めているものもありましたよ!

あ〜収穫が待ち遠しくなってきました音符

皆さん、ぜひ収穫しに来てくださいね!




そして、里山でやることがタップリあるので

早めにエコビレッジを後にして里山へ移動自動車ダッシュ

まずは、棚田のある見明エリアに行きました。

歩いて山の中へ行くと、どんどん涼しくなっていくのが体感できます。

山を吹き抜ける風が棚田の稲を撫でて、美しい景色が・・・

その景色を見て

「お母さん、山の風って緑色なんだね!」って、子どもが言いました。

おぉ・・・なるほど!素敵ですね。子どもの目線って本当に様々。

そして見明エリアに到着!

田植えにも参加してくれた方も居て

「おぉ〜大きくなってる!無事に育っていて良かった!」

と自分たちで植えたもち米を見て、顔を綻ばせていました^^

このもち米で、今年の冬も玄米餅をつきますよ〜力こぶ

ひと息ついた後、恒例の(?)沢蟹を探しにみんなで沢へ・・・



水際はさらに涼しい〜!本当に気持ちいいです。

山から滲み出した沢水も冷たくて、思わず裸足になる人も。

そして沢蟹もあちこちに居ました!

ドジョウや小さい魚も。ビックリさせてごめんよ。

子どもはちょっと最初、腰が引け気味だったんですが

だんだん慣れてくるととても楽しそう。

大人も意外とはしゃいでるんですよ(笑)

なかなか、今ではこういう体験ができる機会が少なくなってますからね。。。



そして、見明エリアを出発し

いよいよ、ピザ釜のある足洗いエリアへ移動!
(里山は結構移動が多いです)

ボランティアスタッフが、タープを立てて

ピザ釜に火を入れ、作業台をセッティングして待っていてくれました!

みんなお腹ペコペコ。ということで早速、ピザ作り開始!



エコビレッジでとれた小麦粉を使ったピザ生地を伸ばし

自家製のソースに野菜、そしてチーズをトッピング。

子どもたちの目は真剣です。

そして、ピザ釜へ入れて待つこと約2分〜3分。

あっという間にピザが焼き上がりました。

朝摘んだ、フレッシュバジルをのっけて

アツアツをいただきま〜す!

大人でも1枚で足りる量ですが、幼児も一枚をペロリ!すごい!

うまくできて良かったね〜!

一緒に、玉ねぎときゅうりのスープ・ピクルス・びわ茶をいただき

食後には自家製のニンジンケーキを出しました。

ニンジンケーキも評判良かったですね〜。

赤ちゃんもモグモグ、たくさん食べました。

ふぅ〜お腹いっぱい。



ゆっくり休憩をとってから、

慈覚大師円仁や大慈寺のお坊さんたちが修行したという

円仁の滝まで山登りをしました。

小さいお子さんには今日はちょっとハード!ということで

行ける人たちだけで、行って参りました。

こちらも、清流があり、山の中はとっても涼しい。

本当に、快適、くらいちょうどいい気温です。

マイナスイオンもたっぷりですね。

しかし、修行した場所、というだけあって

片道15分程度ながら、だんだん道のりはキツくなってきます。



スギの植林がされて、ほとんど手入れされていないので

倒木が道を阻んだり、うす暗く、地面が滑りやすかったりします。

エコビレッジでも久しぶりに行きましたが

また少し、荒れてきていますね。

人が手を入れないと、本当に荒れていく一方です。



滑り落ちないかドキドキしながらも

なんとか円仁の滝と不動様が祀ってある場所に到着!

ここら辺はあまり雨が降っていなかったようで

思ったよりも滝の水量は少なかったのですが

あの場所は独特の雰囲気を醸し出しています。

周辺をオニヤンマが悠々と飛んでいましたね。

祠でお祈りをした後は、帰路へ。

帰りの方が怖いんですよね、実は。

しかし、ちょっと油断して、ツルっと滑りながらも

転んだり、けがすることなく、戻ってくることができました。



そして、最後にツリーハウス!

一足先に遊びに行っていた子どもも居て、大はしゃぎ!



気に入ると、何回も登ったり降りたり、飽きないんですよね。

大人でもグッと引き寄せられる不思議な魅力があります。

夏以外の、ツリーハウスを味わうイベントもできたらいいですね!

コンサートをやろう!という話もスタッフの間で出ていたり。

いろいろと、やりたいことはたくさんあるんです^^



今回は初めて来た方が半分くらい、でしたが

新たに会員にもなってくださった方もいました!

本当に感謝です。

小さいお子さんはきっと、帰りの車の中でぐっすり、だったと思います^^

今回も、熱中症、怪我もなく、無事に終わりました。

皆さんのご協力ありがとうございました!



次回のイベントは

8月の繁忙期をお休みさせていただき

9月19日(日)の里山での稲刈りイベントになります!

8月下旬から9月上旬より、参加者募集開始予定です。お楽しみに!
暑いっ!夏! [2010年07月21日(Wed)]



子どもたちは夏休みに入って

厳しい夏の暑さが続いていますね〜。

皆さん元気でお過ごしですか?

エアコンの効いた部屋から

暑〜い外へ出るのを繰り返していると、本当に体がおかしくなりますね。

エコビレッジには、エアコンないですけど。。。

エアコンがある生活に慣れ切っている人には

夏のエコビレッジに訪れるのは大変かもしれませんよ〜。



わたしたちは

ヨシズと簾と打ち水と扇風機があれば大丈夫なんですけどね。。。

これからイベントに参加する方、

野外活動もあると思いますので

特に小さいお子さん連れの方は、お子様の様子を良く見て

体調などの変化に注意してくださいね。

必要そうだな、と思ったものは必ず持参してください!

みんなが楽しい夏の日が過ごせるようにしましょうね!
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:19 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
7月25日イベント参加者募集! [2010年07月20日(Tue)]
※申込締め切りました!たくさんの申込ありがとうございます!


里山・ツリーハウス体験&石釜で焼くピザ作り 
     イベント参加者募集中!


お待たせしました!

1カ月間が空き、楽しみに待っていてくださった方もいるでしょうか・・・

7月25日のイベント参加者を本日より募集開始します。

夏の里山を感じて、遊びましょう!


*******************************

「夏を待つ、雲の下から」

梅雨の日差しの中、草木は生い茂り、大地に満ちようとしていますが
植物の世界も昨今の寒暖の差が激しい気候の影響でしょうか、
生育の様子が少し違うように感じられます。
それでも、夏へ向かう光の中で、生き物たちは一生懸命です。
私たちの稲も綿も、野菜も草に負けまいと、天に伸びようとしています。
夏の最盛期を迎える渡良瀬エコビレッジの畑、田んぼ、そして里山を
皆様と元気に駆け巡りましょう!御参加お待ちしております。

理事長 町田武士



 




【里山体験&石釜で焼くピザ作り】

■日時 7月25日(日) 午前10:00〜午後16:30

■場所 栃木県・栃木市藤岡町 渡良瀬エコビレッジ

■参加費  正会員3,000円/サポート会員・一般3,500円/未就学児童500円
        小学生(10歳以上)2,000円/小学生(10歳未満)1,500円


■内容 
午前中は5月16日に種まきをした和綿畑の見学をします。
その後各自の車で里山へ移動し、さっそく地粉のピザ作り。
それを石釜で焼いて、アツアツのピザをお昼にいただきます!
休憩した後には、マイナスイオンたっぷりの気持ちいい山の中を
円仁の滝まで散策。ツリーハウスにも登って秘密基地気分で遊びましょう!
そして最後に、5月30日に田植えをした棚田のある見明エリアに移動し
現地解散となります。

お米や旬野菜の販売もおこないます!

<注意事項> 
午前10:00開始となりますので間に合うようにお越しください。
当日は小雨決行となります。着替え・タオル・飲料水・帽子等は各自ご持参ください。
動きやすい服装で御参加ください。
乳幼児は参加費不要ですが、参加される場合は必ずお申込みの際お伝えください。


■お申込み
申込受付期間は6月28日(月)〜7月20日(火)です。

<申込方法>
メールまたはFAXで下記項目をご明記のうえ、お申込みください。
申込を受けましたら、事務局より必ず返信をしています。
もし返信が2日以上経っても来ない場合は、トラブル防止のためにも
事務局へお問い合わせください。


・参加イベント名
・参加人数
・参加者氏名(参加者全員)
・連絡先
・参加方法(電車or車)
・お子様がいる場合はお子様のご年齢

メールメール watarase-ecovillage@bz03.plala.or.jp
FAXメモ   0282(62)2677
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 10:56 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
第3回目Tokyo Cotton Village [2010年07月19日(Mon)]

第3回目のTokyo Cotton Villageを開催しました!


18日(日)は、今年度第3回目になる

Tokyo Cotton Villageをおこないました。

今回は通常の半日のみのワークショップとはかわって

1日、和綿に里山にツリーハウスに・・・

渡良瀬エコビレッジをゆっくり楽しんで、体験してもらえるイベントとなりました。

東京から21名の参加者が参加してくださいました。



梅雨明け直後、とっても暑い厳しい日差しでした。

午前中はまず、和綿畑へ。

1カ月前ぶりの綿は、また、生長して、様子が違ったと思います。

細かい草や、取り残した大きい草が結構あるので

それを鎌を使って草取りしてもらいました。



Tokyo Cotton Villageの種まきしたところは

1カ月前にきちんと草取りをしたので、それほど草は多くなく

生長もとても順調なようです^^

少しエコビレッジの播いた綿のところも草取りしてもらいました。



畑は日蔭になる場所がまったくないので

本当に日差しが厳しい〜!

しゃがんで作業していると立ちくらみ・・・

普段、外作業に慣れていない人は休憩して、水分補給しながら

気をつけて作業してくださいね。


作業を見ながら、エコビレッジの方の畑の様子を見ていると・・・

「あ!!!!」







花が咲いてる!!!!!

今年初めて、開花確認しました!

下の方で、きれいな花を咲かせていましたよ。

去年より早いようですね。

ただ、早すぎても実が付かなかったりするようなので

ちょうど良い時期に、ちょうど良い天候で、

無事にたくさん実をつけてくれることを願います。。。

こればっかりは自然相手ですからね〜。



約2時間、汗をかいて作業した後は、お楽しみのお昼ご飯!

が。。。準備・配膳に追われ、写真を撮り忘れました。。。

見るのも味わえるのも参加した方の特権ということで、すみません。。。

夏らしいメニュー、渡良瀬エコビレッジの夏野菜をたっぷり使った

ランチ、みなさんとてもおいしく頂いてくれたようです音符



少し休憩をして、いよいよ夏の里山へ出発。

まずは、棚田のある見明エリアに向かいました。



真っ青な空と稲の緑がとてもきれい。

棚田へ水を引いてきている沢に沢蟹を探しに行きました!

今日はいるかしら〜?



沢の中の石を動かして捜索。

居ました居ました、小さい子や大きくて立派な子が!

お子さんもキャーキャーと怖がりながらも大はしゃぎです^^

しかし、山の中は涼しいですね〜。

水辺に居たときは暑さなんて忘れてました。


そして、みんなが楽しみにしていたツリーハウスへ。

駐車場から少し歩き、

ツリーハウスの姿が見えてくると歓声が!

静かに、どっしりと佇む、ツリーハウスは子どもも大人も惹きつけられます。



窓から顔を出して「おーい!おーい!」

そして、想像以上の大きさ、高さに大興奮です。

怖がっていた小さな子も、最後には「降りない、絶対降りない!」と。(笑)

とっても気に入ったようです^^

そして、その後はツリーハウスの周りで自由時間をとりました。

山を散策したり、カブトムシを見つけに行ったり

キャッチボールをしたり、ツリーハウスの木陰で休んだり・・・

ゆったりと時間の流れる里山を過ごしてもらいました。



汗をたくさんかいて、体を動かして、たくさん食べて、遊んで・・・

大人にとっても、子どもにとっても、

楽しい夏の思い出になれば嬉しいですね。

また、ぜひ、来てくださいね!


*****Tokyo Cotton Village******

Tokyo Cotton Villageがmy spaceをおこなっています。
ワークショップに連動したラジオ番組もあり!
興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!
http://www.myspace.com/organiccottontshirts

今年は見られるか!? [2010年07月16日(Fri)]


今週の水曜日、里山へ行きました。

何をするためか、というと

この時期といえば。。。

そう、蛍!蛍を見るためにキラキラ


ただ、前日から雨が結構降り

気温もそれほど高くなかったので心配だったのですが

ちょっとワケあって、どうしても今日行かなければならなかったのです。


山道は雨のせいでぬかるんでいるので

四駆付きの自動車じゃないと本当に危険注意

なので、明るいうちに向かい、徒歩で棚田の方へ歩いていきました。

(写真ブレブレ。。。)

山から流れてくる川の水もとても水量が多く

水の流れる音が静かな山に響いていました。


少し気温が上がって

近くの山々は霞がかかり、湿気を含んだ空気は重たいけれど

とても美しい姿を見せていました。



だんだん奥へ進むと・・・



山道がすごいことに!!!!

雨が降ったせいもあるかもしれませんが

竹・木や蔓が伸びて

山道を覆い、歩くのがちょっと大変な状況に・・・

どうにかしたいですね・・・

しかし、どこも労力と時間と費用が足りないのが実情・・・

これが里山の現実です。



写真だと空が明るいですが

この時、夕方の7時近く。。。

一人で歩くのは結構ドキドキします。

鳥や虫にビビりながらも、無事に棚田に到着し、理事長たちと合流。
(理事長たちは午後から来ていました)

沢の水を引いている水路がまた詰まっていたらしく

田んぼの水が少なめになって、草が生えてしまっていたようです。

うーん、思うようにはいきませんね・・・

元々、収量も通常の平地にある田んぼに比べて少ないですし

毎日見に行けないので、仕方がないのですが・・・


しかし、稲はだいぶ生長して大きくなっていました。



何といっても里山のお米はやっぱり美味しい!

そして、棚田のある里山の風景は美しい!


空は今にも雨の降り出しそうな重い雨雲に覆われて

時折雨がパラついたりしましたが

蛍たちが光始める夜の8時になりました・・・

私たちの管理している棚田には

昨年あまり居なかったのですが

今年は多少の雨が降っても、昨年よりも多く見られました!

今の時期はヘイケホタルが居ます。

ゲンジホタルよりも、光は小さく、点滅する間隔は短いです。

草むら、そして空を舞う小さな光は、本当に心惹かれます。

不思議ですよね。

なんとか写真にも!!!!と思い

デジカメで頑張ってシャッターを切ってみました。



ズーーーーーン・・・・・・・・・

デジカメのプレビュー画面だとわかるんですけど

これだと何のこっちゃわからないですね。

ただ、うっすら写真中央から左よりの上の方に

光の残像ができているのが・・・わかりませんかね?


もう少し近くで、いっぱい飛んでいれば

デジカメでも撮れる!とわたくし確信致しました。

また、トライしたいですが

夜の里山は、なかなか気軽に行けるものではありません・・・

今夜もきっと光っているだろうなぁ。
ヨシの腐茎土作り【積み上げ】 [2010年07月12日(Mon)]

7月10日(土)久しぶりの快晴、

わたらせ未来基金と今年2回目のヨシの腐茎土作り作業をおこないました。

前回、昨年の12月に渡良瀬遊水地から刈り取ってきたヨシを

トラクターを使って裁断し、集めて保管しておきました。



今回は、その裁断したヨシを積み上げていく作業です。

10名でおこないました。

フォークを使いながら、3か所に積み上げていきます。

常時、水をあげながら

ヨシの上にのって踏みならして積んでいきます。



最初に土台となる下の部分をよく踏まないと

積み上げているうちに崩れてきてしまうので

汗を流しながら踏み踏み。。。

結構、この気温のなかでハードです。

ヨシの量も昨年よりも多い様子。



そして、米ぬかと発酵促進剤を

ひと山、4回に分けてまいていきます。



まいたら、またその上からヨシを積んでいき、ひとつ完成です。


たっぷり水をあげても

カンカン照りのこの日はすぐに表面が乾いてしまいます。

なので、シートをかけておいて・・・

最後のひと山、
(うしろにシートがかぶせてある山が2つわかりますか?)



これはエコビレッジで使わせていただく分として作っています。



最後に栃木農業高校の生徒さんも合流して

ちょっとお手伝いしてくれました。



この写真を見るとわかりますが

結構な高さになっていますでしょう?

上のほうに積み上げるのは結構大変なんですね。



約3時間をかけて、積み上げが終わり

最後は風で飛ばされないようにシートをかけて

ペグ打ちしてきちんと止めておきます。



これで強風にも飛ばされないはず!


来月は切り返しの作業ですね。

発酵して、少しずつ様子が変わっていくのが楽しみです。

わたらせ未来基金のみなさん、お疲れさまでした!
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 13:38 | 渡良瀬流域一貫情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
綿の間引きの様子 [2010年07月09日(Fri)]
今週、綿の間引き作業が一通り終わりました。。。

除草しながらの間引き。

もちろん、どれでも間引いていい、というわけではないので

綿の様子を一本一本見ながら

どれを残すか、間引くか、とやっていると

草取りよりも、結構時間がかかってしまうんです。



間引く前の綿畑
大混雑しております

綿と草が所狭しと、畝に生えております。

間引かないと、上にばかり生長してしまい

茎が太くならず、わきめが出ないので実のつきも悪くなるんですね。

日光が当たるように、土のパワーが吸収できるように

ほどよく間引いてあげます。



土と綿と草と虫と・・・下を見ながら黙々と。

根元近くの茎の部分を虫に食べられて折れそうな綿や

葉っぱが虫にたくさん食べられたり、シワシワになっている綿、

周りの綿より生長が遅く、ひょろひょろ小さい綿などを間引きます。

雑草をとって、間引いて、少し綿の周りに土寄せしてあげるように。

2はかで、この作業は3時間近くかかりますね。

そして間引き終わった後の綿畑。



すっきりしましたでしょ?

これで、太く強く、育ってくれよ〜。


江戸時代、綿栽培をしていた農家は

3回に分けて間引きをおこなっていたそうですよ。

惜しみなく、手間ひまかけても、化繊がないこの時代

綿はとても大事なものでしたから、

経済性がとても高い農作物だったんですよね。

今の時代とは真逆ですね。



そして、綿を間引いていると、もうこんなものが見つけました。



この中に、花のつぼみがあります!

ちょっと去年よりは早いのかな〜。

確認してみたら、去年は7月21日に開花を確認したみたいです。

今年は暑いのが大好きな綿にとってはいい気候ですからね〜。

いつ、花は咲くでしょう。



今日はみんなで雑草や間引いた綿を畑から運び出しています。

雑草をそのまま置いておくと、すぐ根がついちゃいますからね。

これも結構な力仕事です。

しかし、今日は比較的涼しいし、がんばるぞー!
里山での作業 [2010年07月07日(Wed)]

高温多湿、今年はすごいですねぇ・・・

皆さん元気ですか?

人間には堪えられない気候ですが

この時期の植物たちにとっては最高なようで

夏野菜も元気が良いのですが

雑草たちの勢いも半端じゃないのです。



里山の方も、定期的にきちんと下草刈り等をしてあげないと

あっという間に山道や田んぼの畦は通れなくなってしまいます。

7月3日、4日と続けて

ボランティアの方や里山近辺の方々と、草刈りをおこないました。

山の手入れは、いくらやってもやりきれないくらいなので

本当に大変なことですが、出来る範囲で

一生けんめい作業しました。


3日は、エコビレッジのボランティアさんたちと

休耕地になっている畑と田んぼ周辺の草刈り、

そして田んぼの中に生えた雑草の草取りをおこないました。

棚田のある見明エリアの草刈り

田んぼの草取りにはこんな道具を使います


後退しながら引いて雑草をかくんですね


半日かかりで、作業してくれました。

本当に本当にありがたいですね。

ますます、この場所を残していかなければ・・・と思います。

みんなそういう想いで集まってきてくれています。



4日は、地元の方々と

ツリーハウスやため池、ピザ釜がある方の足洗いエリアの草刈りをしました。

かなりの距離があるので、毎年2、30人で行わないと

なかなか大変です。

山を管理するって、お金も必要ですが、人手も相当必要なんですよね。

写真の右側にピザ釜が映ってます。

自前のチェーンソーや鎌を使っての作業。

草や竹もすごいですが、つるが絡んでいたりと

かなり手強いです。。。

山の中なので、湿度もさらに高く、汗がダラダラと出てきます。

かなりすっきり、きれいになりました。

朝から、午前中いっぱい作業しました。


両日とも、参加してくださった皆様

どうもありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

皆様のおかげで、今年も夏の里山を楽しめそうです。