CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年10月 | Main | 2009年12月»
わくわくクラブ収穫祭が終了(後篇) [2009年11月17日(Tue)]

わくわくクラブ収穫祭(後篇)



竈で蒸かしているのはもちろん…

もち米玄米ですごはん

朝から2時間以上かまどにかけてありました

もち米はわかりますね?精米しないもち米がもち米の玄米です音符

これで玄米餅を作りますキラキラ

玄米餅はふつうのもち米と違って

木の臼では潰れないので、石の臼を使ってつきます

※音入りなので、再生時にはご注意を!



動画では、杵を上げている部分しか映っていませんが

杵を振り上げる前の、最初の「こづく」のが大事なのです

簡単に杵を持って動いているように見えますが

いざやってみるとまったくできないんです…

子どもたちも小さくて軽い杵を使ってみましたが難しそう…

餅のねばりも半端じゃないですからね力こぶ

そしてまた、返す方もとても大変汗

釜から出てきたばかりのもち米は100℃近くあるのですから

動かすことはもちろん、触ることも容易じゃない…

しかも人数が多かったので、4升つきの臼で

4升5合いっきについたのです

1升=10合ということは45合困った

参加者さんにも手伝っていただいたり、苦戦しながらもつくことができました音量

ふぅ〜

そして、ついた後はちぎって丸める作業ダッシュ


まぁ、ちぎっても丸めても、ちぎっても丸めても

なかなか減らない餅…

途中から何かの生き物に見えてきた…

しかしあんこやきなこ、そして醤油につけると

なんともおいしそうな香りが〜ブタ

せっせとお菓子屋さんになったような気分で餅を丸めて

やっとお昼ご飯料理

餅つきから時間がかかって、お腹が空いた…と泣き出す子も悲しい

ごめんよ〜玄米餅時間がかかるんだ〜ごめんよ〜

今回の昼食は

あんこ餅、きなこ餅、磯辺餅にした玄米餅に

自家製の味噌で仕立てたけんちん汁

カブと椎茸の煮物

自家製サラダサツマイモチップのせ       でした音符


みんなおいしそうで笑顔笑顔よかったよかったダッシュ

お腹が空いたと泣いてしまった子もお餅もたくさん食べて

何よりサラダが気に入ってくれたようびっくり

自家製のドレッシングをかけてモリモリたべてくれました

サラダは白菜とキャベツと春菊と人参などが生で入っているのですが

とってもおいしいんですキラキラ

生で出すとびっくりされますが、たくさん食べられちゃいますよ〜



そしてお腹も満たされたところで

綿繰りタイム〜♪

この日来て、最初に「早く綿繰りやりたい。超おもしろいよ!」

と楽しみにしていた子もいるくらい、ハマる人はハマる、あの作業ですびっくり


ふわふわのコットンから綿繰りをすると

ポロポロと種がたくさん出てくる様子はとてもおもしろいです

うまく種が出てくると子供たちの歓声が「キャー」拍手

みんなが夢中になっている間に

先ほど昼食をとった部屋はドタバタ、ステージ作りに追われていましたギター

そう、収穫祭のもうひとつの楽しみは音楽、コンサートです音符

今回はエコビレッジを手伝ってくれているメンバーとその友人たちが

ステージを作り上げてくれました

秋の空を見ながらちょっと切なくなる曲から体がつい動き出してしまう楽しい歌を

演奏してくれました


写真は3人で「STAND BY ME」を披露してくれた時の様子


そして、最後はエコビレッジメンバーの3人「THE TRIBE」の演奏


あまり身近では見たことのない楽器に子どもたちも不思議そうに興味津々

ウッドベースに太鼓、ラヴフルートにカリンバ

他にも小さいけれど音の存在感ある楽器が奏でる音楽は

不思議と懐かしい、温もりがあるけれど清々しい音楽でした

10分くらいの長い曲を1曲、味わいました

演奏者の皆さん、ありがとうございました

少し予定時間を過ぎてしまいましたが、収穫祭は無事に終わりました

次回のわくわくクラブも楽しみにしていてください音符


※わくわくクラブイベントは、会員・会員希望者向けのイベントです。
ご理解いただいた上で、ご参加いただけますよう再度お願い申し上げます。
わくわくクラブ以外のイベントもおこないますので、そちらへのご参加願います。
また、事前申し込みなしでのイベント参加は不可能です。
食事や道具の準備等が必要なイベントですので、必ず締切までにご連絡ください。


****ライブ告知********

今回の収穫祭でも演奏してくれた君嶋さんはIRITENAとしても活動しています。
ラヴフルート、すごく素敵でした。
そのIRITENAが東京でライブをおこなうそうです。

Live Answer 2009
日程:12月6日(日)
場所:門仲天井ホール
時間:開場17:30 開演18:00
出演者 
演 奏  ○ASK ○ISORA ○IRITENA 
舞 踏  ○金刺わたる
映 像  ○大場裕介
絵画展示 ○宗方勝
チケット 予約¥1,800 当日¥2,500
お名前・メールアドレス・枚数を必ず明記して下さい。席数に限りがあるので、予定数が埋まり次第、受付終了になります。尚、チケット代は銀行振り込みでお願い致します。 
(詳細・チケット予約はこちら)ASK HP⇒ http://ask.symphonic-net.com/
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 15:57 | わくわくクラブ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
わくわくクラブ収穫祭が終了 [2009年11月17日(Tue)]


わくわくクラブ収穫祭(前篇)



前日の冷たい雨が嘘のように、気持ちよく晴れた11月15日(日)

わくわくクラブの収穫祭をおこないましたびっくり

今回はなんと参加者だけで36名汗

とてもにぎやかな収穫祭となりました拍手

一年の集大成ともいえる収穫祭、みなさん楽しみに来てくれました車



まずは恒例の挨拶と自己紹介


春の和綿種まきから参加してくださっている方や

エコビレッジの噂を聞いて初めて来て下さる方などなど…

ぜひ会員になっていただけるととてもありがたいですびっくり



まず、午前中は綿を摘みましたOK

畑へ移動。の前に

摘んで、干してある綿をきれいにしてもらいます


そのままの綿をここで初めて触る方は

こんなふわっふわの綿が一体どんな風に畑でなっているのか

まったく想像がつかないようです

どんな風になっているかは畑へ行ってのお楽しみびっくり

さてさて、今度こそ畑に移動走る

しかし人数が多いのでなかなか大変汗

小さな子どもも大人も歩くペースが違うのできちんと来られるように注意しながら…

畑へ到着ダッシュ

ずいぶん茶色い畑になっていますでしょう!?

そのなかに白く輝く美しい和綿キラキラ

わたしも最初見た時には驚きと同時に

触れるとなんだか懐かしい様な、あったかい気持ちになりました

手製のエプロンを装着して収穫タイム音符


いや〜本当に夢中になるんですね〜

子供も普段難しい顔をしている大人も…(別に誰とは言ってませんよ)

下を向いて和綿探しという名の宝探しに夢中鐘

人数が多いので慣れている方には茶綿も収穫していただきました

わたしも茶綿を収穫しました

枯れた畑で茶色の綿を見つけるのはちょっと難しいめがね

「なんだか弾けてるのが少なめだな〜」

「前日の雨のせいかな〜」

「おっ!大きいのはっけーん」


ちがーうびっくりこれ茶綿じゃなーいびっくり

カマキリの卵だー困った

よく間違えるんですよね〜。

一緒に茶綿を摘んでいた方も何人か間違えたようです笑

ゆっくりと和綿を収穫して、とれた綿を籠に入れて

みなさんに背負ってもらいながらエコビレッジに戻りました

この後はみなさんが楽しみにしていたアレ。です


竈からいい匂いがしてきましたよ〜ブタ

続きは後篇へ…
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 15:08 | わくわくクラブ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ