CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年05月 | Main | 2009年07月»
【やまずめぐる】とは? [2009年06月22日(Mon)]

渡良瀬エコビレッジの考えること

渡良瀬エコビレッジがめざす 
【やまずめぐる】
つまり、止むことなく廻る、ということです。

全てのいのちの源である水は
ずっと昔から、脈々と止むことなく廻っています。

高い所、鎮守の森などに降った水の流れは大きく3つに分けられます

@
 表流水:地表を伝って一気に低い方へと堀や水路を伝い川に流れ込む

A 湧水:崖や段差のあるところに、土中を通り抜けてしみ出す水
   冬は暖かく、夏は冷たく、土のフィルターで浄化され、澄んでいる

B 伏流水:はるかな年月(60~100年)旅をして100km以上も遠くの山々に降った雨が、
   低い場所に湧く生命の泉。人間が飲むことができ、やがて海に注ぐ


この3つの水の流れのシステムがあらゆる生きものの多様性を保ち、
生き生きと生きられる世界を創っています。
私たち人間もまた、それと似通ったことが言えます。
すなわち、親から受け継ぐもの、先祖(人の祖先)から受け継いで
存在するいのち、そして、遺伝子レベルでの地球の歴史を刻み、
進化を続け生きているいのち、です。


渡良瀬エコビレッジでは、
自然の中での体験、農業体験等を通して味わうことのできる“実感”を大切にし
私たちの持っている自然性(野性)回復させ、
より良いものに育ててゆくことを目指しています。


「やまずめぐる循環図」




環境に負荷を与えない、持続可能な循環型の自給的暮らし

【やまずめぐる暮らし】

里山、水田、畑、しあわせのコットンボール工房、渡良瀬エコビレッジ
それぞれの場所で、さまざまな活動を通して
体験・実感して学び、次の世代へと廻る暮らしをしませんか?
Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 09:55 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)