CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年04月 | Main | 2009年06月»
活動・取り組み紹介 [2009年05月06日(Wed)]
@ しあわせのコットンボール



江戸時代から明治初期にかけて、日本各地で盛んに栽培された在来種の「和綿」
戦後にかけて徐々に少なくなったとはいえ、
40種以上の地方品種が栽培されていたと言われています。
ところが21世紀を迎えた現在、「和綿」の生産が危機に瀕しています。
日本で加工される「綿」の大半が海外からの輸入品に置き換えられ、
在来種の種を守り続ける人たちも減り、日本固有の種が絶滅する状態にあるのです。

仕事着、着物、肌着、ふとん、手ぬぐいなど
古くから日本人とともにあって私たちの生活を支えてきた
「和綿」はどうして生産されなくなったのでしょう。

明治以降、日本で生産されるものより
安くて繊維の長い大量生産向きのコットンが
どんどん海外から輸入されるようになってきたのです。
しかし、私たちの生活を支えている外国産の綿の栽培には、
生産の工程で様々な農薬や除草剤が大量に使われています。
私たちが知らないところで綿の生産者は健康被害に苦しみ、
河川や土壌などに化学物質汚染をもたらしていたのです。

そうした現状に対してできることはなんだろう?

そう考えたところから「しあわせのコットンボール」プロジェクトが生まれました。

2007年、たくさんの方々の協力のもと
日本で初めての有機和綿からできたTシャツを完成させることができました。

その後、いくつかの繊維・アパレルメーカーさんと一緒に栽培を続けています。



A 里山再生事業




農林業の高齢化、後継者の不在、高経費低所得化などから
いま、日本の各地で里山が姿を消しています。

里山を保全する活動は全国で展開されていますが
資金・人材難などから満足な活動ができていないところが多くなっています。

年々山は荒れ、獣たちが増え、私たちの里山での農業や活動も、難しい課題に直面しています。

現在は、企業の支援はなく、栃木の県民税である元気な森づくりの補助を受けていますが
活動は厳しい状況にあります。



B ヨシの腐茎土(ふけいど)作り



渡良瀬遊水地周辺には、広く生い茂るヨシがあります。
かつて周辺地域では、燃料やヨシズとして活用されていましたが
現在では、その文化は縮小しつつあります。

ヨシの有効利用として、わたらせ未来プロジェクトとの共同により
ヨシの堆肥化を行っています。

ヨシの腐茎土は、植物の根の張りを良くし
土の中で何年も効果を発揮するといわれています。
また、水分を吸収しにくいため、
腐茎土作りには時間と手間がかかります。



Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:30 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)