CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今年の和綿栽培 | Main | 渡良瀬エコビレッジ収穫祭のお知らせ»
和綿畑より [2019年06月28日(Fri)]
和綿畑より。

毎年、毎年、いろんなことが起こる。
今年は種まきの時期に35度を超える気温。
そしてやっと雨が降ったと思ったら、20度以下の日々、と過酷であった。

正常であれば、
種まきしてから1週間ほどで出揃うワタの芽が、
今年は10日過ぎても2週間経とうとしても、気配があまりない。
全部の畑がそうではなかったが、
ちょうどタイミングが良くない時に蒔いたタネは、
それはそれは長い時間、土の中で自分の出るタイミングをジッと待って、
2週間過ぎたところで出てきてくれた…!それは、25度以上の晴天が続いた頃。

蒔いた量の割には出てきた数は少し少ない気がしたけれど、
ずっとやきもきしていたニンゲンとは違って、タネは冷静だ。

これからは草との競争になる。
写真は昨日撮ったものだけど、この時期としては小さい。

あぁ、気候が変わるにつれて、毎年、こういう不測の事象が起こるのか。
少し気が重い。
でも、もう少し、タネのちからを信じてあげないとダメなんだ、
と改めて思った今年の種まきでした。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント