CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ヨシの腐茎土作りもはじまりました | Main | きょうの和綿»
渡エコ×orgabits×MY LOHAS [2010年06月07日(Mon)]


NPOとして渡良瀬エコビレッジの活動が始まる前、

2002年から私たちは和綿栽培を始めました。

わずか40粒の種からのスタート。

2007年には、たくさんの方々の協力を得て

日本で初めての和綿Tシャツを作り上げることができました。




「日本で栽培した和綿で、すべて日本でTシャツを作りあげる」
プロジェクトに共感して、たくさんの企業がボランティアでご協力してくださいました。
また、栽培にも多くのボランティアの方にご協力いただきました。

まず、誰もが不可能だと思っていた和綿でTシャツを作る、ということを
実際に作ることができた、そのことが関わってくださった皆様にとっても
わたしたちにとっても意義があり、とても喜ばしいことでした。

そして、2007年以来、和綿をどうにかして、活かしたい、と
いくつかの企業さんといろいろな話をしてきました。
しかし、コストや和綿の収量を考えると、
現代ではとても採算が合うものではありません。
なかなか実現できることができず、3年が経ちました。
栽培も多くの労力がいりますし、収穫後の綿繰や管理も大変なことです。
このまま栽培を続けていけるのか、そんな不安が毎年心に過っていました。


しかし昨年末、ぜひ和綿を使いたい、と熱い気持ちで

渡良瀬エコビレッジに来訪してくださった企業がありました。

1841年、和綿の問屋さんとして始まった豊島株式会社です。

豊島株式会社が展開するオーガニックコットン商品ライン「orgabits(オーガビッツ)」と

渡良瀬エコビレッジの和綿がコラボすることになりました。

そして、そのコラボの様子を

オーガニックコンシェルジュ岡村貴子さんナビゲートで

和綿の栽培から追うプロジェクトがWEBサイト「MY LOHAS」に本日より掲載されています。

     

和綿と日本の伝統技術が生かせるような

素敵な和綿製品ができるはず…まだ何かはお楽しみ!です。

多くの皆さんにこのプロジェクトを応援していただけたら、とても嬉しいです。

今後の展開から目が離せない!そんなプロジェクトになるはずです。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント