CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しとしと冷たい雨 | Main | そして茶綿を収穫〜»
風物詩。 [2009年12月12日(Sat)]


昨日とは打って変わって、とんでもなくいい天気ですね太陽

年末、みなさん忙しくお過ごしですか?

わたしは結構長く、東京でひとり暮らししていましたが

その時はあまり年末の忙しなさ、というのを感じていませんでしたね〜

家族で一緒に住んでいる時の方が

年末って落ち着かないんですよね笑。

年賀状書いたり、お歳暮考えたり

おせち料理の準備したり、餅つきしたり、大掃除したり。

ひとりではまず、やらないですよね。


そして、我が家ではこの時期欠かせないのが

「たくあんを作る」ことですびっくり

大根を収穫して、天日干しさせて準備し、4斗樽に漬けます
(1斗約18リットル)

樽を洗って、天日で乾かし…

米ぬか(里山のお米のぬかを使用!)と塩を4:1の割合で混ぜて



下の板が見えなくなるくらいぬかを敷きます

塩分は上から下に落ちてくるので

下は少なめ、上は多めにぬかを敷きます


(理事長、服が変わってますが、暑くて脱ぎました)

空間ができないように、パズルのように大根を敷き詰めます

一段積んで踏んで、慣らしたら



ぬかをまいて、そして昆布とトウガラシにリンゴやみかんの皮を入れます



これを何回か繰り返し、口いっぱいになったら漬物石をのせます

うちでは30〜40kgくらいの重さの

地元岩舟石の漬物石を使っています(特注品!)

使い続けてウン十年…



漬けて1日目くらいは慣れるまで、重石を1個くらいにしておくそうです

これで20日くらい経てばおいしく食べられるはず…

お正月に食べられるように毎年漬けているのです^^


Posted by 渡良瀬エコビレッジ at 11:22 | 渡良瀬エコビレッジ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント