CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年10月15日

わくわくの里便り 10月号

わくわくの里便り
2013年10月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里

瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子


食欲の秋ですね。
たくさんの実りを美味しくいただいて身体を元気にし、冬に備えましょう。

インフルエンザの時期がやってきます。手洗いは感染対策の基本です。
しっかり手を洗ったと思っていても…実は、洗えていない!
こんなに洗い残しがあるんですよ。

さと10月1.gif

・30秒〜1分間は手洗いしましょう。
・効果的な手洗いは、70〜80%感染を抑えられます。

指の間、親指、爪の周り、手首は念入りに洗いましょう!


わくわくの里 学習コーナー
認知症にならないためにはA

毎日同じ時間に、寝て起きる
特に、起きる時間を一定にすると、体内時計がきちんと働いてくれます。
目覚めて明るい日差しを見た時間から14〜16時間経つと自然に眠くなってきます。

上手に昼寝をする
午後3時までに30分以内の昼寝は認知症の予防にもなります。それ以降の長い時間の昼寝は、夜の睡眠の質を悪くするので止めましょう。


今月の里アルバム

10月の壁飾りは色とりどりの紅葉です。
さと10月2.jpg

お隣のしらゆり幼稚園の運動会を見学に行きました。
さと10月3.jpg

瀬谷第二小の子供たちが町探検の途中に立ち寄りました。
さと10月4.jpg

今月の地域交流会は津軽三味線と歌謡ショーでした。迫力ある演奏とあま〜い歌声に皆さんうっとりでした。
さと10月5.jpg

さと10月6.jpg

毎回素敵な衣装で出演の佐々木勝美さんでした。


今月の予定

・10月地域交流会「歌声喫茶」
10月30日(水)14:00〜15:30 
参加は自由です。 
ぜひみなさんお越しください。お待ちしています。


ボランティア・スタッフ募集
お問い合わせ  045−300−0606  担当 飯塚・松下


わくわくの里便り10月号.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 14:13| Comment(0) | わくわくの里

2012年11月10日

わくわくの里では、鎌倉養護学校金井分教室から研修生を受け入れました。



10月1日から10月12日まで10日間、男子高校生1名がお年寄りのお世話をしました。
洗濯物を干したり、コップを洗ったり、ベランダを掃除したり、利用者の方と折り紙や散歩を一緒にしたり、一生懸命取り組みました。
お年寄りも若い人が来てくれて、とても喜んでいました。
posted by ワーカーズ わくわく at 14:39| Comment(0) | わくわくの里

2012年05月18日

「津軽三味線を聞く会」を開催します(わくわくの里地域交流会)

今月のわくわくの里での地域交流会は「津軽三味線を聞く会」です。るんるん
くつろいだ雰囲気の中で、地域の方であればどなたでも参加いただけます。
ささやかですが、お茶とお菓子もございます。喫茶店
皆さんの参加をおまちしています。

日時:2012年5月31日(木) 13:15-14:30
場所:わくわくの里(瀬谷区橋戸3-69-2)
参加費:100円
posted by ワーカーズ わくわく at 13:24| Comment(0) | わくわくの里

2012年04月09日

【お詫び】4/27歌声喫茶開催場所の訂正について

2012年4月27日(金)にわくわくの里で開催される
歌声喫茶の開催場所の住所が間違って記載されていました。
大変申し訳ありませんでした。

正しい住所は以下の通りになります。

修正後
わくわくの里 
住所:瀬谷区橋戸3-69-2

posted by ワーカーズ わくわく at 09:24| Comment(0) | わくわくの里

2012年04月06日

4/27(金)わくわくの里で歌声喫茶をします!

くつろいだ雰囲気の中で、地域の方であればどなたでも参加いただけます。
季節に合わせた歌集を使って、音楽を楽しみましょう。カラオケ
ささやかですが、お茶とお菓子もございます。

続きを読む・・・
タグ:イベント
posted by ワーカーズ わくわく at 09:37| Comment(0) | わくわくの里

2012年03月15日

わくわくの里に中国の留学生・NPOの方が見学に来られました。

3月10日、わくわくの里に3名の中国の方が見学にいらっしゃいました。
2人は日本の大学院で福祉を学んでいて、もう1名の方は
実際に中国で通所介護や、託老所を運営しているNPOの方でした。
中国は一人っ子政策が成功して人口の増加に歯止めがかかりましたが、
その分2人で4人の親を介護する未来がせまっており、
高齢化が進む日本に福祉の分野で学ぶことは多いそうです。
中国にはまだ介護保険制度はなく、小規模多機能型居宅介護が
どのように運営されているのかを見学していました。
posted by ワーカーズ わくわく at 17:57| Comment(0) | わくわくの里