CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年09月30日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年9月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子


さわやかな秋の訪れ
暑さもひと段落し、朝夕は涼しく過ごしやすくなりました。近所の公園には蝉の抜け殻が落ちていたと思えば、もうどんぐりの実が落ちていたり、吹く風が涼しさから少しずつ寒さへと変わり、新しい季節の到来を感じます。
澄んだ空の下で身体を動かしてみる、旬の食材を楽しむ、話題の小説を読んでみるなど、自分に合った秋の楽しみ方を探してみるのもいいですね。

スイカ割り〜
夏はすいかがおいしいですね。里では夏の風物詩、スイカ割りを利用者様と楽しみました。
みなさん笑顔で楽しまれて力を合わせて割ったスイカは、おやつに美味しくいただきました。

遊びに来てくれました
8月は夏休み期間中という事で、小学4年生の女の子3名が
遊びに来てくれました。紙芝居の練習をして発表してくれたり、一緒
に塗り絵をしたり、みなさん温かい笑顔でお孫さんを見守るような
まなざしで楽しそうでした。子どもたちとの交流は、気分もリフレッシュされて
長生きの秘訣かもしれませんね。

地域交流会
8月20日は『歌声喫茶』でした。
盆踊りの曲を中心に、炭坑節や花笠音頭で皆さん
自慢ののどをならしました。ピアノの伴奏に合わせて利用者様がハーモニカ演奏するという場面もあり、大変に盛り上がった地域交流会となりました。

今月の健康情報
これからが危ない秋の食中毒!
夜の暑さがやわらいで、秋の気配を感じる季節になりました。食中毒は以外にも夏より秋の方が多く発生しているのです。今回は秋に食中毒が多い理由とその対策を紹介します。

○1免疫力の低下
秋は夏バテによる体力の低下や、冷房・冷たいものの摂り過ぎで消化器官が弱くなっているので、免疫力も下がっています。ちょっとしたことで病気にかかりやすくなっています。
<対策:> ・栄養、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活を心掛けましょう。

○2菌が付着した魚を食べる
サンマなど秋が旬の魚は要注意です。魚にも付着する腸炎ビブリオ菌は秋に一番繁殖します。カキなどの二枚貝やフグを食べる時も十分気を付けましょう。
<対策:> ・できるだけ生食は避け、よく水洗いし、十分加熱(中心温度85度以上)してから食べる。
・調理器具は常に清潔にし、調理前後はしっかり手を洗う。
・新鮮で安全な食材を使い、消費期限内に食べる。

○3野外で食事をする機会が増える
  秋は行楽シーズンで、運動会やキャンプなど野外で食事をする機会が増えます。まだ日中は20度を超えますが夏より涼しくなっているので、食べ物の調理、保管方法を誤ってしまいがちです。
<対策:> ・十分に加熱し、容器に詰める時は粗熱を取る。
      ・野外に弁当を保管する時は、直射日光を避け常温で2時間以上持ち歩かない。

○4味覚狩りのシーズン
  キノコ狩りのシーズンですが、専門家でも見分けにくいよく似た種類が多くあるので、毎年キノコ類などの自然毒による食中毒が多くなります。
<対策:>  ・専門知識や経験を持つ人と同行し、毒性のキノコを採らないようにしましょう。


わくわくの里だより2015年9月.pdf



posted by ワーカーズ わくわく at 11:15| Comment(0) | わくわくの里

2015年08月31日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年8月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子


暑い夏がやってきました
梅雨も明け、本格的な夏を迎えました。蒸し暑い日が続く中セミの声がとても賑やかに響き
ます。外出時はもちろん家の中に居ても汗はたくさんかきますので、十分な水分補給とエアコン
等を使っての室内温度調節を行い、熱中症に気を付けましょう。

わくわくの夏祭り
7月17日(金)に里では初めての夏祭りを開催しました。たくさんの利用者様とご家族様
にご参加していただき、夕食はカレーライスをいただきました。
ギター演奏に合わせて夏の歌を皆さんで唄ったり、紙芝居『金色夜叉』にあわせた職員による
芝居に大いに盛り上がりました。

日が落ちてから外に出てみなさんで花火を楽しみました。今回の夏祭りには、瀬谷中学校
3年生の男子1名がボランティアで参加していただきました。夏の思い出の1ページとして
毎年の実施を目指していきたいと思います。

職業体験がありました
7月2日(木)原中学校の2年生3名が里に職業体験に来ました。今回の体験を通して社会で働くことについて学ぶことができたようです。

游鼓(ゆうつづみ)演奏会
7月25日(土)に、プロを含めた和太鼓集団による演奏会が行われました。普段はなかなか見ることの出来ないプロの迫力ある演奏に、皆さん手拍子をしながら大変喜ばれていました。実際に太鼓に触れて叩いてみる場面もあり良い体験ができました。

しらゆり幼稚園さんの歌コーナー
今月は「気球に乗ってどこまでも」他を歌ってくれました。8月はお休みで、次回は9月です。

今月の健康情報
『熱中症について』
熱中症とは、体温を調節する機能がコントロールを失ってしまって、体温がどんどん上昇し
てしまう状態です。身体が暑さの慣れない頃が一番危険ですが、最近の夏の暑さは厳しいので
継続して注意が必要です。

熱中症の段階
大量の汗、めまいや立ちくらみ、手足のしびれ、こむら返り
          ↓
頭痛、吐き気、嘔吐、身体のだるさ、力が入らない
          ↓
返事がおかしい、まっすぐ歩けない、身体が熱い、意識障害
          ↓
          死

頭痛や身体のだるさを感じ始めたら、病院に受診して点滴してもらう必要があります。
「ちょっと体調がおかしな」「少し気持ち悪い」と思っているうちに、症状が進んでしまうことがあります。予防と早めの対処が必要です。


予防するには…!!
@暑さを避けましょう
Aこまめに水分を補給しましょう
B十分な体調管理をしましょう

頭痛や身体のだるさを感じ始めたら、病院に受診して点滴してもらう必要があります。
「ちょっと体調がおかしな」「少し気持ち悪い」と思っているうちに、症状が進んでしまうことがあります。予防と早めの対処が必要です。

熱中症かもしれないと思ったら...
@風通しのいい日陰やクーラーが効いている場所へ移動しましょう
A衣類をゆるめて休みましょう
B身体を冷やしましょう
C水分や塩分を補給しましょう
D意識がない場合や症状が良くならない場合は、すぐに救急車を呼びましょう


わくわくの里だより2015年8月.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 11:02| Comment(0) | わくわくの里

2015年07月24日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年7月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子

梅雨明けから夏本番

梅雨も後半でジメジメした日が続いています。この次期に咲く色とりどりの紫陽花も
満開です。ご近所をお散歩しながら眺めるのも楽しいですね。
梅雨が明けると暑さの厳しい毎日が続きますので水分補給をこまめにし、室温調整
をして熱中症を予防しましょう。

里では、毎年恒例の梅ジュースを作りました。美味しく出来上がるのが楽しみです。
そして七夕では短冊に願い事を書き笹の葉に飾りました。
色々な願い事がありどれも叶うといいですね。

外食レクレーション
今回は『夢庵』で昼食を食べました。
参加希望の利用者様を4日間にわけてお連れしました。
食べたい物を自分で選び
美味しい料理に大満足されていました。

六月の地域交流会
訪問リハビリ・メディエンスの本多先生による健康体操です。
タオルを使った体操や自宅でできる体操を教えていただき、みなさん一生懸命取り組まれていました。

外部評価 利用者様アンケート報告が出ました!
全般に高い評価をいただきましたが、改善点のご指摘もありました。今後のサービス向上に
一層努力していきたいと思います。アンケートのご協力ありがとうございました。

6/2 避難訓練が行われました
今回の出火元は台所の設定でした。台所は燃え移りが早い
ので初期消火が大切ですが、消火出来ない時はパニックに
ならず119番をしましょう。あせらない事が大切です。
室内では消火器の使い方を教えていただき、
外では実際に消火器を使った体験をしました。

しらゆり幼稚園さんの歌コーナー
今年度は幼稚園さんのご協力により、毎月1回来所して歌を披露してくれます。
6月は年長さんの元気で大きな歌声で「ドレミの歌」、「かえるのうた」を歌ってくれました。
7月はどんなうたを歌ってくれるか楽しみです。

お知らせ
橋戸南公園の夏祭り
(7月17日)に、
わくわくの里では駄菓子の詰め合わせの販売を
する予定です。

7月25日(土)14時〜15時まで
プロを含めた和太鼓集団『游鼓(ゆうつづみ)』演奏会!
をわくわくの里で行います!
なかなか聞けないプロの演奏をこの機会にぜひ楽しんでください。

今月の健康情報
お口の検診をしました
6月は虫歯予防月間ということで、訪問歯科に利用者様のお口を診てもらいました。全体的にお口の中をきれいにされている方が多く、義歯も丁寧に使っている方が多い
印象を受けました。昼食の様子もみてもらい、「わくわくの里では姿勢よく召し上がっている方が多い」と評価もいただきました。
また、その方にあった食事形態や義歯の扱い方なども丁寧に教えていただきました。訪問歯科への治療につながった方もいらっしゃいます。
職員もそれぞれの利用者様にあった効果的な歯磨き方の仕方や義歯の洗い方なども勉強しました。昼食後の口腔ケアに生かしていきたいと思います。
これからも利用者様に健康で楽しく毎日を過ごしていただくために、質の高いケアを提供していけるよう努力していきます。


わくわくの里だより2015年7月.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 10:07| Comment(0) | わくわくの里

2015年06月19日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年6月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子


水無月 梅雨を前にして

衣替えに、梅干し作り…。6月の行事は、季節の移り変わりを感じさせます。蒸し暑さを感じることも多くなりました。梅雨の季節を前に、暑さ対策、紫外線対策、エアコンなど夏物家電の点検をするなど、充分備えて、楽しい夏を迎えましょう。

お買いものツアー
わくわくレクリエーションの一つ、お買いものツアーに、希望される方々と行ってきました。ツアー先は、ひなた山ローゼン。皆様、思い思いのお店でお買い物を楽しまれました。フードコート内の「たい焼き」で一休憩。「普段、なかなか外出できないので、いろいろ買い物できて良かった。」や、「いつもより歩いたせいか、たい焼きが美味しく食べられた!」と好評でした。

法人総会のご報告
5月16日(土)、NPO法人ワーカーズわくわくの定期総会が、パートナー瀬谷にて行われました。各事業部門の2014年度活動報告、2015年度の活動方針、並びに決算報告、予算案等5議案について、いずれも了承されましたことを報告させて頂きます。

お知らせ
6月の地域交流会は
「健康体操」。
是非お越し下さい。
日時:6月19日(金)
14:00〜
講師:株式会社メディエンス
本田一男(はり師・きゅう師・
あん摩マッサージ指圧師)

今月の健康情報
6月4日〜10日は歯とお口の健康週間です!
日頃からしっかり口腔ケアを行っていれば、歯の寿命を延ばすことができます。
何歳になっても「元気に会話ができる」「美味しく食事ができる」ことを楽しみましょう。


健康な歯を保つために
★歯ブラシで歯の食べカスや細菌を落とす。
★狭い隙間にはデンタルフロス、広い隙間には歯間ブラシを使う。
★マウスウォッシュでうがいをする。
★年に1〜2回定期健診を受ける。

こんな症状は要注意
★口臭:
きつい口臭は口の中の汚れが原因。膿のようなにおいは、虫歯や歯周病の可能性があります。
★話し方や食べ方:
入れ歯が外れやすくなった。噛みづらい、ムセやすくなった、食が細くなった、言葉がはっきりしなくなったなどがあれば、口のトラブルが原因かもしれません。
★体力:
体力がなくなると口の中の細菌が増えやすくなります。

食中毒にご用心
暑くて湿度が高い季節になりました。食中毒に気を付けましょう。主な症状は吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などです。食中毒を起こす細菌が食べ物の中で増えても、味や臭いは変わりません。調理前からしっかり予防に努めて、食中毒にかからないようにしましょう。

食中毒予防の3原則
その1:菌をつけない!
★手洗いは石けんを使ってこまめに洗う。
★肉、魚専用の包丁とまな板を使う。
★手拭きタオルや布巾はこまめに取り替える。

その2:菌を増やさない!
★食品は冷蔵庫に保管する。
★調理後すぐに食べる。

その3:菌を殺す!
★よく加熱する
(75℃で1分以上)。
★器具は台所用漂白剤や熱湯で消毒する。


わくわくの里だより2015年6月.pdf


posted by ワーカーズ わくわく at 10:45| Comment(0) | わくわくの里

2015年05月18日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年5月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子

初夏の陽気に誘われて
今年のゴールデンウィークは天候に恵まれました。早くも初夏を思わせる日差しが続いています。気温の変化に体調の管理が難しいこの時期、衣類の調節やこまめな室温のチェックで快適に過ごしたいものです。
5日は子どもの日、10日は母の日。家族のことを思う5月です。


わくわくの里Q&A
今回は、わくわくの里に関する「?」にお答えします。

Q:わくわくの里って、どんなところですか?
A:様々ある介護サービスの中で、「小規模多機能型居宅介護」と言われるものです。利用される方々のご希望に応じながら、里への「通い」を中心に、短期間の「泊り」、ご自宅への「訪問」を組み合わせたサービスです。4月から介護報酬改定に伴って利用料金に変更がありました。詳しくは、お尋ね下さい。

Q:わくわくの里には、どのような職員が働いているのですか?
A:管理者の他、介護支援専門員(ケアマネージャー)、看護師、介護職員です。  
様々な年齢層の職員が、特技や個性を生かして働いています。

端午の節句
5月5日は端午の節句。節句に合わせて、利用者の皆様と職員が一緒に柏餅を作り、おやつにいただきました。薄ピンクの生地に味噌餡をくるみ、柏の葉を包んで完成。季節の行事を楽しみました。


今月の健康情報
眼の健康 ドライアイにご用心
春は花粉や黄砂などによって、眼の表面が刺激されてかゆみや痛みなどのトラブルが多くなる季節です。ドライアイとは、涙の質や量が低下して眼の表面を潤す力が低下してしまう状態のことを言います。空気の乾燥、コンタクトレンズ、まばたきが少ない、加齢、不規則な生活などが原因です。

ドライアイを予防するには…
◆眼を使いすぎない
長時間同じ作業をする時は、時々眼を閉じたり、遠くを見たりして眼を休めましょう。
◆意識的にまばたきする
まばたきの回数が減ると、眼が渇きやすくなります。眼の周りをマッサージするのも効果的です。
◆空気の乾燥に注意する
定期的に換気したり、加湿器を使いましょう。
◆眼に負担がかからない環境づくり
テレビやパソコンなどの画面を見下ろすようにすることで、眼の負担が軽減されます。
◆眼に異物が入らないようにする
メガネやサングラス、帽子を使いましょう。
◆規則正しい生活をする
睡眠不足やストレスは自律神経の働きが悪くなり、涙の質や量が低下してしまいます。疲れを感じたら、無理せず休息しましょう。


認知症チェック
毎日の生活の中でチェックできます。いくつかご紹介しましょう。
チェック1:最近、身の回りで起きた出来事について思い出せますか?
チェック2:今日は何月何日でしょう?今いる場所はどこですか?
チェック3:計算します。 
100−7=答え@ →答え@−7=答えA →答えA−7=答えB
このように“7”を引いていきます。
チェック4:3つの単語(例、桜・ミカン・飛行機など)を覚えてください。
数分後、先ほど覚えた単語を思い出してください。

わくわくの里だより2015年5月.pdf
posted by ワーカーズ わくわく at 11:35| Comment(0) | わくわくの里

2015年04月16日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年4月 

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子


春、“新しい”季節です
寒さの中に、少しづつですが暖かい日が増えてきました。暖かさに誘われてこぶしやチューリップといった草花も芽吹き、咲きはじめました。また、この季節は雨も多いのが特徴です。菜の花の咲く頃に降る長雨を「菜種梅雨」、二十四節気では20日前後を「穀雨」と呼び、穀物を潤し、成長を助ける雨といわれているそうです。
4月といえば、桜、入学式…。新生活を始められる方も多いでしょう。新しいことを始めてみたくなる季節になりました。

満開の桜の下で
桜が満開とのことで、瀬谷の宗川寺(そうせんじ)までお花見に出掛けました。
 この桜、樹齢は何年になるのでしょうか?とても見事な桜の下で記念写真をとりました。皆さん素敵な笑顔です。
 桜のお花見は、一年に一回、この季節ならではのお楽しみ。早くも来年の桜が気になります。

わくわくの里・今年度の取り組み
いよいよ新年度。わくわくの里では、新たな目標を立て、サービス・質の向上を目指して参ります。
これまでも、職員の質を高めるための、内部研修(感染症対応、認知症の方への接し方等)、職員による各検討委員会の設置(事故防止・リスク対策、下肢筋力向上、衛生、行事等)、自治会の方々のご協力を得ての防災訓練実施に取り組んで参りました。
地域交流をより一層進め、ご利用者の皆様、ご家族様の健やかな毎日をお支えし、「あって良かったわくわく」と言って頂けるよう、新たな目標とともに努めて参ります。
瀬谷産の新鮮野菜もお楽しみに。


今月の健康情報
春はメンタルの乱れに要注意!
春は気温の高低差や、新しい環境になったり、「変化」の多い季節です。心身がその変化に対応できず、いつの間にかストレスが強くなっていることもあるので、注意が必要です。

心のバランスを整えるには
■生活のリズムを整える。
■栄養のバランスが良い食事をとる。
■休養をとる。
■体温調節をしっかり行う。

チェック!
こんな時はちょっと立ち止まって
□不安や心配が頭を離れない。
□すぐ疲れる。
□食欲が無い、または過食してしまう。
□何事にも楽しめない。
□寝つきが悪く、またはよく眠れない。
□だるさが続く。
チェック!
こんな時はちょっと立ち止まって

物忘れと認知症の違い
〜物忘れ〜
□行為や出来事の一部を忘れる。
□忘れたことを「忘れていた」と自覚できる。
□時間や場所がわかる。

〜認知症〜
□行為や出来事そのものを忘れる。
□作り話でつじつまを合わせようとしている。
□時間や場所がわからなくなっている。

もしかして認知症かもしれないと思ったら、早めに受診しましょう。
早く受診することで、進行を遅らせることができます。

わくわくの里便り4月号.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 10:53| Comment(0) | わくわくの里

2015年03月14日

わくわくの里だより

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里

瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子

2015年3月 梅号
梅は咲いたか 桜はまだか

お天気が安定しない3月ですが、一雨ごとに着実に春がやってくる季節になりました。花粉症、春の大雪と、まだまだ気の抜けないこの頃ですが、梅が見事に咲き始めています。お花見も、もうじきです。

ひなまつり
3月3日は、ひな祭り。利用者の皆様と桜餅(道明寺)を作り、美味しくいただきました。ひな祭りにちなんだ歌を歌い、里では一足早く春が来たようでした。
sato1503-3.jpg

ノロウイルス対策への取り組み
秋から春にかけて、ノロウイルス感染の危険が高まります。里では、毎年、ノロウイルス感染者が出た時を想定して、職員が迅速・的確に対応できるよう、訓練を行っています。訓練後は、改善するべき点がないか検討し、職員間で共有しています。
 今後とも、利用者の皆様が健やかに、安心して里でお過ごししていただける努力を続けてまいります。
sato1503-4.jpg
sato1503-5.jpg

お知らせ
3月の地域交流会は「歌声喫茶」です。
日時:3月30日(月)
14:00〜15:30


健やか情報 −第12話−
今年も花粉症対策を万全に!
 今年も花粉症の季節がやってきました。しっかり対策して、少しでも快適な花粉症シーズンを過ごしましょう。

≪花粉症の症状は…≫
●くしゃみ、鼻水、鼻づまり
●眼のかゆみ、涙目、眼の充血
●咽頭のかゆみ
●顔や首の肌荒れ、皮膚炎
●頭が重い、頭痛、だるさ、熱っぽい、寒気、イライラする、消化不良、食欲不振などの全身症状

≪実践したい対策≫
●飛散量の多い日はマスク・メガネ・帽子をしましょう。
●つるつるした生地の服装で外出をしましょう。
●帰宅時、玄関先で衣類や髪についた花粉を払いましょう。
●帰宅後は、うがい、手洗い、洗顔をしましょう。
●洗濯物や布団は部屋干しの方が良いです。
●室内の湿度は40%〜60%を目安に。
●掃除は拭き掃除→掃除機の順で行いましょう。

健康な歯をいつまでも
年齢を重ねて歯が抜けてしまうのは、老化現象の一つだと思われがちですが、ほとんどは虫歯や歯周病によるものです。中でも、歯周病は認知症や心臓病など、全身の健康に悪影響を及ぼします。歯の健康をいつまでも保つことは、全身の健康を守ることにつながります。
≪歯を健康に保つコツ≫
●栄養バランスのとれた食事   ●何でもよく噛んで食べる
●食べたらすぐ磨く習慣をつける。●歯科で歯石の除去や虫歯の治療をする。

≪お口の中をチェック≫
次のような症状があったら、歯科医に相談しましょう。
●朝起きた時に口の中がネバネバする。●歯磨きの時に出血する。
●硬いものが噛みにくい。      ●口臭が気になる。
●歯肉が時々腫れる。        ●歯がグラグラする。
●歯肉が下がって歯と歯の間に隙間ができる。

梅、桜、菜の花…。卒業や入学の季節にお花が彩りを添えてくれます。

里だより2015年3月号.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 13:49| Comment(0) | わくわくの里

2014年09月17日

わくわくの里だより

わくわくの里だより

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子

2014年9月 コスモス号

もうすぐ秋です

猛暑の8月が終わり、朝夕がだいぶ涼しくなってきました。9月は、お月見、敬老の日、秋分の日(お彼岸)と季節の行事がたくさんあります。
安定した秋空はもう少し先になりそうです。季節の変わり目ですので、衣服の調節など工夫して、秋を迎えたいものです。

わくわく「くつろぎサロン」へ是非どうぞ!

ワーカーズわくわくでは、「くつろぎサロン」を開いて、地域の皆さんがふらっと立ち寄れる場、交流する場を設けています。
サロンでは、様々な催しを企画しているほか、日々のちょっとした困りごとの無料相談も行っています。
詳しくは、わくわくの里、ワーカーズわくわく本部までお尋ね下さい。

sato201409-1.jpg

村上敬隆先生(行政書士)による
わくわくよろず法務相談
開催日:毎月第2火曜日 13時〜16時
相談料:無料

例えば…
 子供に財産を相続させたいのだけど…。
 「遺言」ってどうやってするの?
 最近聞く「成年後見制度」って何?
 離婚問題がこじれてしまって…。 等々

日常のちょっとした困りごと、わかりにくい法律の話など、お気軽にご相談下さい。

フラガール&少林寺男子登場!

8月の地域交流会は「フラダンスを楽しもう」でした。そこに登場してくれたのは、フラガールと少林寺男子。皆様の前で、かわいいフラダンスと、凛々しい少林寺拳法の型を披露してくれました。

sato201409-2.jpg

sato201409-3.jpg


健やか情報 −第6話−

今回は「歯磨きの方法」です。
歯磨きには、ポイントがいくつかあります。しっかり押さえてお口の健康を維持していきましょう。

ポイントその1 磨くところ
歯と歯茎の境目を意識して磨きましょう。表面は意識しなくても磨ける部分なので、特に歯と歯茎の境目を意識して磨くだけで、まんべんなく磨くことができます。

ポイントその2 磨く順序を決める
磨き忘れを防止するために、磨く順番を決めておきましょう。一筆書きの要領で、順番に磨くと磨き残しを防止できます。

ポイントその3 力加減
桃の皮を傷つけないで磨くイメージで、力を入れ過ぎないようにします。歯ブラシを大きく動かし過ぎないよう磨きましょう。


秋といえば…芸術の秋、読書の秋、やっぱり食欲の秋ですね。


里だより2014・9月号.pdf



posted by ワーカーズ わくわく at 10:38| Comment(1) | わくわくの里

2014年07月08日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2014年7月 朝顔号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子

願いごとがかないますように

 雨が降ったかと思えば、雲の間から太陽が時々顔を出す毎日です。蒸し暑さは相変わらずですが、日差しの強さは、夏本番を感じさせます。

 わくわくの里では、七夕飾りを作りました。今年は大きな「吹き流し」です。絞り染め、玉飾り、輪飾りと、ご利用者様が作った一つ一つの力作が合体して、見事な作品になりました。

sato201407-1.jpg

sato201407-2.jpg

sato201407-3.jpg


〜お知らせ〜
夏祭り(7月18日)に出店します!
毎年ご好評を頂いている“冷やしきゅうり“のほか、今年は、手作り“水羊羹”、“パンナコッタ”、“チョコレートプリン”を販売する予定です。
お楽しみに!

梅ジュースをつくりました
 6月といえば、梅。わくわくでは、今年も梅ジュースを作りました。
 作り方はシンプルです。洗った梅の実に、細かい穴をあけます。瓶の中に梅、氷砂糖、酢を入れ、時折かき混ぜます。
 水や炭酸水で割って飲むと、梅の香りが口の中に広がり、爽快感抜群です。
 数週間後の出来上がりが待ち遠しいです。

sato201407-4.jpg

sato201407-5.jpg

介護サービス「評価」結果が届きました
 地域密着型介護サービス事業者は、定期的に、外部機関による「外部評価」と、ご利用者様、ご家族様による「利用者評価」を受け、その結果を公表しています。
 「評価」を受けることにより、事業所は自らの介護サービスの質向上を図る機会となります。また、結果の公表は、皆様のご希望にかなうサービスの選択を支援する目的があります。
 このたび、評価結果が外部機関より届きましたので、ご覧になりたい方は、里の職員までお声掛け下さい。
 今後とも、わくわくの里のサービス向上、並びにご利用者様、ご家族様のご期待にそえるよう、一層の努力をして参ります。

sato201407-6.jpg

健やか情報 −第4話−
●“うがい”のおすすめ
 飲食後の歯磨き習慣は大事ですが、実は歯磨き前の“うがい”が、洗浄効果の向上と、歯を守る上で最も重要なプロセスです。
 酸性度やアルカリ性度の高いものを食べたり、飲んだりした後に歯磨きを行うと、歯の表面を傷つけてしまうことがあります。これを未然に防ぐ為には、一旦“うがい”をして口腔内の酸の数値(Ph・ペーハー)を薄め、低下させておくことが有効です。
また、“うがい”は、食べかすや雑菌を洗い流し、口臭を低下させる効果もあります。

●歯科検診の結果
 6月は虫歯予防月間として、ご利用者様に歯科検診を受けて頂きました。
 お口の中の状態を診てもらうことで、治療の必要性だけでなく、歯間ブラシなどの道具の使い方、お口の状態にあった食事形態など、個々に合わせたケアの方法を教えて頂きました。
 わくわくの里では、今後ともご利用者様に健康で長生きして頂くために、引き続き口腔ケアに力を入れていきたいと思います。

そろそろ台風の季節です。気象情報に十分ご留意を。


里便り2014・7月号.pdf


posted by ワーカーズ わくわく at 15:50| Comment(0) | わくわくの里

2014年06月09日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2014年6月 あじさい号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子

梅雨です
6月といえば、「衣替え」、そして「梅雨」でしょうか。11日は「入梅」(にゅうばい)。暦の上での梅雨入りです。
ムシムシ、ジメジメ、気分が滅入りがちな日々が続くなか、雨粒のかかったあじさいは、色も形も様々あって鮮やかさが増し、目を楽しませてくれます。
熱中症のニュースも気になるところです。夏に備えて、暑さ対策もお忘れなく。

外食レクに行って来ました!
お好きなものを選んで食べに行こう!ということで、恒例の外食レクリエーションを企画しました。希望する利用者の皆様と、今回はファミリーレストランへ。
さて、何を食べようか、メニュー片手に悩みに悩み(?)、大満足で帰ってきました。

〜皆さんが選んだメニューから〜
酸辣湯麺(サンラータンめん)
sato201406-1.jpg

日替わりランチ(ハンバーグセット)
sato201406-2.jpg

ランチの最後はデザート!
sato201406-3.jpg

運営推進会議のご報告
2014年度初めての運営推進会議を5月14日(水)開催しました。
 今年度は、橋戸自治会長、副会長、民生委員、ご家族代表、下瀬谷地域ケアプラザの皆様に委員をお願いしています。
 今回の会議では、瀬谷区福祉保健センター高齢支援担当大氣様も参加され、「在宅生活を継続するためには」をテーマに話し合いを行いました。

運営推進会議とは… 
 地域との連携やサービスの質向上のため、2ヶ月に1回会議を開催することになっています。
 会議では、委員の皆様からのご助言・ご要望をお聴きしたり、日頃の活動内容をご報告しています。

健やか情報 −第3話−
●6月は、虫歯予防月間です。(利用者様対象です)
今年も、こうご歯科さんに、お口の中を診て頂けることになりました。この機会に、お口の健康を専門的にチェックしてもらいます。
実施日は以下を予定しています。
6月6日(金)、10日(火)、17日(火)、20日(金)

●わくわくの体操 「下肢筋力をアップして健康に」
里では、昼食前に行う「口腔体操」のほかに、毎日午後1回利用者の皆様と「下肢筋力向上体操」をしています。
足や腰だけでなく、上半身のバランスや注意力を向上させることにより、転倒や骨折を防ごうというものです。
“千里の道も一歩から”。少しずつ、無理をしない程度に続けることがポイントです。
sato201406-4.jpg

↓ ↓ ↓

sato201406-5.jpg



来月は七夕です。織姫と彦星が出会えますように


里便り2014・6月号.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 16:44| Comment(0) | わくわくの里