• もっと見る

2015年10月19日

わくわくの里だより

わくわくの里だより
2015年10月号

小規模多機能型居宅介護
わくわくの里
瀬谷区橋戸3−69−2
045−300−0606
発行責任者 飯塚陵子


爽やかな風と深まる秋
きんもくせいのいい香りが爽やかな風に乗り、深まりゆく秋を感じる季節になりました。
秋風が気持ち良いですがこれからどんどん肌寒くなりますので、体調を崩さないように引き続き気をつけてください。また、天気の良い日には皆様もぜひ行楽の秋、味覚の秋をお楽しみください。

外食レクレーション
9/15〜18の4日間にわたり、ご希望の利用者様を瀬谷区内にある、『華屋与兵衛』に行って来ました。
皆さん、たくさんあるメニューの中から食べたいものを選んで、出てきた料理を目で楽しみながら、美味しくいただきました。大満足のご様子でした。
メニューを選ぶことは脳の刺激にもなり良いことです。
次回の外食はどこへ行くのか楽しみですね!

敬老の日
9/21敬老の日の昼食では『敬老祝御膳』が提供されました。皆さん、お赤飯は久しぶりと言っていて大変喜ばれていました。
里からささやかですが、「舌ブラシ」をプレゼントさせて頂きました。(昼食後の口腔ケアに使いたいと思います。)
お口の健康は身体の健康につながります。

しらゆり幼稚園さん 歌コーナー
今回は年中さんが来てくれ大きな声で、『がんばりマン』と『さんぽ』を唄ってくれました。

避難訓練
今回は地震を想定した避難訓練を行いました。地震が来た時どのようにして自分の身を守るか
地震対策と対応方法を利用者様と話し合いました。
各ご家庭でも防災について話し合い、いざという時に備えておくと良いですね。


〜地域交流会〜
職員による『どじょうすくい』が披露され、踊りの表情や動作の奥深さを感じながら、みなさん楽しまれました。

今月の健康情報
〜喘息発作は秋に起こりやすい!〜
この時期は気候の変化が激しく、急激に気温が下がったりすることで風邪を引きやすくなり、
喘息症状が出やすくなります。喘息の症状は、息切れ、白いたん、喉がヒーヒーとなる、夜中の激しい咳などです。今回は、秋に喘息が起こりやすい理由とその対策を紹介します!

1.ハウスダストの増加
 秋はダニの死骸やふん(=ハウスダスト)が1年で一番増加します。
 このハウスダストを吸い込むことで、喘息発作が悪化します。

《対策》 ・寝具は1週間に一回は洗い、布団は天日干しをして干し布団たたきで叩かない。
     ・床はモップ系で拭き掃除してから、窓を開けて掃除機をかける。
     ・エアコン運転開始の10分間は窓を開けて運転する。
     ・風のない日には、家中の窓を開けて換気する。

2.気象の変化
 秋の気温の急激な変化は、身体のバランスが乱れるため、喘息発作が
 悪化しやすくなります。

《対策》 ・天気予報をこまめにチェックする。
     ・脱ぎ着しやすい服装にして、こまめに衣類で調整する。

3.秋の花粉症
花粉症も喘息発作の原因となります。
 
《対策》 ・花粉の種類や飛散する時期を示したカレンダーを参照し、外出の計画を立てる。
     ・花粉の飛散が多い日は、帽子・マスクをして花粉症対策をする。

   『喘息と季節の関係性を知り、悪化予防に努め、秋を健康に過ごしましょう!』


わくわくの里だより2015年10月.pdf

posted by ワーカーズ わくわく at 11:20| Comment(0) | わくわくの里
この記事へのコメント
コメントを書く