CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 消費税(経理担当者) | Main | 事務所について»

2020年01月16日(Thu)

不動産の寄付H

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

空き家を寄付した場合の課税関係について述べていきます。

空き家を寄付した場合に、空き家に含み益があれば、原則としてみなし譲渡課税がかかります。

措置法40条の適用を受けることで非課税になることもありますが、措置法40条の適用を受けなくても、空き家の3,000万円の特別控除を受けることで、非課税になることもあります。

今日は、空き家の3,000万円の特別控除がどのようなものなのかを見ていきます。

参考にしたのは、三井不動産リアルティの下記のホームページです。

https://www.mf-realty.jp/tebiki/mtebiki/11-8.html

このホームページの説明を青字、これを「寄付をした場合」と読み替えたときの解説を黒字と赤字で加えています。

続きを読む・・・

2020年01月15日(Wed)

不動産の寄付G

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

今回は、空き家を寄付した場合の課税関係について述べていきます。

続きを読む・・・

2020年01月13日(Mon)

不動産の寄付F

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

今回は、賃貸用不動産を寄付した場合の課税関係について述べていきます。

続きを読む・・・

2020年01月12日(Sun)

不動産の寄付E

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

前々回、前回と、不動産の寄付が、認定NPO法人などの税制優遇団体であった場合の、寄付金控除とみなし譲渡課税の関係について見てきました。

今回は、みなし譲渡課税が非課税になる租税特別措置法40条を使った場合の寄付金控除との関係を見ていくことにします。


続きを読む・・・

2020年01月11日(Sat)

不動産の寄付D

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

前回、不動産の寄付が、認定NPO法人などの税制優遇団体であった場合の、寄付金控除とみなし譲渡課税の関係について見てきました。

今回は、居住用財産を認定NPO法人等など税制優遇団体に寄付をして3000万円の特別控除を使った場合の寄付金控除とみなし譲渡の関係を見ていきたいと思います。

続きを読む・・・

2020年01月10日(Fri)

不動産の寄付C

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

前回、居住用財産の寄付をした場合には、3000万円の特別控除が使えるため、あえて措置法40条を使わなくても非課税になるケースも多いのではないかということを述べました。

今回は、不動産の寄付が、認定NPO法人などの税制優遇団体であった場合の、寄付金控除との関係について見ていきたいと思います。

まずは、居住用財産の3000万円の特別控除を使わない場合について見ていきます。
続きを読む・・・

2020年01月09日(Thu)

不動産の寄付B

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

前回から、居住用不動産を寄付する場合について見ています。

従来は、居住用不動産の寄付を受けて措置法40条の非課税規定を使うのは難しかったが、特定買換資産の特例ができたことで、受贈法人が、基金を設定し、その基金内で不動産を受け入れて株式等に買換えれば、非課税を継続できるということを述べました。

しかし、この特例を使うためには、売却収入をすぐに公益目的事業の用に供することが難しいことや、今後も継続して買換えた株式を保有していなければいけないなど、制約があります。

多少の含み益であれば、あえて特例を使わずに、みなし譲渡が非課税になる方法があります。

それを今回は紹介します。


続きを読む・・・

2020年01月08日(Wed)

不動産の寄付A

不動産の寄付をした場合の課税関係について見ています。

前回は、みなし譲渡課税の説明と、みなし譲渡課税が非課税になる租税特別措置法40条の説明をしました。

今回は、租税特別措置法40条の適用を受けて非課税になる、不動産の寄付について、どんなことが考えられるのか、居住用不動産の寄付、賃貸用不動産の寄付、空き家の寄付の3つに分けて見ていきたいと思います。

今回は、居住用不動産についてです。

続きを読む・・・

2020年01月07日(Tue)

不動産の寄付@

年末に発表された税制改正大綱に、認定NPO法人に租税特別措置法40条の承認特例と特定買換資産の特例が認められたことがあったため、この承認特例と特定買換資産の特例について、具体的にどんな場合に適用があり、どんな場合に適用が難しそうなのかを考えています。

年末までに12回も書いたので、もう終わりにしようかと思っていましたが、不動産の寄付について、もう少し詳しく書きたいと思ったので、テーマを変えて、「不動産の寄付」というテーマで書きたいと思います。


続きを読む・・・

2019年12月31日(Tue)

承認特例と特定買換資産の特例K

2020年度の税制改正大綱の承認特例と特定買換資産の特例の話をしています。

特定買換資産の特例について、「こんな場合に使えるのではないか」というのを考えています

不動産の寄付について、この特例を使える場合と使えない場合について、居住用不動産と賃貸用不動産を見てきました。

今回は、もう一つの不動産の寄付として考えられる空き家について考えていきたいと思います。

続きを読む・・・
| 次へ