CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 業種別 | Main | 認定NPO»

2009年04月13日(Mon)

公益認定等委員会相談窓口

先日、公益認定等委員会の相談窓口に行ってきました

相談窓口では、特例民法法人(特例社団法人および特例財団法人)の移行に関する相談、や、一般社団法人(旧中間法人を含む。)、一般財団法人及び現在法人格を持たない団体(任意団体)で、将来公益法人を目指す団体の方からの公益認定に関する相談について受け付けしています。

45分の時間の中で相談をします

・毎週月曜日〜金曜日(休日を除く) 10時〜12時/13時〜16時


・1法人1回45分

@10時〜 A11時〜 B13時〜 C14時〜 D15時〜

から選択をします

場所は、公益認定等委員会事務局(東京都港区虎ノ門3−5−1 虎ノ門37森ビル12階)
です

事前に、電話による予約制となります

・予約専用電話番号03−5403−9519 又は9548

です

私たちは、2週間くらい先の予約しかとれませんでした

しかし、相談をすると、だいぶ理解が深まったように感じました

事前に質問を3つファックスで送ることになっています

ある程度疑問点がまとまってみたら相談してみるといいと思います

ブログパーツ

2009年03月10日(Tue)

沖縄でNPO会計講座をします

3月19日に、なんと沖縄でNPOの会計講座をします

信頼されるNPOの決算書

うれしいです!!なんといっても沖縄は始めてです。

初めての土地に仕事でいけるのはすごく楽しいです!!

今は確定申告の苦しい時期ですが、これを楽しみにがんばっています

と、喜んでいたら、この前、ショックなことがありました

私は東京の目黒というところでずっと育って、事務所も目黒にあるのですが、街を歩いていたら、「NPO会計講座」のチラシ。

「なぬ??」

見ると、「めぐろボランティアセンター」主催のNPO会計講座

しかも、実施日は私が沖縄で研修をする日と同じ3月19日!!

開業以来、「地元の貢献」を一つの旗にしていたので、がっかりでした

めぐろボランティアセンターさん、次回は声を掛けてください

ブログパーツ




2009年03月03日(Tue)

会計基準発足イベント等

昨日、シーズに行って、いろいろな打ち合わせをしました

3月下旬から急にいろいろなプロジェクトが動きそうです

まず、NPO会計基準の策定がいよいよ本格化しそうです

3月31日に会計基準発足イベントを実施する予定です

また、4月以降には、認定NPO法人の要件緩和を受けて、認定NPOを広めるためのイベントおよび定期的なセミナーをシーズと一緒にやっていく予定になっています

すでに認定NPOを取得している法人をネットワーク化する動きも進みそうです

NPOと新公益法人の比較をするためのイベントもシーズで企画されています

詳細についてはこのブログでも近いうちにお知らせできると思います


ブログパーツ

2009年02月18日(Wed)

日本ファンドレイジング協会設立シンポジウム

日本ファンドレイジング協会の設立記念シンポジウムに行ってきました

日本ファンドレイジング協会は、我が国の寄付文化の革新を実現するために設立されました。

代表理事は堀田力さん、専務理事兼事務局長にファンドレイジング道場の鵜尾雅隆さん、私も監事として参加しています

発起人には500人以上の方が名前を連ね、今日のシンポジウムにも300人以上の方が参加されたようです。

すでに何人かの方が今日の様子をブログに書いています

草鞋の緒

WEBライター ルータンの2.0→3.0的生活

ファンドレイジングという言葉は、まだ一般にはあまりなじみがありません(ヤフー辞書にも出ていないそうです)。

寄付というと、日本人にはまだまだ抵抗があります。

寄付を受けるNPO側も、寄付者を開拓するという仕事は辛いし、その割に見返りが少ないという面が多いと思っているように思います

でも、寄付は重要なのです


寄付が多いということは、多くの方から支えられているということであり、それが、そのNPOに対する評価なのです。

「立派な仕事ですね」という言葉に騙されてはいけません。

1000円でも寄付をしてくれる人があなたのNPOを本当に評価してくれている人なのです。

自分たちがどのように社会に役立っているかを世の中に発信し、寄付を集めましょう。

日本人の場合には、寄付というお金を出すことよりも、ボランティアという労働をすることの方が尊いという考え方があるように思います。

ボランティアも大事ですが、寄付も大事です

寄付は、「自分よりももっと上手にできる人に託す」という謙虚な姿勢なのです。

ファンドレイジング協会の設立を契機に、日本の寄付文化が大きく変わる、私も、専門の会計や税務を柱にして、少しでも力になりたいと思っています。

ブログパーツ

2009年02月05日(Thu)

日本ファンドレイジング協会の理事会

今日、日本ファンドレイジング協会の第一回の理事会があり、出席してきました。

日本ファンドレイジング協会は、

・民間非営利団体に対する寄付という行為が高く評価されること

・民間非営利団体において資金開拓を担うファンドレイジング(資金調達)担当者が誇りと自信を持って仕事を遂行すること

・寄付者が幸せと満足を実感できること

・そのような新しい寄付社会を創造すること


を目的にしています

2月18日に設立記念シンポジウムがあり、すでに400名以上の申込があったそうです。

今日は、この日本ファンドレイジング協会の第一回の理事会ということで、私も末席に参加させていただきました

ここで、定款や代表理事などが決定しました

代表理事は・・・・。当日のお楽しみにします。みなさん知っている方です。

日本の寄付文化の革新を目指して活動していきますので、応援よろしくお願いします


2009年01月30日(Fri)

辻本清美議員に会いました

今日、田中弥生さんが先日出版された「NPO新時代ー市民性創造のために」の出版記念パーティーに行ってきました

少人数のものをイメージしていたら、すごい人数で、有名な方もいっぱい来ていました

また、宮崎の「おいちゃん」や「こがちゃん」などブログ仲間とも再会でき、とってもうれしかったです。

パーティーに辻本清美議員が来ていたので、思わず、突撃して、認定NPOがなんで増えないのか、今、認定調査の現場がどうなっているのか、状況を伝えました。

辻本議員は、もともとがピースボードというNPO出身で、NPO法成立の中心人物ですので、たぶん国会議員の中でNPOに一番理解があると思います。

帰った後に、小冊子、「早わかり認定NPO法人制度」をお送りしました

反応があるとうれしいんですけど・・・

ブログパーツ

2009年01月05日(Mon)

年末年始で、テキスト作りをしました

今日から仕事始めという方が多いと思います。

うちの事務所もそうなのですが、新年早々、仕事を休んで子供の病院に付き合いました。

上の娘(2歳)が、年末に妻の実家に帰っている最中に、実家のそばのお医者さんに、おたふく風邪になったと診断されて、病気をうつしてはいけないので、ほとんどどこにも行かずに過ごしました。

ところが、今日、診断に行ってきたら、こっちのお医者さんには「おたふく風邪じゃないと思いますよ」と言われてしまった!!

この正月は何だったんだ!!

年末は一人だったので、「徹底比較!一般社団法人VS NPO法人、公益社団法人VS 認定NPO法人」というテキスト作りに時間を使いました

いくつか新公益法人関係の本は出ていますが、大部分は既存の財団法人、社団法人の方を念頭に書かれています。

すでにNPO法人として活動している方や、これから創業しようとしている方の立場から書かれている本はないので、このテーマでテキスト作りをしてみました


まだ未完成ですが、このブログで、徐々に公開していきたいと思っていますので、関心のある方はアクセスください

本年もよろしくお願いいたします


2008年11月03日(Mon)

二人目が保育園に・・・

いよいよ11月で、今年も残り2ヶ月ですね。

個人的なことですが、11月から女房が職場復帰して、2人目の子ども(10ヶ月)を保育園に預けることになりました

しかも、1人目(2歳半)の保育園とはとっても離れていて(しかもうちは車がないので)、どうなるか不安です・・・

東京は、4月以外は公立の保育園はほぼ入園不可で、近くの私立の保育園もほとんどいっぱいです・・・

そのような受け皿として、NPO法人がやっている保育園があるのですが、交通の便が悪く、2箇所に分かれてとなると、交通の便が悪いのは致命的です・・・

家庭崩壊しないように、仕事も考えていかなければいけないなと思う今日この頃です


2008年10月28日(Tue)

引越しをしました

昨日、事務所の引越しをしました

新しい事務所は、目黒不動という有名なお不動さんのすぐそばです(ちなみに、目白不動、目赤不動、目青不動なども実在しています)

JR山手線の目黒駅から徒歩10分、目黒線不動前駅から徒歩6分、東急バス(渋41系)不動尊参道停留所目の前です


事務所を引っ越した理由は、プライベートな理由も含めていくつかあるのですが、事務所で少人数の勉強会を開きたいというのが理由の一つです。

いろいろなところでNPO会計の講習会をしますが、一方通行の講習会では、基本的な考え方などは理解できたとしても、実際の作業にまで結びつかないことが多いように感じました

そこで、もう少し人数を絞った5〜6人の少人数の勉強会のようなものを開いて、参加者がいっしょに勉強し会えるような場を作れないか、と思いました

それくらいの人たちが参加できるようなスペースを作りましたので、随時開催していけたらいいな、と思っています

今後、このブログでもお知らせしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします

移転先の住所は以下の通りです

〒153-0064
東京都目黒区下目黒3-7-32 ウイン目黒503
п@03-5437-3370 Fax 03-5437-3371

ブログパーツ

2008年10月20日(Mon)

JICAアドバイザー派遣報告

土曜日にJICAのアドバイザー事業で、申請のあったNPO法人に行ってきました

JICAのアドバイザー事業は、JICA(国際協力機構)が、NGOが社会からの期待に応えてより良い活動をするために必要な、日本国内での活動基盤整備をお手伝いするために実施をしている事業で、専門分野の知見をもったアドバイザーがNGOの日本国内の事務所を訪問し、組織強化のために必要な助言・指導を行います。

アドバイザー派遣に係る人件費を全額JICAが負担してくれるという、とてもNGOにとってはありがたい制度
です。

今回の申請先は、認定NPO法人を取りたいということでしたので、そのアドバイスに5日間派遣されて認定NPO法人を取れる体制を作っていくことを目指しています

土曜日は、最初だったので、まず認定NPO法人制度とはどのような制度なのかを、[早わかり認定NPO法人制度]という小冊子を使って説明しました

理事の方や職員の方、ボランティアの方なども参加頂き、制度の趣旨と要件などを詳しくお話しました

これはとっても重要なことで、認定NPOを目指すにしても、特定の人が進めるのではなく、まず、理事の方が必要性を認識し、認定NPOを取れたらどのような新たな事業展開があるのかを考えていくことが必要なのではないかと思います。

お伺いしたNPOは、とっても良い活動をまじめにしており、事務体制なども非常にしっかりとしていました。

安定した事業収入が多額にあるわけではないので、財政的にはなかなか厳しいという感じで、このようなNPO法人には認定NPO法人にぜひなってもらい、有効に利用してもらいたい、と思います。

次回以降は、実際に認定NPOの要件にこの法人が該当するのか、問題になりそうなところはないのかをチェックして、もしいけそうなら具体的に書類の書き方なども指導していくことになっています

JICAアドバイザー事業についてはsallyさんのNPO×お金〜NPO会計活動日誌〜にも活動状況が書かれていました


JICAのアドバイザー事業は、今月末が締め切りですので、該当しそうな方はぜひご応募下さい。

詳しい内容や応募方法などはここをご覧下さい


ブログパーツ