CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«消費税の軽減税率 | Main | スポーツ団体の登録料»

2019年06月29日(Sat)

マンション管理組合の管理費

私は事務所のあるマンションの管理組合の役員をしています。

先日のマンション管理組合の理事会の時に、「10月から消費税が上がる予定ですが、消費税分はどうするのですか?」と聞いたら、「マンション管理組合の管理費には消費税がかからないのです」と言われて、ビックリしました。

その時に紹介してもらったのが、下記の国税庁の質疑応答事例です。


マンション管理組合の課税関係

【照会要旨】

 マンション管理組合の課税関係はどうなるのでしょうか。

【回答要旨】

 マンション管理組合は、その居住者である区分所有者を構成員とする組合であり、その組合員との間で行う取引は営業に該当しません。

 したがって、マンション管理組合が収受する金銭に対する消費税の課税関係は次のとおりとなります。

イ 駐車場の貸付け………組合員である区分所有者に対する貸付けに係るものは不課税となりますが、組合員以外の者に対する貸付けに係るものは消費税の課税対象となります。

ロ 管理費等の収受………不課税となります。


「管理費」とは「マンションを管理してもらっている事への対価」と考えれば、当然、消費税の課税対象と考えますが、「マンション管理組合の管理費」は、「マンション管理組合という組織を維持するために、その構成員である組合員が支払う会費」と考えるようです。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント