CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«任意団体の会計(6) | Main | NPO法人会計基準の策定プロセス»

2019年01月01日(Tue)

NPO法人会計基準とNPO法人会計基準協議会
Q:NPO法人会計基準は誰が、いつ作成したものですか?

A:NPO法人会計基準協議会が2010年7月20日に策定し、2011年11月20日と2017年12月12日に一部改正がされています。



<解説>

知り合いの税理士からも、「NPO法人会計基準って誰が作成したの?」と聞かれることがあります。

私は、NPO法人会計基準の策定時からかかわっていましたので、NPO法人会計基準が作成された経緯について説明します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NPO法人会計基準協議会は、2009年3月、NPO法人会計基準の策定を行なうために、全国のNPO支援組織によって結成された任意団体です。

NPO法が1998年にできて以来、NPO法の中で収支計算書と貸借対照表及び財産目録を作成することは決められていましたが、具体的に収支計算書や貸借対照表、財産目録をどのような基準でどのように作成するのかはどこにも定められていませんでした。

つまり、NPO法人には会計基準がありませんでした。

そのため、NPO法人の会計報告は、統一されておらず、作成者側も、それを見る人にも不便な状態が続いていました。

このような状況のもとで、国民生活審議会は、2007年6月に公表した総合企画部会報告「特定非営利活動法人制度の見直しに向けて」の中で、NPO法人の会計基準がないことから、計算書類が正確に作成されていなかったり、記載内容に不備が見られたり、会計処理がまちまちでNPO法人間の比較が難しいなどの問題点を指摘し、会計基準の策定の必要性について言及しました。

さらに、この報告は、NPO法人会計基準の策定主体について、所轄庁が会計基準を策定すると、NPO法人に対して必要以上の指導的効果を及ぼすおそれがあるため、会計基準の策定は民間の自主的な取り組みに任せるべきであるとの考え方を示しました。.

これを受けて、全国18のNPO支援組織がNPO法人会計基準協議会を発足させ、NPO法人会計基準の策定作業が2009年3月に開始され、2010年にNPO法人会計基準が策定されました。

NPO法人会計基準協議会の詳細については下記を参照ください。


http://www.npokaikeikijun.jp/office/
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント