CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«事例で学ぶ認定NPO法人の申請実務 | Main | NPO法人会計基準全般に係る問題»

2012年07月12日(Thu)

復興特別所得税と源泉徴収

23年の12月に、東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法が公布されました


これによって、所得税の源泉徴収義務者は、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得について源泉所得税を徴収する際には、復興特別所得税を併せて徴収しなけばいけないことになりました


源泉徴収すべき復興特別所得税は、源泉徴収すべき所得税の額の2.1%相当額です


この復興特別所得税を、所得税の源泉徴収をする際に併せて源泉徴収をすることになります


給与からの源泉徴収税については、25年1月1日以降の給与の支払から源泉徴収税額表が変更されることになり、その新しい税額表に基づいて源泉徴収をすることになりますので、実務上の影響はそれほど大きくないのではないかと思います


実務上の影響が大きいのは、特にNPO法人にとって、この復興特別所得税が報酬に係る源泉所得税にも影響することです


つまり、講演料などを支払ったら、支払金額の10%を源泉徴収をしていましたが、これが25年の1月の支払以降、変わってくるということです


今回は、講演料などの報酬に係る源泉所得税について、25年1月1日以降、どのような感じになっていくのかを述べたいと思います。




1. 報酬の源泉徴収制度の概要


報酬の源泉徴収については、所得税法204条及び所得税法施行令320条に限定列挙がされています。


そこに列挙されているものであれば源泉徴収が必要であり、列挙されていなければ源泉徴収は必要ありません。


源泉徴収は基本的に支払い金額の10%です。
 

限定列挙されているもののうち、代表的なものとしては、以下のようなものがあります


@ 講演料

A 原稿料

B 技芸・スポーツ・知識等の教授・指導料

C 翻訳料、通訳料

D 税理士、司法書士などへの報酬

詳しいことは以前の「報酬の源泉徴収」の記事で書いていますので、ご覧ください


2. 復興特別所得税の源泉徴収(原則)


25年1月1日の源泉徴収分から、復興特別所得税を併せて徴収する必要になりました


復興特別所得税は、源泉徴収すべき所得税の額の2.1%です


報酬の源泉所得税は、基本的に10%ですので、これに復興特別所得税2.1%分がプラスされ、25年1月1日以降の源泉所得税は、10.21%になります


つまり、今まで1万円の講演料であれば、10%源泉徴収して9千円を支払い、1万円は税務署に納付という形であったとします


その場合、25年1月1日以降は、


1万円×10.21%=1,021円


が源泉徴収の対象になります


つまり、ご本人には8,979円を支払い、1,021円を税務署に支払うということになります。


源泉所得税に1円未満の端数が生じたときは、切り捨てをします


しかし、現金で講演料を支払うような場合に、このような端数の金額を支払うというのは避けたいと思うNPOも多いのではないかと思います


その場合にはどうなるでしょうか?


3. 復興特別所得税の源泉徴収(例外)


現在でも、講演料を中途半端な金額にしないように、例えば報酬を11,111円と考えて、ご本人には1万円を支払い、1,111円を税務署に支払うという形をとっているNPOも多いのではないかと思います


同じようなやり方をしたときに、25年1月1日以降はどのような影響が出るでしょうか?


10.21%を源泉徴収した後の金額が1万円になるようにするわけですから、


1万円÷(100-10.21)%=11,137円


が支払報酬になり、


11,137円−10,000円=1,137円


が税務署に支払う金額になります


つまり、25年1月1日以降も講演者に支払う金額を変更しないとすると、復興特別所得税はNPOが負担することになります。


この例ですと、1,137円(25年1月1日以降の源泉所得税)−1,111円(25年1月1日前の源泉所得税)=26円分がNPOが負担する税金になります


詳しいことは、以下に出ています


復興特別所得税の源泉徴収のあらまし


復興特別所得税(源泉徴収関係)Q&A

  ブログパーツ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント