CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«一般社団法人と均等割 | Main | 第2回NPO会計基準策定員会(2)»

2009年06月06日(Sat)

第2回NPO会計基準策定委員会(1)
今日、NPO会計基準の第2回の策定委員会が行われました

内容としては、

@現場からの報告

A江田委員長から財務報告の目的と今後の論点になりそうなものの列挙

B論点として「小規模法人に対して配慮すべきか」


でした

詳しいことは後日アップされると思いますので、簡単にどんな報告、議論だったのかを書きたいと思います

私のメモした範囲なので、聞き間違いや趣旨のとり違いなどがあるかもしれません。

正式なものではありませんのでご了解下さい

まず今日は、現場の報告から

*NPO会計基準のキックオフイベントの様子は下記から

NPO会計基準キッキオフイベント




1.趣旨

NPOの会計の現場の問題点を認識するために、NPOの担当者の立場やNPOの会計に関係のある方からみたNPOの会計の問題点について報告がありました


2.NPOに対する貸付と会計報告

報告者:遠藤寿子氏(東京コミュニティバンク)

・金融機関にとっては「返済財源があるかどうか」が最大の関心事

・残せるお金がないと返していけない

・会計の知識がないと、収支差額が利益と思ってしまう。収支計算書では正確な経営状況が把握できない

・融資審査では、提出されたNPOの会計報告書を、一般の損益計算書に作り直している

・委託事業などで将来入金されることがわかっている運転資金はまだ出せるが、設備投資資金は利益が見えないと融資できない(金融機関の方から)


3.NPOに対する事業助成と会計報告
 
報告者:茶野順子氏(笹川平和財団)

助成をする際の一番のポイントは事業の良し悪し、次に、この計画をもって事業が本当にできるかどうかを見る

・アメリカの助成では「ジェネラルグランド」と言われている助成が一般的。ジェネラルグランドは、その団体のミッションに共鳴し、その団体の活動がその分野における社会変革に一定の貢献があるかどうかが支援のポイント

・ジェネラルグランドでは、報告は全体の事業の概要と決算書。予算は簡単なものでOK。NPOと助成団体でどのような事業にどれくらいお金を使うのかは共有されている

・決算書は監査法人が認めたものであれば信用する。監査法人が認めたものへの安心感がある

・日本は事業助成が多い。決まった事業にお金を出す

・事業助成では決算書はあまり見ない。助成対象となった事業について事業報告、会計報告をする

事業報告・会計報告から、その団体がどういうものを中心に事業をやっているか、どういうところにお金を使っているのか、どのような方針かを見る

・そのNPOがどういう発展段階なのか、だからどういうことが必要なのか、といったことを事業報告と照合しながら解釈していく

・報告は項目別に書いていく。助成団体は、予算に基づいて、事業の実施を確認する


4.NPOの会計報告における問題

報告者:水谷綾子氏(大阪ボランティア協会)

すみません!次が自分が発表だったので、ドキドキして、メモを取る余裕がありませんでした

水谷さんごめんなさい!!



5.税理士から見たNPOの会計

報告者:脇坂誠也(税理士、NPO会計税務専門家ネットワーク)

・NPOの経理担当者は、経理のために雇われた人ではなく、もともと活動に参加したメンバーが会計をやる人がいないので仕方なくやることになった人が大部分。

簿記の知識も会計の経験もない人が経理担当者になる例が多い。このような方がNPOの会計基準を使うということが前提で話をしないといけない

・現金主義ならできていると考えがちだが、多くのNPO法人は現金出納帳の記帳はできていない。現金出納帳の現金残高がマイナスになる例は驚くほど多い。「記帳はできている」という前提で話はして欲しくない

・仕訳としては、給与や固定資産、仮払、メンバーの立替、在庫、減価償却などが出てくると難しい。内閣府の手引きにあわせて、一取引二仕訳をしようと思うと、専門家でも難しくなる

・区分経理の問題点として、

@どの事業が特定非営利活動でどの事業がその他の事業なのかの区分けで悩む。

A法人税法上の収益事業でも区分経理が必要な場合にどう区分するのか悩む

B資産・負債も区分経理しようと思うと大変複雑になる


・認定NPO法人が増えない理由に事務処理の煩雑さが大きな壁になっている。本来会計報告で行うべきような事を認定申請の書類で求められる。認定NPOでどのようなことが求められているのかも少し意識して会計基準を作って欲しい

江田委員長→公益法人会計基準は公益認定に合わせて会計基準を作成したのが間違い


続きは次回です

ブログパーツ



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
や固定資産、仮払、メンバーの立替、在庫、減価償却などが出てくると
Posted by: cartier replica  at 2011年01月20日(Thu) 18:26