CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«定額給付金基金設立記念パーティー | Main | 認定NPO申請書類の書き方»

2009年04月23日(Thu)

公益目的事業のまとめ方
最近、新公益法人制度についての研修を受けたり、実際に公益認定を目指している団体に関与したりして、新しい公益法人制度について勉強しています

しかし、勉強すれどもすれどもよくわからない、というのが実感です・・・

とにかく難しい(仲間の税理士もみんな言っています)

そんな中で、私も懇意にしている富永さとるさんが、「公益目的事業のまとめ方」について、ブログで論文を公開してくれました

この制度についての理解が深まるとても読み応えのある論文です

私も印刷して、電車の中で何回か読んでみましたが、書店で出版されているこの分野の本よりもずっと読み応えがあると思います


ある程度の予備知識がないと読めない内容ですが、公益認定の仕組みが分からず苦しんでいる方にはご推薦します

公益目的事業の論理構造と事業のまとめ方

非課税と収支相償のもとで黒字を内部留保する3つの方法

ブログパーツ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
脇坂先生、すごい論文をご紹介いただきありがとうございます。この論文は今までの私の新公益法人のイメージを根底からひっくり返す可能性のある内容ですね。さっそく印刷して読み始めています。読み終わりましたら筆者の富永先生にもご挨拶せねば。

それでは、この辺で失礼いたします。
Posted by: 行政書士 草苅信太郎  at 2009年04月24日(Fri) 09:59