CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO×おかね〜NPO会計・活動日誌 | Main | 相続とNPO法人(相続)»

2008年08月05日(Tue)

悲しい思いをしました
今、引越しを考えています

今すんでいるところが子供の保育園から遠いので、保育園の近くに引っ越そうかと思っています

めぼしい物件があって、日曜日に見学をして、昨日、申込をしました。

当然OKだと思ったら・・・・大家さんに「自営業の人はダメです!」と断られてしまいました悲しい

税理士で開業して10年にもなるんですけど・・って、「自営業は不安定なのでダメなの」ということらしい・・・

この年になってこんな思いをするとは思わなかった・・・

しかし、考えてみれば、「税理士と言う職業は信頼があるのではないか」というのは自分の独りよがりだったかも知れず、世間ではまだそう考えていない人も多いのだ、職業の信頼と言うのは、先人の努力の結果、築きあげられていくものなのだ、と感じました

たぶん、私と同じように「NPO法人の理事です、職員です」と言って、「そんなボランティアのようなことをやっている人に貸せません」と言われている人も多いのではないかと想像します。

あるいは、両親に「NPO法人に就職します」といって「そんな不安定なところに就職するな」と言われたことがある方もいるのではないかと思います

NPO法人の職業的な価値を上げていくことも大切なのではないか、と思いました


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
まころんさん、コメントありがとうございます

その後、どうも不動産屋さんの話だと、「自営業だからダメ」なのではなく、「税理士や弁護士などの士業だからダメ」なのだそうです

なんでもお金を扱っている仕事の人はダメだということらしいのです

たぶん昔になんかトラブルがあったんでしょうねえ

入居してからトラブルになるのも嫌ですから、かえってよかったかな、と今は思っています

Posted by: 脇坂誠也  at 2008年08月12日(Tue) 06:40

税理士のようにカタギの職業でも
「自営業は・・・」って言われてしまうとは・・
ショック!です。

SOHOスタイルで仕事する人も増えている中、
みなさん契約ごとでは苦労されているんでしょうね。
Posted by: まころん  at 2008年08月11日(Mon) 10:12