CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«特定収入に係る仕入税額控除の特例 | Main | 請負契約と委任契約の違い»

2008年04月05日(Sat)

堀田力氏のコラム
さわやか福祉財団の理事長で、マスコミなどでも有名な堀田力氏が、「新公益法人の税制を活用するために」という記事をインターネット新聞JanJanに書かれていました

「2002年度からもめていた公益法人改革は、2007年末、政府与党が公益法人税制の骨組みを決め実質的に決着した。新公益法人制度は12月からスタートするが従来の財務省が打ち出していた厳しい課税案からすると考えられないほど大胆なものだ。これで、公益法人の税制の骨組みは、やっとアメリカ並みになる。」

として、「本年12月から始まる認定ぶりを注視し、状況によっては必要なアクションを起こす覚悟でいる。」

と書かれています

記事はここを参照ください

ちなみに、堀田力氏、私はまだお会いする機会がありませんが、実は堀田氏の息子さんと高校の同級生で、お宅にもお伺いしたことがあります(当時はロッキード事件の判事として有名でした)


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント