• もっと見る

«米国の寄付金控除F | Main | 米国の寄付金控除H»

2022年08月28日(Sun)

米国の寄付金控除G
米国の寄付金控除について見ていきます。

参考にするのは、IRS(米国の国税庁)から出ている、下記の書類(Charitable
Contributions」です。

https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/p526.pdf

重要そうな部分を選んでみていくことにします。

今日は、物品寄付 Contributions of Propertyの場合の公正価値の決定Determining
Fair Market Valueをみていきます。


公正価値の決定

本セクションでは、様々な企業の公正な市場価値を決定するための一般的なガイドラインについて説明します。
公正市場価値とは、意思ある買い手と意思ある売り手の間の両者とも関連する事実を合理的に知っている者同士の間で取引される価格です。

中古の衣類


公正な市場価値は、通常、購入時の価格よりもはるかに低くなります。
公正な評価額を見つけるための固定式またはメソッドはありません。
中古品の買い手が、委託販売やリサイクルショップなどの中古衣料品店で実際に支払っている価格を価値として主張する必要があります。

例 Kristinは、教会が運営する古着屋にコートを寄贈しました。
彼女は3年前にコートのために$300を支払いました。
その古着屋で同じようなコートが50ドルで売られています。
Kristinさんの寄付は50ドルまでです。

家財道具

家具、家電製品、リネン類などの中古の家庭用品の公正市場価値は、通常、新品時の価格よりはるかに低くなります。

その品物について説明した雑誌や新聞の記事、写真、また、その品物の受取人による陳述書も有効です。これらの証拠は、確定申告書には一切添付しないでください。

500ドル以上の衣類や家財道具を寄付する場合、フォーム8283を記入し、確定申告書に添付する必要があります。


車、ボート、飛行機。

車、ボート、飛行機を寄付する場合、その公正市場価値を判断する必要があります。

自動車、ボート、飛行機などの適格車両を寄付する場合、鑑定書は必要ありません。
500ドル以上の車両を寄付した場合、その受領書のコピーをForm8283に添付してください。

ボートの評価は、物理的な状態が重要であるため船舶検査員や鑑定士に依頼する必要があります。
車の評価額は、ある種の商業会社や業界団体が、中古車価格ガイドを発行しています。
一般に「ブルーブック」と呼ばれるもので、最近のモデル年のディーラー販売価格やディーラーの平均価格が記載されています。このガイドブックは、月次または季節ごとに、また国内のさまざまな地域ごとに発行されます。
また、これらのガイドは、異常な機器、異常な走行距離、および物理的な状態を調整するための推定値を提供します。価格は「公式」ではなく、これらの出版物は、特定の寄贈品の査定とはみなされません。
それらは査定を行うための手がかりを提供し、あなたの地域の現在の販売や提供との比較のために相対的な価格を提案します。
これらの出版物は、公共図書館、銀行、信用組合、または金融会社でローン担当者から入手できます。
また、インターネット上で中古車の価格情報を見つけることができます。
ただし、エンジントラブル、ボディの損傷、走行距離の多さ、過度の磨耗などがある場合は、時価が下がることもあります。
同じ車種、モデル、年式で、同じ地域で販売され、同じ状態、同じまたは類似のオプションや付属品、同じまたは類似の保証が付いた車の販売価格が掲載されている場合に限ります。

例 状態の悪い中古車を、地元の高校に寄贈した場合
自動車修理を学ぶ生徒が使用するために、状態の悪い中古車を地元の高校に寄贈した場合。
中古車ガイドによると、このタイプの車の販売店小売価格
は1,600ドルです。しかし、そのガイドでは、この車を個人で売る場合の価格は、750ドルである。
この車の公正な市場価値は750ドルとみなされます。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント