CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO法11条@ | Main | NPO法11条A»

2021年02月20日(Sat)

NPOに届いた札束400万円
NPO法人アジアパシフィックアライアンスの事務所に、400万円のご寄付が届いたという記事が朝日新聞に出ています。

https://www.asahi.com/articles/ASP2L5T78P2LTTHB005.html

同様の寄付は、ほかの法人にもいくつか届いているようです。

受け取ったNPO側としても、お礼をお伝えするのにも手段がありませんが、このような形で新聞に取り上げられることで、寄付をされた方に届いた旨を伝えられるのではないかと思います。


以下、記事より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
佐賀市に拠点を置く災害NPO法人「アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A―PADジャパン)」の事務所に15日、封筒が届いた。1センチほどの厚み。「ぎゃあ」。16日朝、本と思って中身を確認したスタッフが、声を上げた。

 「使うあてもなく簞笥(たんす)で今まで眠っていたものを、コロナウイルスなどによってお困りの方を少しでも助けることが出来ればと思い寄付いたします」

 中身は、そう印字された手紙と、100万円の札束が四つ。現金計400万円が入っていた。

 A―PADジャパンは、色々な支援物資を企業に寄贈してもらい、被災地や医療機関に届けるといった活動をしている。

 代表理事の根木佳織さんは「こういった形の寄付は初めてで、驚いている。数ある団体の中でうちを選んでもらい、活動を見てくれている人がいると分かってうれしい」と話す。今回の寄付金は、物資の購入などに充てるつもりだという。

 どこの誰からの寄付か。

 封筒の裏には、差出人と住所は書いてある。だが、同封された手紙は、「匿名にてこのようなものをお送りしましたことをまずはお詫(わ)び申し上げます」。名前と住所は架空であること、そして「このような方法での寄付にご懸念もあろうかと思いますが」と前置きしつつ、どうか役立つように活用してほしいと告げていた。

 今のところ、唯一の手がかりは、「銀座」という消印だけ。根木さんは、何らかの形で、感謝の気持ちを伝えたいと思っている。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント