CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«今給黎さんのnote | Main | 「NPO会計サポート・コミュニティ」、参加申込受付中!»

2020年11月26日(Thu)

NPO法改正案
NPO法の改正案が11月20日に、衆議院を通過したそうです。

NPOWEBによれば、今回のNPO法改正は、前回の2016年(平成28年)改正時に附則に設けられた3年後の見直し規定に基づき、超党派NPO議員連盟にて検討が進められていたものだそうです。

具体的な内容を、NPOWEBから、ご紹介します。

ご尽力いただいている皆様に感謝申し上げます。



【NPO法改正案の概要】
●(1)設立・定款変更時の縦覧期間の短縮
NPO法人設立時や定款変更時に義務付けられている申請書類の縦覧について、縦覧期間を現行1ヶ月→2週間に短縮するとともに、インターネットでの公開を規定
⇒NPO法人の設立・定款変更手続きの迅速化

●(2)情報公開時の個人情報保護を強化
NPO法人や認定NPO法人に義務付けられている、所轄庁や法人事務所等での役員/社員名簿・事業報告書等の情報公開において、役員・社員(正会員)等の「個人の住所」に関する部分を閲覧・謄写対象から除外
⇒情報公開とプライバシー(個人情報)保護の両立

●(3)認定NPO法人の年度報告書類の合理化
認定NPO法人等で毎年度終了後に義務付けれている役員報酬規程等提出において、規程の変更がない場合は添付を不要にし、一部項目の所轄庁提出を不要にしたうえで、認定申請時には記載事項である役員報酬金額等は追加するなど、簡素化・合理化を推進
⇒認定NPO法人等の事務負担軽減

●(4)【附則】NPO法関連手続きのデジタル化推進
新型コロナ対応も含め、社会的な課題となっている各種行政手続きデジタル化推進の一環として、NPO法関連手続きについてもデジタル化・オンライン化を推進することを附則で規定
⇒NPO法人の事務負担軽減・手続迅速化

※なお、公布の日から6ヶ月以内に施行
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント