CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO法人の社員総会A | Main | NPO法人の社員総会C»

2020年11月17日(Tue)

NPO法人の社員総会B
NPO法人の社員総会について深堀しています。

今回は、招集通知についてです。


(3) 招集通知

社員総会の招集の通知は、その社員総会の日より少なくとも5日前に、その社員総会の目的である事項を示し、定款で定めた方法に従ってしなければいけません。(NPIO法14条の4)

「少なくとも5日前」ですので、定款で、5日以上にすることは問題ありません

私が代表をしているNPO会計税務専門家ネットワーク(以下「@PRO」)は、2週間前としています。

招集通知にどこまでの事項を記載するのかですが、多くのNPO法人は、定款に、招集するときに記載する事項を載せています。

下記の、モデル定款(佐賀県が出しているもののようです)には、「会議の日時、場所、目的及び審議事項」とあります。

https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00331858/3_31858_62955_up_grnen4c6.pdf

定款で定めた事項は、招集する際に、伝える必要があります。

また、招集通知に記載していない事項も決議するようにするためには、定款にその旨を定める必要があります。

たとえば、「ただし、議事が緊急を要する場合は、当日総会出席者総数の【 】分の【 】以上の議決により議題とすることができる」などと加えて規定します。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント