CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«事業費と管理費/どのように区分けをするか? | Main | NPO法の公益性の考え方は»

2020年08月02日(Sun)

ファンドレイジング日本2020
ファンドレイジング日本(FRJ)2020の事前申し込みが始まっています。

私も1回目から毎回参加しており、年々グレードアップしています。

以下、ファンドレイジング日本2020の告知です。

https://jfra.jp/frj/index.html


FRJは、寄付・社会的投資に関する最新動向、非営利組織の資金調達に関する事例や、最先端のサービスを紹介する日本で唯一の「ファンドレイジング・カンファレンス」です。

コロナ禍で顕在化した社会課題や、改めて問い直された私たちの価値観。

そこにおけるファンドレイジングはどうなっているのか、FRJ史上初となるオンライン開催で、ともに考え、学ぶ8日間。


1.コロナ禍で社会はどう変わるのか

誰もが困難に直面した経験は、今後社会のあり方をどのように変えていくのか。これからの個人、NPO、企業、行政の役割とは。変わること、変わらないこと。社会課題に立ち向かうお金の流れの“今”を見つめ、これからのファンドレイジングを考えます。


2.ここにしかない学びとつながりが世界中から集う

「こんなとき、どうすればいいのか」日々私たちが直面する問いは、かつて誰かが乗り越えていった壁でもあります。成功も、失敗も、そのすべてが次にその道を歩む人々の学びとなる。新たな出会いやつながりが、その可能性を広げます。


3.ひとりではたどりつけない、この先の未来を

オンラインは今、“距離”という制約をとりはらいました。そしてここから、個人、組織、セクターという限界を超える挑戦がはじまります。同じ空間に集い、体験を共有することで、ひとりでは実現できないこと、自分だけでは踏み出せない一歩を超える力に変えていきます。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント