CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ | Main | 文化芸術収益力強化事業»

2020年06月21日(Sun)

文化芸術・スポーツ活動の継続支援
先日国会を通過した第二次補正予算に文化芸術活動の支援策について紹介しています。

https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/pdf/202005291800_01.pdf

今日は、「文化芸術・スポーツ活動の継続支援」についてみていきたいと思います。


文化芸術・スポーツ関係のNPO法人、公益法人、一般法人や任意団体など対象になる制度です。



1.趣旨

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、舞台芸術等の活動自粛を余儀なくされた文化芸術・スポーツ関係団体においては、今後、一層の感染対策を行いつつ、活動の再開に向けた準備を進める必要がある。

そのため、文化芸術・スポーツ関係者・団体に対して、直面する課題を克服し、活動の継続に向けた積極的取組等に必要な経費を支援し、文化芸術・スポーツの振興を図る。



2.支援の対象

● 対象となる活動

以下の取組を含む「活動計画」の実施に必要な経費を支援。

(1)以下の@〜Bのいずれかの取組(複数可)

@ 国内外の観客、参加者等の回復・開拓

A 活動の継続・再開のための公演・制作、競技運営方法等の検討・準備・実施

B 雇用契約の明文化等の経営・ガバナンスの近代化


(2)(1)の取組と併せて行う、業種ごとの新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに即した取組


● 対象者

文化芸術・スポーツ関係団体等(社団・財団法人(一般・公益)、任意団体、フリーランスの実演家や技術スタッフ等を含む。)

※活動継続・技能向上等支援A:フリーランスの実演家・技術スタッフ等向け

活動継続・技能向上等支援B:小規模団体向け(その他。複数のフリーランス等が連携して取り組む共同申請の場合を含む)


3.◎支援額

上記(1)の経費 100万円まで

(2)の経費 50万円まで


※ 合計150万円までなどの条件あり

− 共同申請の場合は、【共同申請者数×150万円】で1,500万円まで

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント