CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«清算事業年度の申告 | Main | Learning by Giving プロジェクト»

2020年06月03日(Wed)

非居住者の寄付金控除
外国に居住している日本人が、日本の認定NPOなどの税制上の優遇がある団体に寄付をした場合に、寄付金控除は受けられるのでしょうか?

今回は、非居住者の寄付金控除の問題を取り上げたいと思います。



1.非居住者とは

居住者とは、国内に住所を有し、又は、現在まで引き続き1年以上居所を有する個人をいいいます。

非居住者とは、居住者以外の個人をいいます。

従って、海外に1年以上居所を有する個人は、日本人であっても非居住者になります。


2.非居住者の寄付金控除

非居住者が、日本の所得(国内源泉所得)があり、確定申告をする場合には、寄付金控除を受けることができます。

非居住者は、大部分の所得控除を受けられないのですが、雑損控除、寄付金控除、基礎控除の3つは受けることができます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1100.htm


3.非居住者が確定申告をする場合

寄付金控除は、非居住者でも受けることができますが、寄付金控除は、確定申告をすることが前提です。

非居住者が確定申告をするのはどんな時でしょうか?

一番考えられるのは、日本に不動産を持っていて、不動産の賃貸収入がある場合です。

そのような場合で、非居住者が認定NPO法人等に寄付をしていれば、不動産所得の確定申告で寄付金控除ができると思います。




トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント