CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«持続化給付金と非営利法人(決算が確定していない場合) | Main | NPO向けプロボノ相談会のお知らせ»

2020年05月09日(Sat)

非営利法人が持続化給付金を申請する場合
NPO会計税務専門家ネットワークで、「非営利法人が持続化給付金を申請する場合」を作成しました。

下記からご覧ください。

https://npoatpro.org/index.html

解説動画も作りましたので、ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=bdsVZdXy0Ys



持続化給付金は、イベントや講座が中止になったり、委託事業の発注見合わせがあるなどの非営利法人にとっては、命綱になる制度だと思います。

様々な情報が出ていますが、非営利法人の場合には、「NPO法人、公益法人等の特例」があり、営利法人の持続化給付金とは違いがあり、考慮しなければいけないことがあります。

@PROでは、「非営利法人が持続化給付金を申請する場合」として、3つの申請パターンに分けて、表にして説明しました。

まだわからないことがたくさんあるのですが、現在の情報の中で、まとめてみました。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント