CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO法人の運用方針K | Main | NPO法人の運用方針L»

2020年03月01日(Sun)

総会の開催について
新型コロナウイルスの蔓延にともない、総会を開催するか、迷う法人もあるのではないかと思います。

12月決算法人だと、3月は総会の時期です。

また、3月決算法人も、来期の事業計画や予算の作成のために、3月中に理事会や総会を開催することを予定している法人もあるのではないかと思います。

法務局や内閣府からでているものを基に、NPO法人の12月決算をベースにまとめてみました。


@ NPO法には、事業年度終了後3月以内に総会や理事会を開催しなくてはいけない規定はありません。

A 定款で事業年度終了後3か月以内に総会等を開催する旨を規定するところもあるかと思いますが、 法務局から、株式会社の株主総会について、以下の文書が出ています。

「定時株主総会の開催時期に関する定款の定めがある場合でも,通常,天災その他の事由によりその時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じたときまで,その時期に定時株主総会を開催することを要求する趣旨ではないと考えられます。

 したがって,今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,定款で定めた時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合には,その状況が解消された後合理的な期間内に定時株主総会を開催すれば足りるものと考えられます。」


http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00021.html

NPO法人も、同様に、定款で3か月以内に総会等を開催する旨を規定していても、新型コロナウイルスの影響で、3か月以内に開催できなくても、問題ないと思います。

B NPO法28条では、事業年度終了後3か月以内に事業報告書等を所轄庁に提出することになっています。

 しかし、これについても、認定NPO法人の6号基準の事業報告書等の提出に関する基準についての内閣府のQ&Aに、以下の記述があり、今回の新型コロナウイルスの影響で総会が3か月以内に開催できず、事業報告書の提出が遅れた場合でも、許容されると思われます。

「天災の影響など申請法人の責めに帰されない事情や、特にやむを得ない事情による事業報告書等の提出の遅延等があった場合にまで、実績判定期間中の期限内提出の有無のみによって認定等の可否が決定されることは適当ではありません。」

https://www.npo-homepage.go.jp/qa/ninteiseido/nintei-hantei-houkoku

C 12月決算法人で、総会を3月に開催予定のため、法人税の申告期限を3月末までにしている法人もあるかと思います。
(法人税の申告は、原則事業年度終了後2月ですが、定款に総会の期日を事業年度終了後3か月以内としている場合には、税務署に申請し、申告期限を1か月延長することが可能です)

 今の段階で、法人税の申告については、申告・納付期限の延長を認める旨の通知は国税庁から出ていません。
(個人の確定申告については、4月16日まで申告・納付期限を延長する旨の通知が出ています)

国税通則法11条に「災害等による期限の延長」の規定がありますし、個人の確定申告について期限が延長していることから考えても、法人税でも延長が認められる可能性は高いと思われますが、もし法人税の税額が発生するような場合には、事前に税務署に確認をしておいたほうがいいでしょう。

D  従って、12月決算のNPO法人が、新型コロナウイルスの影響で、3月中に総会が開けずに事業報告書等を所轄庁に提出できなくても問題ないし、3月決算の法人が3月末までに事業計画書や予算書の承認のために総会や理事会を開催することを定款に定めている場合に3月末までに開催できなくても問題ないと思います。
 
 ただし、法人税の申告が必要で、とくに多額の納税が必要な法人は、総会ができないと3月までに申告ができない場合には、税務署に予め確認を入れたほうがいいかと思います。


E 今の段階でよくわからないのは、公益社団、財団法人です。

公益法人は、毎事業年度開始の日の前日までに、その事業年度の事業計画書、収支予算書等を行政庁に提出する必要があります。

そのためには、3月決算法人の公益法人は、3月末までに事業計画書や収支予算書の承認を受けるために理事会や総会を開催する必要があります。

私が監事をしている公益財団法人も3月に理事会の開催を予定していますが、この行政庁に提出する書類の取り扱いがわからないと、理事会を開催するかどうかの判断ができないのではないかと思います。

※法人税の部分を加筆しました

 


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント