CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«事業活動に関する基準R(受入寄付金の7割基準A) | Main | 情報公開に関する基準@ »

2019年10月27日(Sun)

「全国レガシーギフト・フォーラム2019〜遺贈寄付が未来を創る」
12月4日に、「全国レガシーギフト・フォーラム2019〜遺贈寄付が未来を創る」を開催します。

私が理事をしている全国レガシーギフト協会は、「人生の集大成の社会貢献である遺贈寄付を、最適な形で実現できる社会を創るために」というミッションで設立された法人です。

いままで、全国レガシーギフト協会では、毎年、士業向け、NPO向けに遺贈寄付の研修を実施したり、2月に1回、「遺贈寄付のサロン」を実施して、遺贈寄付の成功事例の共有をしたり、いぞうきふの窓口というWEBサイト等を通して情報の発信などをしてきました。

今回、「全国レガシーギフト・フォーラム2019」を開催し、遺贈寄付を行う人の目線から、その希望の実現のために、どのようなことができるのかを考えていくことにしました。

たくさんの方に参加いただければと思います。

申込は、下記からできます。


以下、詳細です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「全国レガシーギフト・フォーラム2019〜遺贈寄付が未来を創る」

人生の集大成の社会貢献、レガシー・ギフト(遺贈)。
日本初の、遺贈について語り合うフォーラムを開催します。
安心して最後の思いを託せる社会、それを受け継ぎ活かす社会について、是非とも一緒に語り考えましょう。
ご参加をお待ちしております。

日時:2019年12月4日(水)13:00-16:00 (12:30 開場)
場所 : 自由学園明日館 (東京都豊島区西池袋2丁目31-3、最寄り駅池袋駅から徒歩7分)

<予定プログラム>(敬称略)
第1部 パネルディスカッション-1 「遺贈寄付の進む社会とは」
  堀田 力(全国レガシーギフト協会 理事長、さわやか福祉財団 会長)
  星野 哲(立教大学社会デザイン研究所 研究員)
  山名 清隆(株式会社スコップ 代表取締役社長)他
  ファシリテーター:岸本 幸子(公益財団法人パブリックリソース財団代表理事・専務理事, 全国レガシーギフト協会 理事)他

第2部 落語
円楽一門会所属 二つ目 三遊亭鳳月

第3部 パネルディスカッション-2 「専門家からみた遺贈寄付の将来」
  新田 信行 (第一勧業信用組合 理事長)
  渋澤 健(コモンズ投信株式会社 取締役会長)
  山北 洋二 (全国レガシーギフト協会 理事)  
  ファシリテーター:鵜尾 雅隆 (日本ファンドレイジング協会 代表理事)他

提言- 遺贈寄付が未来を創る提言
  齋藤 弘道 (遺贈寄付推進機構株式会社、全国日本レガシーギフト協会 理事)



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント