CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 配置場所遭遇記 | Main | 日々»
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
プロフィール

ボラナビさんの画像
タグクラウド
QRコード
https://blog.canpan.info/volunavi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/volunavi/index2_0.xml
ボラナビ・サーチそろそろ2年目 [2010年08月24日(Tue)]
 こんにちはボラナビ倶楽部です。2008年に日本財団助成で制作したボランティア情報検索モジュール「ボラナビ・サーチ」もそろそろ運用2年を経過します。
2年経過しようかという今、とうとう情報登録件数が1000件を越えました。
多いのか少ないのか、ペースが速いのか遅いのかはなんともいえないところですが、ボランティア情報のニーズはたしかなものがあるなと実感する数字でした。このくらいになると、検索システムがないと明らかに不便を感じるようになります。(まあつまり、つくる意義は大いにありましたと言いたいわけです)。
 その検索システムは、1000件くらいではさすがにびくともしない様子で、安定して運用できています。ボランティア情報誌に関わっていると、何でも自前でと思いがちですが、助成事業などでしっかりお金をかけるということも必要だと思います。もちろん、無料サービスなどを活用して自分で工夫するのも楽しいですし、直接的には節約にもなります。どちらかというのではなくて、めりはりが大事なのかなと思いますね。

 

1年が経つ [2009年11月02日(Mon)]
こんにちはボラナビ倶楽部です。
2008年の日本財団助成事業で制作した、「ボラナビ・サーチ」も開設してから1年が経ちました。大きなトラブルもなく運営できているのは何よりだと思います。
 数字の面でいうと、CMSを導入した成果は明らかにありました。訪問者は1.3〜1.5倍程度の増加、月ページビューでいくとおおよそ4倍に増加しました。(そのわりにグーグルのページランクは上がっていません)。

 事業開始当初、CMSにどこまでの機能を担わせるかについては、内部で完全に一致していたわけではありませんでした。結果的にはボラナビ倶楽部の全コンテンツをCMSに移行したわけですが、そうなると動作が重くなったり、サイトが複雑化して使いにくくなるのではないかという心配もありました。私は、個人的には多機能サイトはあまり好きではなくて、1つのサイトに1つの機能だけあるぐらいシンプルなものが好きなので、全コンテンツ移行ということになって、どうしたらうまくまとまるかなと、考え込んでしまいました。
 ボラナビのように、コンテンツが実際に相当数あり、今後も増えるという場合、CMSを使えばコンテンツ管理は楽になりますし、応用も利くようになりますが、トップページと呼ばれるものの数は相変わらず1つだというのがちょっとした問題です。トップページ/コンテンツの値は分母だけが増えて、どんどん小さくなっていきます。新着以外のコンテンツが埋没しはしないだろうか、トップページが細分化されすぎることになるのではないかとまじめに心配でした。
 その懸念もタブを使えるようになってからは、少し緩和されたように思います。トップページの細分化が多少防がれたわけです。
 とはいえ、一年もたてば、どんどんインターネットの面白い取り組みが出てきますし、かつては難しかったことも、簡単にできるようになっていたりして、やりたいことも増えてきます。これからも、いいサイトにしていきたいと思います。 
日々修正 [2009年02月27日(Fri)]
こんにちはボラナビ倶楽部です。昨年9月にリニューアルしたボラナビHP。とりわけボラナビ・サーチの部分は、ボランティア情報発信の要ですからとても大事です。

ですから、リニューアル後も、こちらでできる修正は重ねてきました。新しいHPのいいところは、PCと携帯版で異なる見せ方ができることで、修正もこの機能を生かしたものが大半です。PC版のみ付属機能をつけたり、携帯版の表示を簡略化したり、画面遷移を変更したりです。

最近では、携帯版で電話リンクを設定しました。作業にすると5分かからないのですが、どんな機能であっても付加する際は、付加するデメリットを考慮する必要があり、これまではやっていませんでした。やはりあると便利ということで、このほどつけることになったということです。このあたりは今後も引き続いて修正したり検討したりが続きそうです。
アップグレード事業終盤に [2009年01月14日(Wed)]
こんにちはボラナビです。2008年度の日本財団助成事業である「ボラナビ.netアップグレード事業」も2009年をむかえていよいよ終盤です。

 この事業は、HPの機能向上と、情報の収集という2つの柱で構成されています。HPについては、昨年9月にリニューアルオープンして、今もさらなる改善項目の洗い出しなどを続けていますが、一段落はしています。
 現在は、情報収集が事業の中心です。情報といっても10000も20000も集めるわけではありませんから、巨大なデータベースを調べたりはする必要がありません。
 送付されてくるちらしを精査したり、インターネットを調べたり、いくつか予め想定しておいたカテゴリの情報を1つ1つ検討していく作業になります。
 NPO・ボランティアとその周辺分野の情報の一番の特徴は、福祉系は別にして分類に適さない情報が多いことです。それだけ、多くの団体がオリジナルな活動をしているともいえるし、まだ広い意味では揺籃期の分野で、運営スタイルが分かりやすい形に収斂していないとも考えられます。
 これは、サイトなどを見て、予想外に素晴らしいという楽しみも与えてくれますが、情報収集という面では、地引網的にいっぺんにリストをつくるのが難しいので、あまり嬉しくなかったりします。
 言えることは、今は、ボランティア情報の収集は、情報における第一次産業のようなタスクだということです。きれいな形のデータベースは、おそらくはそれを前提として成り立つものなのでしょう。ですから、ボラナビのようなNPOは、札幌だけでなく全国各地で本当は必要です。
 今年度情報収集に関わってみて、NPOやボランティア情報に関しては、1次資料を形成する作業の余地・あるいは必要性がまだまだあると感じました。