CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年04月 | Main | 2014年06月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
塩谷 田植え交流会 [2014年05月29日(Thu)]
今週普通に過ごしてて何か物足りないと思ったのですよ。
あぁ、わかった。ボルナツ日誌が更新されてなんですね!

解決☆

サーセン、調子に乗りすぎました。澁江です。

さてさて、週末の活動を報告していきましょうか。
今日報告するのは、5月24日に塩谷にて行われた「田植え交流会」での活動です。
参加メンバーは澁江、菅原、鈴木(空)、多田、千葉、濱谷、ミン、佐藤(拳)の8名です。
この活動にこんなに出るのなら、他の活動にももっと出ろよと、ツッコむだけツッコんどきます。

さて、この日は驚き、なんと参加者の総勢は73名なんだとか。

DSCF2208.jpg

振り分けの様子もこんな感じですよ。
うちらは適当に4、4に分かれるよ。多田くんのいる方と、私のいる方。


ボルナツ日誌に載せてもらえるのは、私と一緒になった人たちだけだよ!

DSCF2210.jpg

とりあえず、田んぼに着いての さぁやるぞ!な写真


DSCF2211.jpg

Let's go!


1891120_471291566339062_5289886156536327336_n.jpg

バッチシ植えてくぜ!


DSCF2216.jpg

去年まで9月まで塩谷インターンに来ていた五味 希さんの田んぼは、希さんと希さんのお友達たちで中心に植えてってるよ。
あとから、私たちも参戦。


DSCF2217.jpg

終わったら、足を洗いまして


10299541_239379809584056_3704634840165891345_n.jpg

記念に集合写真!


そしたら、良い感じの時間なのでお昼ご飯だよー!

DSCF2219.jpg

奥様方及び数名の女子学生の方々お疲れ様です。


DSCF2221.jpg

お昼ご飯は!


1907654_1416166058662239_2497720070574979702_n.jpg

カレーライス!
ボルナツの活動先は、どこへいってもそうですけど、米が美味しいので、カレーも最高に美味しいですよ!


午後からは、

DSCF2222.jpg

中越地震の際にこの集落でなくなった3人の子供の記念碑で合掌


今年の10月23日はここに来よう。
そして、私の代表としての任期をここで終えようと思います。

そのあとは、来週にあるフラワーロードの前準備をするよー

DSCF2224.jpg

こっからは先はね、私も面倒になってあまり写真を撮ってないっていう


DSCF2223.jpg

菅原くんが大物を抜いてたんで、それだけ撮影
もうおしまい☆


10296835_596050623835314_900753015161022738_n.jpg

私を撮ってくれてる人が、いたのでおまけにポン


10362377_1416166365328875_9156767505212389377_n2.jpg

さらにおまけに翌日の菜の花祭りの写真

パンダの中の人は私です。そして、隣の可愛い女の子は、私の彼女です。









おい、疑ったやつ手を上げろ!

ホn...ウソだよ。チクショウ
(※中の人だったのは本当です。)
名前も知らないのに勝手にネタに使用してごめんなさい。
荒谷 田植え [2014年05月19日(Mon)]
今週は、明日から金曜までですが、夕方以降の予定が全部埋まっているのですよ。
それと同時にこの記事で私が報告できる活動日誌も絶えてしまいますので、連日更新が本当に一旦途絶えてしまいます。
澁江です。

しかし、あれは嘘だ。とかいいつつ続けていそうな気がしますが、報告する活動がなくなるのは、本当なので、どうなるでしょうかね。

さて、今日報告するのは、5月18日、昨日偶然ですが掛け持ちでの活動になった、荒谷での田植えでの活動です。
参加メンバーは、前の田麦山での記事と同じ、澁江、上野、鈴木(空)、田畑、千葉の5名です。

とりあえず、荒谷の田んぼに付いてみると

DSCF2172.jpg

皆様休憩中でしたので、お馴染みのネタをやっておくことに。
シャッター準備は既にしてあるぞ!


さて、では早速田植えです。

DSCF2173.jpg

DSCF2174.jpg

指示を受けつつ、慣らしながら補植していきます。
そう、基本は補植です。田植え機で植えたあと、植え損ねているところや、少ないところに足していきます。


DSCF2183.jpg

ちなみに田植え機は、こんなやつだよ。


DSCF2176.jpg

とりあえず、広い田んぼ一枚終わったところで、お菓子をとお茶を用意してくださったので、お茶タイム。


よっしゃ、再開!

DSCF2177.jpg

ほらほらどんどんいくぞー!

DSCF2178.jpg

植えちゃおうねー! 

DSCF2179.jpg

植えちゃおうねー!

DSCF2180.jpg

どんどん植えちゃおうねー!

DSCF2181.jpg

お次の田んぼも

DSCF2182.jpg

どんどん植えちゃおうねー!

DSCF2184.jpg

上野くんの地域の方々との距離はいい感じだな。
4年目の私は例外だと感じたとしても、彼の距離間は見本にするとよいよ。


11時ちょい過ぎには終わっちゃったね。
午後までかかる見込みでいらしたようでしたが、私たちも急遽加勢するとのことで、予定より早く終わりました。

 私は、この日裸足NGの日でしたので、基本写真係り兼、田んぼ外での手が必要なことをやっていました。その最中見てて思ったのは、そこに大学生がいると、その空間に、若さが生まれた。そう感じます。これこそが、大学生集団であるボルナツの重要な役割の一つ。
 私は、まだ大学生という若い人間に分類される人間ですが、私たちより若い子供たちがいるとその子らに合わせた若さでいようとします。その効果が、ここに生まれているのでしょう。

さって、田植えは、終わったので、

DSCF2187.jpg

DSCF2186.jpg

足を洗って、パレットも洗う。


そんなところで荒谷での活動は終わり。田麦山にお昼をいただきにいくよー!
その記事はこちらから
田麦山 復興のひまわり畑&春の山菜料理祭り [2014年05月18日(Sun)]
今現在、私は、各活動先で卒論のためのアンケートを取らせていただいてます。
私みたいな一大学生ですが、皆様親身にアンケートに答えてくださいます。
ありがとうございます。

私が卒論で書きたいことは、ボルナツそのもの。
新潟県中越地区で活動するひたすらに地域に入り込む団体。その実態ともたらす効果、これから発展するであろう方向性を示し、より良い方向へ向かう為の足がかりになるものを書き上げるつもりです。

さて、それでは、今日も活動報告といきましょうか。
報告するのは、5月18日、今日、田麦山で行われた復興のひまわり畑&春の山菜料理まつりでの活動です。
参加メンバーは澁江、上野、鈴木(空)、田畑、千葉の5名です。
参加メンバーの名前は、基本、学年順、かつ、五十音順で記載しています。
私は、数百記事と書いてきましたが、学年上私も4年になりましたので、先頭に名前を書く事も多くなりました。なんか感慨深いものがありますね。

今日の私たちの主な担当は、復興のひまわり畑作りということで、Let's 畑仕事ですね。

DSCF2165.jpg

それでは、Let's 畑仕事!


DSCF2169.jpg

植えちゃうよ!

DSCF2167.jpg

植えちゃうよ!

DSCF2168.jpg

どんどん植えちゃうよ! 


DSCF2170.jpg

参加者の方たちと一緒に植えちゃうよ! 


1601241_573942092704604_7968246720284416352_n.jpg

おっ!手前の黒ジャージの水色パーカーは!
私だ!


というところで、進みが早かったので、私一人同時に行われていた町内の子供会の廃品回収のほうにきていた子供たちにちょっかいを出しにいく。

この子達に会うのも久しぶりになってしまいましたね。去年の10月23日ぶりでしょうか。

まぁ写真を撮っていなかったのですが。
私も田麦山に行く機会ある限り行くので待っててね☆

DSCF2171.jpg

遠目から見ていると終わったっぽい!
ということで、終礼だけまた加わることに。
状況をよく見た上で、これぐらい自由に動いても良いのよと。ただし、離れちゃいけない持ち場のときは離れないでね。


9時に集まったのに、9時30分には、終わってしまいましたね。
そこで、川口サテライトの春日さんが、今日は、荒谷は田植えをしてるんだよ。ということで、お昼ご飯の時間まで、荒谷に田植えをしに行くことのなりました。なんかワクワクするよねぇ!

その様子については明日の記事で。おっ!連日更新明日まで続いちゃうんだね!
その記事を更新したので、その様子を見る方はこちらから






荒谷の田植えから戻って来ると、そこには美味しい山菜料理が待っていました。

DSCF2188.jpg

少し遅れてきたので、スタッフの方々と私たちだけでいただくことに


10300306_573942939371186_5145829856631283026_n.jpg

ズームでドン!
今写真をみてもおなか空くな...


うーん美味しかった!

ちなみに、参加者の皆様がいた時の様子はこちら

1383165_573942866037860_675844646488110903_n.jpg

この日は、先着50名様としていたので、50人満員の状況ですよ!
皆様美味しい!と嬉しい感想をいただけるほか、作り方も聞いていったそうな


さぁご飯を頂いた後は、もちろんお片付けも手伝わせていただきますよ。

DSCF2190.jpg

使った食器は、しまっちゃおうね〜。
どんどんしまっちゃおうね〜。


最後はおまけに

DSCF2191.jpg

この時、及び、この時に作った秘密基地も見てきたよ。また進化してる!

もっと進化させないとだな!
実測燃費59.9km/l! [2014年05月17日(Sat)]
もうね、今日は、ごめんなさい。
ネタがないので、なんてことのない日常の出来事をそのまま記事に。それこそボルナツ関係ないので、チラシ裏にでも書いてろって内容ですけどね。
澁江です。

明日、明日の活動の活動報告を書いたら、連日更新もやめにします。もしかしたら、他の人も書いてくれて続くかもしれませんけどね。

さて、じゃぁ今日書くのは、タイトルの通り、燃費59.9km/lが出たよっていうお話です。

まずは、証拠の写真から

DSCF2157.jpg

確かに燃費59.9km/lでしょ!

当たり前ですが、画像の改変をしているわけでもなく、燃費計をいじったわけでもありません。確かに、この数値を出しました。

では、この数字を出した環境を説明いたしましょう。

まずは、車ですね。こちら

DSCF2164.jpg

私が普段乗ってる軽自動車、ミライースです。

型式は、DBAーLA300Sです。
型式なんて書かれても整備師以外の人は、わからないでしょうから、24年式前輪駆動のグレードL。一番安いグレードかつ、今のミライースの一世代前の型になります。

カタログ上の燃費は30.2km/l(JC08モード)です。
測定時、走行距離は48216km
乗り始めてから、2年ちょっとですが、よく走ってくれてます。
学生ながら軽自動車だけど、新車に乗れてるのは、幸運なことですよ。親と共用すること前提ですけどね。

さてさて、この数値を出すために必要なことは、山に登ること。これのみです。
もうこの時点で結果が予想できた人もいるのでは、ないでしょうか。

燃費計の着いてる車は、基本的には給油した時に、燃費がリセットされます。
なので、山の上で給油すれば良いのです。あとは山をずっと下るだけ。

山の上にあるガソリンスタンドなんて、そうそうない他、携行缶にガソリンを入れて山の上で給油するというのも、できますが、そんな準備してまで行うことでもないと思います。

では、どうするのか。
車に、給油したと勘違いさせれば良いのです。
そうすれば、燃費計がリセットされ、あとは山を下れば燃費を伸ばせます。

というわけで、その肝心の給油したと勘違いさせる方法はというと、
1、急斜面で停車する。
2、エンジンを切る。
これで出来ます。

斜面なので、ガソリンタンクが傾き、ガソリン入ったと勘違いさせられます。
あとは、山を下るのみです。

Let'sトライ!

さて、知っても実生活には、何の役にも立たないと思いますが、もし興味のある方がいましたらやってみてください。

ちなみに私は小千谷市になる山本山で行いました。

その証拠の

DSCF2153.jpg

今、菜の花満開の山本山の写真


ん?一人で行ったのかって?そうだよ、一人だよ。誘う人いねぇんだよ...

良い子のみんなは、技大生の男に彼女いるのかなんて聞いては行けません。
お兄さんとの約束だよ☆
山古志 闘牛 [2014年05月16日(Fri)]
なんかね、これだけボルナツ日誌を更新していると、澁江は勉強しているんだろうかと心配されかねないでしょうけども、毎日をほどほどに忙しい日々を過ごしていますよ。

研究室が、とても時間の融通の効く研究室で、しかも、ボルナツでやっていることを、そのまま卒業論文にしようとしているのですから、尚更にボルナツでの活動に打ち込んでいます。活動面というよりは、頭脳面の活性化が主ですけどね。

さて、今日も活動報告ですよ〜
今日報告するのは、5月4、5日に山古志で行われた、闘牛場での駐車場整備の活動です。
参加メンバーは、4日:岡本、澁江、池田(裕)の3名。5日:澁江、クアン、佐藤の3名です。

今年は新潟は、雪が少なかったのですよ。それがよくわかるのが、こちらの写真でしょうか

1898796_709906175740858_2001114590042635607_o.jpg

この池には、毎年まだ大量の雪が残っているのですが、今年はほぼなかったのですよ。


どうせなので、去年と一昨年の活動の様子も一緒にどうぞ
去年の記事一昨年の記事

今回は、活動中の写真ちゃんととってたよ!

DSCF2062.jpg

活動中(休憩中)


DSCF2063.jpg

こっちが本当の活動中です。


DSCF2064.jpg

ほらほら〜


DSCF2066.jpg

ちゃんと活動してるだろう?


今までもちゃんと活動してたのですよ?ただ、私に思ったより余裕がなかっただけです。
というか携帯のカメラじゃあまり写真撮る気にならなかっただけだったりね。

4日は、推定500台の車が来ていましたね。

10255859_709906165740859_8414287654054977593_o.jpg

おまけに、山古志っていうと名前に山が入ってるくらいですから、山の中なのですよ。
いい景色でしょう。


14時近くなり、車の入りが落ち着いてきたら、私たちも闘牛観戦ですよ。
だいたい、私は、既に疲れきっていて、お昼寝タイムだったりするのですが、久しぶりにちゃんと見ましたよ!

10275360_709906182407524_1370691198827743518_o.jpg

ほれ!(貰い物の)写真


4日は、こんな感じだな。

5日の様子も

DSCF2068.jpg

ほい
朝の余裕のあった時間の様子


が5日はこれしか撮ってなかったw

GW中も頑張ってたよ!
荒谷 山菜ツアー [2014年05月15日(Thu)]
流石にねぇ、今日はもう疲れたな。
1記事書くのに、写真選定から始めて、1〜2時間かかるのですよ。
大学で授業受けて、ボルナツの事務作業やって、課題もやった上でボルナツ日誌も更新しているわけです。
普通4年は、そんな時間さえもないはずでしょうけども、私は、希少な時間に余裕がある方の人間なので...
学年が上がるにつれ、活動回数が増え、事務作業が増え、管理する範囲も増え、今から引き継ぎを終えるまでが、そのピークの時でしょうか。

ボルナツは私にとっては、団体経営の訓練所
澁江です。

さて、今日報告するのは、4月27日に荒谷にて行われた「山菜ツアー」での活動です。
参加メンバーは、田之上、池田(真)、澁江、菅原、鈴木(空)、佐藤、多田、慶野の8名です。

1900236_368119313320241_3015868268417691431_o.jpg

さて、荒谷に着きました。
みんな、これからやるぞー!って感じだろう?


10273259_241488149382171_6485683210482804845_o.jpg

さて、荒谷といえば、この集会所。わかりやすい目印になるので良いですね。


858693_368119509986888_6393518148888441117_o.jpg

その集会所の前には綺麗に桜が咲いているのですよ。
まるで私の頭の中みたいだな...


10250155_856927807657671_8774762266618625492_n.jpg

とりあえずは、朝のミーティング


山菜採りと会場準備班に分かれてLet's go

1962789_241488576048795_4789382142308394568_n.jpg

山菜なら任せろ!鈴木空良くん


1015036_368119346653571_6580374089455943359_o.jpg

1557340_368119423320230_7509892554595415623_o.jpg

山菜採ってるよー(適当)


1980271_241489022715417_3350639034954712354_o.jpg

ブルーシートを引いて、机を配置


10259107_241488849382101_4090510104732120541_o.jpg

お次は、コメの準備


10257102_241488902715429_4042094528996985505_o.jpg

バッチリ一枚
マッチョこと多田くん


1836956_241489122715407_6686556965109144809_o.jpg

山菜の仕分けに


DSCF1990.jpg

鮎の骨抜き


準備の様子はこんなもんですね。
お昼ご飯だよー!

1614459_241489522715367_2135052944719101910_o.jpg

体にピースな慶野くん


DSCF1993.jpg

DSCF1994.jpg

10258698_856927760991009_8206410417500196648_n.jpg

楽しそうな様子が伝わってくるだろう?
なんか、奥にいる赤いやつは私


885865_241489582715361_9035353014772376993_o.jpg

お前ら食うことに夢中になりすぎだろ!


美味しい時間はすぐに過ぎちゃって

DSCF1996.jpg

お片付けの時間となりました。


片付けたあとは、私は疲れたちゃって2階で寝てたのですが、その間に他のメンバーはというと

10288803_241489869381999_5643597230606787684_n.jpg

お? 石段を登ってる?
もしかして、この石段は!


920024_241489956048657_870352339875891386_o.jpg

やはり、夫婦杉か!
誰かオレと一緒に跨ぎに行く人いない?w


10006058_241490009381985_7584574010671104915_o.jpg

丁重に土下座してから


1979137_241490092715310_6357844501806528232_o.jpg

跨いだ!
この夫婦杉、2本の杉の根がくっついているのですよ。
その根を跨ぐと未婚者には、良縁招来の効果があるんだって!


多田くん曰くもう3回も跨いでるだけどな〜とのこと。
あっそ。(適当)

山菜は、食べ始めると止まらないですね〜
田麦山 春の自然塾 [2014年05月14日(Wed)]
最近ねー、がつがつ前に進めてる気がしますよ。
ペース配分は、考慮しつつも、私は短期集中型なので、行ける時に行けるだけ進んでおきたいと思います。

澁江です。
今日は、このあとまだいくつかやることがあるので、前置きは、ほどほどにささっと活動報告を書いちゃうよ。

報告するのは、4月29日に田麦山で行われた「田麦山 春の自然塾」での活動です。
参加メンバーは澁江、クアン、佐藤、ミン、八木の5名です。

私はボルナツ4年目。しかし、田麦山の春の自然塾に参加するのは、今年が初めてなんですよね。
活動参加数も3年間で365以上なんですが、それでもないのですよ。ずっと、他の活動とかぶっていたので仕方ないですね。

DSCF2006.jpg

まずは、受付対応と会場設営組に分かれて活動中。
会場設営組の様子
看板立て中


一方受付組の様子は、撮っていませんでした。

私も最初は受付組としていたのですが、その途中、また川に丸太が引っかかっているとのことで、丸太の撤去をすることに。
なんかね、毎年丸太が引っかかってるらしいねw

DSCF2007.jpg

えいさ


DSCF2008.jpg

こらしょ


DSCF2009.jpg

どっこいしょ


丸太も無事撤去されました。この毎年引っかかる丸太もある意味では、田麦山の名物の一つでしょうか。

DSCF2010.jpg

まだお昼にはちょっと早いけど、おにぎりと豚汁は、無料で配布中ということで早々にもらってきていただくことに。
田麦山で採れたお米に野菜で作られたものですから、とっても美味しかったですよ。


さて、そのあとは受付組は、佐藤くんと八木くんに任せて

DSCF2012.jpg

ちょこっと一足先に会場へ
桜が綺麗でしょう?


そこでいつも来てくれるボルナツを紹介したいということで、紹介させていただくことに。
更に留学生が二人も来ていたので、二人にもというね。

DSCF2013.jpg

4年生のクアンに


DSCF2014.jpg

3年生のミンです。
二人共もう日本語すごい上手なんですよね〜


挨拶が終わったら、餅つきやるからやらないかと。
もちろんやりますと。

DSCF2015.jpg

せいや!


DSCF2016.jpg

でいや!


DSCF2017.jpg

せいや!っとね。


思う存分楽しんだところで

DSCF2018.jpg

受付へ戻ってみると
二人もきちんと働いてました。お疲れ様。


あとは適当にうろちょろしたり、片付けしたりって感じでしたが、私は途中で疲れて寝ちゃってたね。

気づいた頃には、慰労会っていう。

DSCF2020.jpg

慰労会の様子


DSCF2022.jpg

その中でコマ回しまでやり始める。私は、コマはやったことありませんでしたが、うまく回せましたよ。教えてくれる人が上手だったからですかね。

ついでに、クアンとミンにコマを一つずつプレゼント!


多種多様な自然を生かしたイベントを行うことのできる地域、それが田麦山。
次は、どんなイベントでここに来ることになるのかな。




いつもの木のこん [2014年05月13日(Tue)]
今日は、良い天気過ぎてどっかにいきたい気分になりましたが、一人では行く気にならず、誰かを誘いたいけど、今日に時間に余裕のありそうな友達もいなくて断念した。
私の友達の少なさに絶望した。いや、友達が少ないのは、どうでも良いけど、いざ、思いつきでどっか行きたい時に誘う人もいないのは、さみしいなぁっていう。授業の取り方なんかも相当独特な取り方をしてるので、なかなか知り合いとさえ合わないことも少なくない。

サークルのためには、いくらでも電話もメールもするけれど、ただ遊びに誘うのでれば、ちょっと億劫。
澁江です。

さて、ここ数日1日1記事更新するのが日課になってるので、今日も更新ボルナツ日誌
今日報告するのは、4月25日に参加した「木のこん」での子供見守りです。
参加者は、稲越、澁江の2名

木のこんの主催者である片岡さんと出会ったのは、2月の冬の真人ツアーに参加した時でした。
その時に誘われ、実際に行ってみて以降、行ける日には、行ってるという感じ。

自然の中で子供を育てるというコンセプトの木のこん。私たちにとっても得意な場所の一つでしょう。

この日は、朝顔を植えるために朝顔が絡みつく紐を設置するということで、稲越くんが頑張っていました。

DSCF1949.jpg

DSCF1950.jpg

その最中子供たちも脚立によじ登ってくる。

流石に人が脚立に登ってる状況で、もう一人登るのは危ないので、私はやりませんが、まだ軽い子供だし、やらせてみれば、いいんじゃないかな。
ということで、とりあえず、傍観。
高いところに登りたがるのは、なんとなく本能?まぁ、それは私も同じだけどね。

そのあとは、子供行きたいままのところに付いて行って

DSCF1951.jpg

なんか、赤い実に気になった様子


DSCF1952.jpg

とりあえず、採ってみる。
私も採って、かじってみる。
無味無臭?だったので、子供美味しくないことを伝え、採っては投げて遊び始める。


お昼が近づいたので、戻ってみると

DSCF1953.jpg

朝顔の紐完成してた。
朝顔も植えてある。


とりあえず、私たちもご飯を食べて、午後からは、子供たちを追い掛けたり、サッカーのようなことやってたり、ちょっとした事件が起こったり。
尾骨を痛めて、一週間ぐらい、走り回るのが痛かったんですよ。今は、完治しましたけどね。

DSCF1954.jpg

子供たちと戦闘ごっこ
子供たちと遊ぶのは、身体操作法を実践するのには、良い機会ですよ。
どう迫ってくる子供たちの目を欺いてやろうかなって。


DSCF1955.jpg

お次は、外で水遊び


小学生の頃、砂場で、水を大量に用いた作品を作ってよく遊んでいたので、水遊びは大好きですよ。水の流れなんかを見ていると子供がいたら、今でも一緒に見ていたりするぐらいですし。

さて、写真は、これくらいしか撮ってないので、活動報告もこれで終わりにしようかな。
子供と遊びたいのなら、木のこんの活動がオススメだよ。

P.S
この時は、大変お騒がせしました。
頭の傷も今は、痕さえもわからないまでに治りました。

澁江
大崩 道普請 [2014年05月12日(Mon)]
ボルナツ日誌の私の記事を読んでると、あたかも私が陽気な人に見えるでしょう?
実際に私に会ったことがある人は、お分かりのこと、その実そんなにしゃべる方でもなく、コミュ障気味なくらいです。
その分、状況と相手をよく観て何をすべきかを考えるようにはしていますけどね。

澁江です。

もう少ししたら、新入生にもボルナツ日誌を更新していってもらおうかな。
でもその前に溜まっている活動報告を書いていこう。

さて、今日報告するのは、5月3日の大崩の道普請の活動です。
ボルナツ内では、道普請といえば通りますが、要は、用水路整備や落ち葉撤去、柵の取り付けなどの町内維持の為の活動ですよ。
参加メンバーは池田(真)、澁江、菅原、ミンの4名です。

私とよく一緒に活動に行くので、留学生のミンくんの名前がよく出てきますねw
逆にボルナツ日誌に載せて欲しければ、私と一緒の活動に出てね!
もしくは、私と一緒に活動したいからって一緒の活動に出てくれてもいいんだからね///

DSCF2026.jpg

とりあえず、朝一の全員集合の様子
メンバーがそれぞれの場所に分かれて活動開始


DSCF2027.jpg

DSCF2029.jpg

池田&ミンの泥さらいチームの様子。
この写真を見るだけだと、そんなに大変そうには、見えないでしょうけど、これが1km続くんですよ。
ボルナツメンバー御用達の箇所


そのほかの場所では、私は、カーブミラー、看板の設置に行ってたよ。
ここ大崩は、冬には、雪が3、4m積もることもざらなので、カーブミラーなんかも毎冬ごとに外し、毎春ごとに設置するんですよね。

カーブミラーはなかなか重いので、持ち運ぶだけでもちょいと苦労。
また角度調節は一人では、時間がかかりますので、やはり二人以上での作業が望ましいでしょう。

カメラを池田&ミンチームに渡していたので、私の活動していたところの写真を撮っていないっていう。

途中で池田&ミンチームに合流。カメラもゲット。

DSCF2033.jpg

DSCF2035.jpg

ついでに写真も撮っといた!


DSCF2032.jpg

そして、一旦休憩


DSCF2036.jpg

またまた、別動隊として、カーブミラー設置の続き。
中には、設置箇所の穴が埋まってしまっている場所もあって、掘り起こすところからです。

DSCF2037.jpg

看板を設置するための杭を差込中
木槌やハンマーでまっすぐ振り下ろせる技術も身につけたいですね。


写真には撮ってないけど、柵の設置やってたよ。

そんなところで活動おしまい。
技大に戻って午後からの活動(こちらの記事)に備える。
お疲れ様でした。
だぁ〜すけ ソバ打ち体験 [2014年05月11日(Sun)]
そういえば、レポートがそこそこ貯まってきてるんだよなぁ。
ボルナツ日誌よりもレポートやらないとか。

まぁ、それはそれ、これはこれ。
むしろ、両方やっていけばよいんじゃね?
そうね!

おk、そうしよう。

さて、今日も今日の活動の報告しちゃおうかな。
というわけで、本日5月11日鵜川にて行われた「ソバ打ち体験」の補助の活動です。
参加者は、澁江、佐藤、田畑、ミンの4名です。

普通のソバ打ち体験ならば、私たちの手まで借りるほどではないのですが、今回は小学生57人も来るというのですから、驚きです。

DSCF2102.jpg

DSCF2105.jpg

DSCF2110.jpg

DSCF2116.jpg

とりあえず、ソバ打ち体験してる子供たちを適当に撮っとく!
一応子供たちが楽しそうにしてる写真も撮りたいところですが、ここに載せるのは、控えめの写真にしときました。


さて、その裏方で

DSCF2101.jpg

火の番ナウ


生地をこね、伸ばしたあとは、切る作業ももちろんあるのですよ。

DSCF2118.jpg

流石にこれだけ子供がいると全部包丁で切るのは、時間もかかりすぎるし、難しいので、ある程度の大きさに切ったら

DSCF2122.jpg

このパスタ切るのにも使える機械で切ってくよ。
手軽にソバを打ちたい方には、オススメです。
もちろん、ソバ切り包丁で切りたい方は、包丁で切ることも可能です。

DSCF2119.jpg

切った麺は、こんな感じ。
麺の幅が揃うので良い感じになりますよ。

こちらでソバ打ち体験したい方がいましたら、この記事にコメントください。
会場から少し出たところで子供がいくらでも走り回れる広場もありますよ。


DSCF2125.jpg

ボルナツメンバーの写真をあまり撮っていなかったので、今更だけど、活動してたよっていう写真をね。


無事ソバを切り終えたら

DSCF2131.jpg

子供たちは、食事用の会場、綾子舞会館へ


DSCF2130.jpg

私たちは、ソバ打った会場のお片づけ
※ただし私は写真取るだけ


DSCF2134.jpg


DSCF2135.jpg

ソバを茹でるのは、ほたるにて


DSCF2140.jpg
DSCF2139.jpg

終わったら、洗い物もね。


DSCF2141.jpg


DSCF2142.jpg

食事会場もお片づけ


片付けが終わったらちょうどお昼の時間となりました。

DSCF2143.jpg

ということで、いただきます!
ここのソバの良いところは、何よりもソバの香りがしっかりあることですね。
お店や買って食べるソバでは、そうもいきません。

そして、山菜が食べられるっていうのもいいですよね。
大学の近くにいたのでは、まず食べられないですからね。こういうところに来るからこそ食べれるのです。

人が少ないところほど、食材自体の味がよくなる法則。

さて、というところで、今日の活動もおしまいです。
私は、寝坊しないように睡眠時間を確保する、起きるための心づもりして寝る等心がけないとですね。
| 次へ