CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年03月 | Main | 2014年05月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
関東豪雪での活動 [2014年04月25日(Fri)]
基本的にボルナツ日誌の更新速度は、澁江の余力の有無を表しています。
月に平均10の活動に出ていますので、もし書こうと思えば、10記事近く書けるのですが、いくらなんでもそれは無理で、ひどいと月に3記事とかになってきますしね...

更新間隔が空いたら、澁江が疲れてると思ってください。
ボルナツ日誌は澁江の体力のバロメーター

さて、前置きはどうでも良い話でしたが、
今年の2月中旬から3月上旬にかけて、あらゆる箇所で豪雪となりました。
その際、ボルナツは、2月21日、23日に山梨県都留市。2月26日と27日に群馬県前橋市。3月2日に山梨県大月市に活動に行って参りました。

それぞれの活動者は以下の通りです。
2月21日:稲越、池田、塩澤、澁江、林の5名
2月23日:稲越、塩澤、澁江の3名
2月26日:稲越1名
2月27日:稲越、池田、塩澤の3名
3月2日:稲越、澁江、多田の3名

私たちが使う道具:ダンプ、平スコ、角スコ、剣先、カンジキ全て持参で行きました。
豪雪地帯の人間は、何種類もの道具を使い分けて除雪するのですよ。

私の「ボルナツ動くぞ」の号令の元に後押しし、支えてくれる人がいました。それが稲越くんでした。その稲越くんはフル出勤。彼の精神力と体力はすごいですね。


さて、いつもの通り活動報告といきたいところですが、活動に夢中で活動写真はあまり撮ってないのですよね。
というよりも災害ボラのときは、大体あまり私の余裕がないため、撮ってないですね。

そんな中、都留市での活動中撮って頂いてた私たちが映った写真があるので、それでも貼り付けて活動報告に。

1622841_10202663529783030_788815360_n.jpg

唯一の雪下ろし経験者ということで、私と稲越くんで除雪の進め方を相談し、その旨を今日のグループに伝えているところ。
各地域で除雪の師範の方々から指導していただき、実践経験を積んだ上で実際に雪下ろしを行っています。
雪下ろしの経験のない方は、容易な気持ちで屋根での雪下ろしを行わないでください。


1782171_10202645158683764_790763044_n.jpg

そして、実際に雪下ろし


1622833_10202663490902058_1879742244_n.jpg

中には、屋根に積もった雪が落ちてきて、隣の家の敷地にまで到達してしまっているところも
屋根の際がどこなのかを確かめつつ、慎重に行っています。



75976_275385725957900_894084956_n.jpg

最後は、私は参加できませんでしたが、群馬県前橋市での活動の最後の集合写真


災害が起これば、無理のない範囲ならばすぐ動く。その行動力は、今も変わらずに引き継がれています。
よってげ亭 [2014年04月23日(Wed)]
最近暖かくなり、過ごしやすくなってきました。
山古志の活動先で頂いた、我が家のやまゆりも元気いっぱいです!
今年こそは花が咲いてくれることに期待しています。
DSC_1109.jpg


さて、今回のメインになります、よってげ亭の活動報告です。
活動日は4月20日(日)
天気は晴れ。
活動参加者は、林、池田(裕)、上野、佐藤、古野、奥村、古澤と報告者の田之上です。

前日の大崩懇談会に参加して、公民館に宿泊した組が半分おり、私もその中の一人です。なので、出発地点は大崩公民館です。

IMG_1603.jpg

朝ごはん(昨晩の残り)。

IMG_1608.jpg

さすが豪雪地帯!大崩集落にはまだ雪が残っています。

IMG_1613.jpg


IMG_1606.jpg

よってげ亭に向かっていざ出発!!

IMG_1620.jpg

学校組と合流して、準備開始。

IMG_1621.jpg

準備完了。

IMG_1624.jpg

ゆで卵の殻むき担当。古澤君が珍しく真剣ですww

IMG_1631.jpg

屋台担当、新入生の佐藤君。仕事をすぐにマスターして、早くも板についています!

IMG_1638.jpg

代打、池田(裕)君!今年の新入生は仕事覚えが早いですねぇ。

そしていつの間にか
IMG_1626.jpg

一輪車して

IMG_1634.jpg

グリコとだるまさんが転んだをやって

IMG_1635.jpg

トカゲで遊ばれて

IMG_1637.jpg

乗り物にされて

IMG_1639.jpg

子供たちと遊びました!!

いやぁ、さすがボルナツ!
新入生も馴染んでいたので、見ていて楽しそうでした。



私の勝手な感想ですが、ボルナツの今後は明るい気がしました!!
福島足湯その6 [2014年04月14日(Mon)]
タイトルがその6

そうなんですよ。私がここに行くのも6回目になりました。
いくら新潟が福島の隣にあるとしても、片道4〜5時間かかる道のりなので、福島大学や福島県内にある大学のようには出来ません。中越での活動もおざなりにするわけにも行きませんので、ここでは、一箇所だけですが、継続して活動させていただいてます。

というわけで、4月12、13日に行った福島県相馬市大野台の仮設住宅での足湯活動です。
参加メンバーは塩澤、澁江に加え新入生の田畑くんも参加してくれ、3名です。

12日の午前4時に大学に集合し、少し準備してからLet'sらGo

到着したのは、10時30分頃でした。
さて、到着してみるとこの日は、仮設住宅の施設内でお祭りをしているとのこと。
せっかくなので、覗きに行ってきました。

DSCF1908.jpg

その途中にあった、鯉のぼり
まじまじと見たのは結構久しぶりかも

DSCF1910.jpg

たくさん人がいるでしょう?
でも、客層をみてみると、お年寄りが多いのですよね。老若男女が集まるイベントというのも難しいのでしょうけども、そもそも、もう仮設に残ってる若い人たちも少ないのでしょう。


というところで、少し休憩して、お昼ご飯を食べたら、足湯開始ですよ。

DSCF1911.jpg

DSCF1914.jpg

せっかくなのでね、春服らしい明るい色の服を着ていきましたよ。

先週、中越で地震がありましたよね?私たちがここに来ていたことで、中越のことにも気を向けていてくださったようで、そっち(中越)、この前揺れたろ?と聞いてくださいました。
それと同時にうちらは震度4程度じゃ驚かないと冗談混じりにも言ってました。

DSCF1918.jpg

新入生、田畑くんも塩澤くんから足湯のやり方を教えてもらっています。
そもそも彼が入ったのは1日前のことなのですがね。


DSCF1921.jpg

私たちの足湯のやり方は、かなりの各々の自己流です。
しかし、必要最低限として、相手の話を聴くことだけは、徹底させています。


石の上にも3年というのでしょうか、それとも春のおかげなのでしょうか、ここの仮説の皆様に少し明るさが戻っているようにも感じましたが、もう3年か、時が経つもの早いな(状況は何も進んでないのに)と嘆きのような、諦めのような声が聞こえることも少々。

それと同時に、尚更に元のところ(飯館村)に戻る以外の選択をしなければならない時がきたら、一苦労しそう、そう感じました。

1日目の活動は、この辺にして、

DSCF1927.jpg

この日の晩御飯、兼プチ宴会
お寿司とつまみ買ってきて、いただいたビールでカンパーイ!
その後、20時には、私はバタンキューでした。


さてさて、二日目
DSCF1928.jpg

青いパーカー澁江みのむし、シブシブムシですよ〜

冗談はさておいて、

朝おきたら、肌荒れがひどくて、私は皮膚科に行ってくることにしました。

その間、塩澤くんと田畑くんの二人に任せっきりに。結局は私は終わり際まで戻ってこなかったけど、問題なく、活動していたようです。流石に二人だけ、しかも一人は新入生という状況で、大変だったろうけど、ありがとう。

DSCF1930.jpg

終わり際には、田畑くんも足湯の技能をしっかり習得しちゃってるようで。


暗くなる前の16時頃には、片付けを終えて、出発し、海沿いを見てくることに。
私が始めて福島に行き、足湯を行った新地町です。
道中、あの日から、道路が補修されたほか、新しい店もいくつか立っているように思えました。

その一方で

DSCF1938.jpg

海岸に行き、振り返ると


DSCF1934.jpg

DSCF1939.jpg

DSCF1935.jpg

目に入るのは、このような光景
原発による傷跡は、まだまだまだ治らないほか、津波による破壊のあとも直しきれないのが現状です。


今後も長らく、いえ、ここの仮設がなくなるまで、年数回程度でしょうが、私たちもお伺いします。また会える日を楽しみにしています。
代表、会計、副代表 [2014年04月06日(Sun)]
平成26年10月23日、ボルナツ代表の座を渡します。

 技大の4年生には、実務訓練があるため、その他の役職は、9月までには、引き継ぎ準備を終わらせ、その役をおりますが、私は、実務訓練には、行きませんので、ボルナツができるきっかけとなった中越地震から10年目の節目のとなる10月23日に代表の座をおります。

代表の座を引き継ぐあなたへ

 私が引退してからのボルナツは、大きく変わるでしょう。私が3年半という時間をかけて、見て、経験して、造り上げたボルナツがあなたの目の前にあります。

 そのボルナツは、土台を作っていったOBの方々がいて、私たちに会えることを楽しみにしてくれている地域の方々がいて、一緒に遊んでくれることを楽しみにしている子供たちがいて、私に惜しみなく力を貸してくださった先輩方と、絶え間無い努力によって、協力してくれた相棒と同級生達と後輩達によってできたものです。

 あなたが前に立つのなら、協力してくれる同級生がいて、付いてきてくれる後輩がいて、力を貸してくださる先輩方がいます。代表となったからには、常に前に立つ事を覚悟してください。

あと6ヶ月半後のボルナツをよろしくお願いします。

4月6日現在 ボルナツ代表 澁江 嘉輝

長い前置きももう終わりにしましょう。
あとは毎年恒例の役職持ち紹介。(※面倒なので、役職もちのみにしました。てへぺろ(・ω<))

251031_204683223016515_1281105670_n.jpg

代表:経情B4 澁江 嘉輝

必要がなければ、話すことをやめました。
その代わり、よく観て、よく考えて、的確な一言を残していきます。
世俗的な遊びは、ほぼ何もできないけれど、どっか静かな場所に行くのに付き合ってくれる人がいると嬉しいです。



1233596_210187569148575_1755118559_n.jpg

会計:環境B4 稲越 誠

あなたがどんな状況だろうと受け入れるという覚悟があるのなら、彼は惜しみなく力を貸してくれるでしょう。そして、彼の有能さは、あなたの実力を120%にまで引き伸ばしてくれるでしょう。必要に応じて、相手の上から下から立場を変え、必要なものを見定め、差し出してくれます。

1660528_258451210988877_1538767450_n.jpg

副代表:環境B4 池田 真太郎

彼は人知れず、あなたの事を気にかけてくれているでしょう。いつも目の前にいるというわけではないけれど、影からあなたのことを見守ってくれています。あえてずらした立ち位置から、独特な視点を持つのも彼であり、引き出しの多さによる彼の話には、一興の余地あり。
八王子 冬囲い外し及び製作 [2014年04月05日(Sat)]
最近思ったこと。無理して話すことをやめた。
苦手なものを、無理してやる必要もない。
その代わり、必要な時には、一言を。
澁江です。

昨日には技大の入学式があり、今日は新入生が初々しい顔をして、大学内を歩いてましたよ。
この大学に入り4年目になり、1、3年生を見て、若いなぁと思える人間についになってしまいました。

さて、そろそろ、ボルナツカメラの使わずに取った写真で書く記事もなくなりますよ。
今日報告するのは、3月18日に八王子にて行われた冬囲い外し、及び制作の活動。
参加者は、澁江、多田の二人。

画像-0051.jpg

まずは、冬囲い外したよ。
なかなか外れないやつもあって苦労しました。
ちなみに窓下から地面までは、1mぐらいありますよ。
1mの雪の上ってのは普通のことですよね。


画像-0049.jpg

今回、新しい冬囲い作る様の板ですよ。
まずは、トラックからの積み下ろし。くぅつか40本だそうですよ。


画像-0050.jpg

更にマッチョこと多田くんと作業しやすい場所まで運んだり、運んだり、運んだり


そっからは、私は古い板を集落内の人たちに分配する作業のお手伝いに、多田くんは、新規冬囲い制作のお手伝い。

画像-0052.jpg

一旦休憩兼ねてのお昼ご飯。
やっと、ここのチキンカツが食べれたよ。
休みなく活動に出てても、いつも活動がかぶり来る機会がなかなかなかったんですよね〜。


午後からも冬囲い制作の続きをしていたのですが、多田くんと地域の方にお任せして、私は寝てました。
季節の変わり目は、弱り気味。
それも澁江です。

私とは違い、多田くんは、いつも力仕事の多い活動に出るのに元気なものだ。マッチョというあだ名もあながち間違っちゃいない。

今日もお疲れ様。