CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年01月 | Main | 2014年03月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
冬の真人ツアー [2014年02月25日(Tue)]
おいおい、もう少しで2月も終わるぞ。

くっ

精密な計画を立てないと、ある程度以上の忙しい日程は、できないものですね。

さて、金曜、日曜と山梨の都留市という富士山の麓近くの市のところ行ってきましたが、屋根上に1m以上の雪が積もっているところが多数。それにより、屋根が歪んでいる家も多数といった状況でした。

日中の気温自体は、ここよりも幾分高いため、日の当たるところは、雪が溶けるのも早いのですが、日の当たらない箇所の雪は当分解けないため、屋根雪の重量バランスの崩れにより、2次災害が起らないかの心配が、未だあります。

私たち以外には、屋根上でも使いやすいスノーダンプ、カンジキもなく、屋根の雪下ろしの経験があるという人もほぼ皆無という状況では、当分は、今まで通りの暮らしをするというわけには、行かないでしょう。

ひとまずは、晴れの日が続き、雪が早く溶け、今まで通りの生活ができるようになることを願うばかりです。

本格的な除雪の記事は、また後日にするとして、まずは、溜まってる分の記事を書いていきますよ。
今日、報告するのは、2月6日に参加した小千谷市の真人ツアーです。
参加者は、稲越、澁江の二人です。


この日、どんな日だったか覚えていますか?
雪が少ない今年度で、久しぶりにガチで雪が降った日でした。
そして、そんな日に限って、東大生の人たちも小千谷市の岩沢に来ていたのです。

1962545_579461455479523_394034522_o.jpg

朝、車を出そうとしたら、この雪でしたよっていう。
スノーブラシを使って雪下ろし中。


そんな余談は置いといて、真人へGO

とにかく、冬の真人でやることの詰め合わせツアーでした。
まずは、カンジキ履いての歩行体験

画像-0026.jpg

カンジキ履いて〜


1799879_579461492146186_910105877_o.jpg

ハイ、チーズ


画像-0032.jpg

さぁ、雪の中を突き進め!


突き進むのは、私と稲越くんだけで十分ですね。

画像-0027.jpg

私たち以外の皆さんはゆっくりならしながら歩いていくよ。


画像-0033.jpg

同時に雪庇落としの体験も


お次は、味噌作りの見学
私には、もうお馴染みの光景になってきた。
しかも、この三日後にはするしね。

1956692_579461585479510_684237955_o.jpg

ここで、味噌を冷ましたら、塩と麹と混ぜて、台上へ


1782319_579461528812849_1973782500_o.jpg

ここで空気を抜きます。


お次はお昼を食べる会場にもなる、真人の田舎料理屋、田舎っぺに移動しまして

画像-0037.jpg

とりあえず、一服


1557140_579461695479499_603015416_o.jpg

お昼前に笹団子作り体験だよ


1801375_579461945479474_1160285901_o.jpg

出来上がるとこんな感じ。
ちょこっと教えてもらうだけで出来ちゃうものなのですね。


さて待望のお昼ご飯

1618313_579461718812830_526953026_o.jpg

ズラっと並んで


画像-0038.jpg

こんな感じで


画像-0039.jpg

いただきます!
この時、ちょっと睡眠不足で、ご飯2杯とお汁2杯しかおかわりできなかった...


画像-0044.jpg

お昼のあとは、様々藁細工の紹介と体験
昔はただの藁で身の回りの物なんでも作っていたのですね。


このあとももう少し真人ツアーのプログラムが残っていたのですが、私たち二人共、夕方から塾講師だったので、一足先に帰りました。

また一つ中越について詳しくなったなw

おしまい
八王子除雪 [2014年02月19日(Wed)]
金曜日、ボルナツは山梨へ行ってきます。
土日と中越での活動を終えたら、第2陣も計画中です。

豪雪地帯の大学生の力を示しに行きたいと思います。

さて、活動報告。
今日報告するのは、1月26日に小国八王子で行った除雪活動です。

八王子集落は、集落自体の高齢化から、すぐ隣の芝之又集落と一緒に自治しているのですが、ここは、集落内で除雪行いきっているという先進的な取り組みをしている集落でもあるのです。

写真はそんな撮ってなかったので、適当に写真貼って終わりでよいですか?w

1417668_264206243742515_735867188_o.jpg

とりあえず八王子ついての一枚

今年は、雪壁も2mしかなくて過ごしやすいですね。

1501533_264206440409162_715542701_o.jpg

1597731_264205213742618_1667854424_o.jpg

1781327_264206087075864_1954103137_o.jpg

この日雪下ろしを行った旧小学校の屋根から
作業中の写真こそないけれど、5m×10m×1.5mもの雪をどかしきるのは、流石にきつかったですよ。


1506272_264205383742601_1155859385_o.jpg

最後はおまけ、八王子集落の総代、安澤さんのお宅


今日もお疲れ様
岩沢除雪 [2014年02月12日(Wed)]
やればやるほど、考えれば考えるほど、ボルナツのやっていることだと、ボランティアの限界を感じる。
今は、代表として多少の苦労と無理をして毎回少しでも前に進めるようにやってるが、そこまでやっていることに意味があるのか。
自己満足できたのならそれで良いのではないか。
であるならば、自己満足させることを最終目的として、設定した上で活動していくほうが今後のボルナツの為になるのではないか。

私ももう引き継ぎを考えなければ、ならない時期になりました。
3年間も全力でやり続けた活動を引き継ぐのだから、自分でも引き継ぐのが億劫になっていた時期もありましたが、私の声を聴いてくれる人がいて、引き継ぐための心の準備はできました。

私がやってきたことを、私のような恵まれた環境なしに同量のことをやろうと思えば、多分体力的にも精神的にも壊れかねないけど、それをわかった上で、うまく引き継ぐから安心して出来ることをやってほしい。

たまには、後輩へのメッセージもこめてボルナツ日誌
澁江です。

さて長い前置きでしたが、活動報告
今日報告するのは、1月25日に岩沢アチコタネーゼが始めた地域除雪のお手伝い。
参加メンバーは、池田、稲越、塩澤、澁江の4名です。

朝は早いですが、早速一件目〜

1497088_1440843246148852_1590705575_n.jpg

前回の時にもいったお宅で除雪だよ〜
といっても、もう屋根の雪も下ろし終わってからの落ちた雪の処理中のところの写真ですけどね。


最後に家主のばあちゃんとお話して、2件目へ

1506215_263456227150850_1954861645_o.jpg

行くぞ!


1537933_263454850484321_664501392_o.jpg

うちらは、とりあえず、小屋の方の雪下ろし
30分もかからず終わった!


1655508_263453990484407_2089587648_o.jpg

そして、本家の方に加勢
屋根上の赤いやつは私。
撮ってもらった写真をみてとてもダイナミックだなぁwと


1523231_263456477150825_1019524571_o.jpg

ここでは樋(とい)を使って、効率的に


998644_1440843269482183_657563811_n.jpg

1654061_1440843306148846_940647053_n.jpg

こんな感じに合体させて、一気に雪をどかせるようにしてるよ


屋根の雪は下ろし終わったので、

202716_263453910484415_2071181142_o.jpg

梯子は、外して、周りの雪もちょこっと(2m四方ぐらい)どかして


お昼だー!
山紫だー!


1528654_248818818618783_24206818_n.jpg

この写真は、前回の記事の写真をそのまま流用しましたw
4人全員が約3杯ご飯をおかわりしました。
学生が来るときは、事前に連絡してよ〜と嬉しい悲鳴が聞こえました。


午後からも力いっぱい3件のお宅の除雪をしてきたよーと

1512198_263453747151098_1321151348_o.jpg

一枚の写真だけ貼り付けておしまい


お疲れ様でした。
第0回ボルナツOBボランティア交流会 [2014年02月10日(Mon)]
先週末から、活動とバイトラッシュでバタンキューな日々でした。
家に帰ってやることやったら、もう眠くて眠くて、やっと、ボルナツ日誌を更新出来ますよ。

月曜日なのでね。頑張り時に合わせて、更新しました。(※偶々です。)

書く記事も溜まっていってますが、週に2、3記事ずつ上げていきますよ。
というわけで、まずは、2月1、2日と行ったボルナツOBボランティア交流会
参加してくださったOBは、川本さん、上野さんと奥様(旧姓黒田)、武澤さん、西野さん、鎌田さん、大谷津さんとその彼女6名+2名
現役生は、稲越、岡本(陽)、澁江の3名でした。

大崩で除雪の企画をしたい、私が卒業するまでにOB会をやっときたい。今まで参加した企画らを足し合わせて、やりたいことの両方を混ぜて企画したのが今回の会です。
敢えていえば、OBの方々のためでも部員のためでもなく、ボルナツのための私的な目的で企画しています。

反省点もたくさんある会となりましたが、たくさんの人の協力があってこの会が無事に終わりました。
次回以降は、より良い会にします。

さて、1日のお昼ちょっと前、ボルナツにとってはいつもの集合場所、セコム前に集合。そして開会式、ただし、やることはろくに何も考えてない。

集合場所を技大セコム前にしたのは、ここなら絶対に場所がわかるし、技大にさえいるのなら、忙しい院生の人たちでも顔を出せるかなとの考えの元、二日前に決めました。

開会式は適当に済ませまして、まずは、お昼ご飯を食べに行くよー

CIMG4069.jpg

最近御用達の山紫
美味しい野菜がたくさん食べれる嬉しいところです。

CIMG4071.jpg

味わって食べているようです。


お昼を食べ終えましたら、大崩に移動し、今回の活動、除雪開始です。

CIMG4073.jpg

とはいっても、ここ数年で珍しい雪の少ない年だったので、屋根から下ろすほどの雪はないので、大崩分館横の屋根から落ちた雪をどかします。


CIMG4078.jpg


その一方で、水の流れが悪くなってるので、

CIMG4075.jpg


CIMG4076.jpg

おやつさんらは、水の入口を確認しに行きます。


CIMG4081.jpg

遠くから傍観tyカメラ撮影中


16時も過ぎたら、今日の作業は終了

CIMG4087.jpg

CIMG4088.jpg

吉春さんの秘密基地で温まってます


そしたら、温泉いって〜

帰ってきて〜

CIMG4090.jpg

大交流会の始まり
全員の自己紹介から始まり〜の


CIMG4091.jpg

バイトから戻ってきた稲越くんも加わり、談笑中


CIMG4094.jpg

最後には、集合写真を
この写真を大崩文館に飾っていただくことにしました。


そして、1日目は終わる...

CIMG4095.jpg

二日目の始まり、朝ごはんの様子
アルコールの結構入った上で3時に寝て、6時には起きて準備していたので、ちょこっと怠い朝


二日目は、小千谷市の棚田を守る会の五藤さん宅へ行きます。
着いてから、お茶でも飲んでからの第2ラウンド

CIMG4097.jpg

玄関前の雪を切っては


CIMG4098.jpg

運び


CIMG4099.jpg

掘っては運ぶ。


CIMG4102.jpg

こんなに綺麗になりました。


CIMG4105.jpg

時間もお昼に近づいたところで、ご飯をいただいて、OBボランティア交流会の終了となりました。


ここにOB会を開催したことを宣言します。ボルナツ代表、澁江
鵜川 才の神 [2014年02月01日(Sat)]
もう2月かぁー

1月はなかなかハードモードでしたよ。とはいえ、週5で塾講師しつつ、ボルナツの活動に出てた2年前に比べれば、体力的には、どうってことないのですが、冬休みは、孤独との戦いですよ。特に代表となった今年は。厳密には、一人ではないのですが、ほぼいなくなってしまうのです。
 しかし、逆にそれでも協力してくれる人がいるってことに気付ける絶好の機会でもありました。

記事とは、関係のない前置きでした。澁江です。

今日報告するのは、1月15日に鵜川で行われた才の神の活動です。
参加メンバーは澁江、奥村、古澤の3名

ここ鵜川では毎年小正月の15日に賽の神を行うのを伝統にしていますので、今年も15日に行いました。
ボルナツではお馴染み、鵜川を中心として活動されてる「だぁ〜すけ」の主事、小野様のブログでも報告されてるので、そちらもどうぞ
うかわ・山里生活奮闘記
才の神

現地に着いたら、とりあえず、今日も〜

画像-0025.jpg

カンジキ装備 
カンジキを付けて歩くのも、私には日常の光景になってきました。


会場を踏み固めつつ、

画像-0026.jpg

とりあえず、うちらは、雪玉投げる。


どうしてこんな写真を上げたかって?
奥村くんが写ってる写真がなかったから、唯一写ってた、この写真を上げました。

画像-0027.jpg

才の神の芯を作ってる間に、支えとなる木々に藁をくくりつけていたのですが、写真とってなかったですね。
ついでにこの写真を見てもらうと、わかると思いますが、この日は冬の新潟には珍しい晴れ間の広がる日でしたよ。


画像-0032.jpg

支えの木を足しつつ、藁を足しつつ


画像-0033.jpg

完成ですよ。
写真これだけかよ?
これだけだYO!


画像-0034.jpg

∩(>ヮ<)q<点火の時間まで一旦休憩だよー


時間になりました。

画像-0035.jpg

聖火(藁)に火を灯して


画像-0037.jpg

ファイヤー!


画像-0038.jpg

∩(>ヮ<)q<煙が上がっていくよー


画像-0039.jpg

∩(>ヮ<)q<どんどん燃えていくよー



スルメ美味しいです。(^q^)

晴れてて、風もあまりなかったので、煙が綺麗に空に登っていく様子が見れました。