CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
田麦山 魚道整備 [2012年06月28日(Thu)]
もう夜中の2時か、ただ今日ブログを更新しないともう次はいつできるかわからないのでやろう。
コロコロ記事の書き方が変わることに定評のある渋江です。今日はどんな記事を書くのだろう。

さて、報告するのは、6月24日に川口の田麦山にて行われた魚道整備で活動です。
参加メンバーは森末、八木、報告者の渋江の3名にアオーレの活動から中島、大谷津、神藤、多田武流の4名の計7名。

去年市からの補助金が出てついに完成した魚道。しかし今年の豪雪にて魚道に向かうまでの階段がことごとく壊れてしまった。今回はその階段を直します。

というわけで、朝8時に田麦山公民館に集合

s-CIMG2632.jpg

まずは、私の車も一緒に朝のミーティング

そしたら早速活動場所へ移動

s-CIMG2633.jpg

今日もお馴染み農道のフェラーリに乗ってね。

s-CIMG2634.jpg
s-CIMG2635.jpg

待ち構えているのは今日の作業で使う材料の山
そして、朝の集合写真


肝心の階段の様子はというと

s-CIMG2637.jpg

ただの急斜面の獣道となっている。


明日も1限から授業があり、バイトもあるので早く寝たい。
あとは写真に語らせることにする。


s-CIMG2641.jpg
s-CIMG2642.jpg

杭を打ちつけていく。

s-CIMG2644.jpg

丸太を敷いて釘を打っていく。

s-CIMG2647.jpg

それの連携作業

s-CIMG2648.jpg

一旦休憩

s-CIMG2649.jpg
s-CIMG2656.jpg

作業再開、アオーレ組みも到着したようだ。


s-CIMG2659.jpg
s-CIMG2658.jpg

階段のお次は、看板の制作も

s-CIMG2662.jpg

このまま多田君ごと埋めればいい感じかな!

さぁ完成だ!

s-CIMG2653.jpg
s-CIMG2665.jpg

全部で73段あるという階段と

s-CIMG2663.jpg

作業後の集合写真


今日は、お昼ご飯も出していただけました!
ということでいただきます!
s-CIMG2667.jpg

ターメリックライスのカレーに卵スープにお漬物
はたまたお手製のデザートまで

ありがとうございました!
とってもおいしかったです。
 


最後に魚道の写真も貼っておかなくては
s-CIMG2636.jpg
s-CIMG2645.jpg
s-CIMG2646.jpg


このあとは山本山にも行っていたのだが、写真なんかとらずに日向ぼっこをしていた。
眠い。
お疲れ様でした。
眠い。
速報 ボルナツの女神は永遠の16歳きゃぴっ☆ [2012年06月23日(Sat)]
6月23日、「小千谷市の棚田を守る会」様との活動中、ボルナツに所属しているNさんに、インタビューしたところ、
取材班「年はいくつですか?」
Nさん「私?私は永遠の16歳☆」
などと意味のわからないことを述べており、要注意人物として今後も目が放せない様子です。

次のニュースです。
実際に行われた棚田を守る会〜草刈、草取、溝切の活動報告です。
渋江さん、中継お願いします。


はい、こちら渋江です。今回の活動を中継いたします。
参加メンバーは、中島、神藤、丹羽、報告者の私の4名でした。


本日も9時集合ということで、余裕をもって10分前の到着となりました。長靴を装備したり、荷物を移動させたり、準備を整えていきます。写真なんてございません。

丁度9時となったため、「小千谷市の棚田を守る会」様の会長、五籐 忠雄さんより挨拶と今日行う予定の活動の説明がありました。
CIMG2580.JPG

今日の活動は
@バルコニーの解体
A田んぼまわりの草刈
B田んぼ内のの草取り、溝切
の三つ
特に草取りは地味だが、とても大事かつ人手のいる作業ということで、がんばっていこうとのことでした。

それでは早速、棚田まで上ります。

CIMG2581.JPG
CIMG2582.JPG

途中にあるバルコニーにて一旦停止し、解体の仕方の説明
今年の雪害によってついに壊れたしまったバルコニー、どう生まれ変わるのでしょうか?


説明後、またすぐに農道のフェラーリに乗り込み、棚田の最深部まで向かっています。

最深部に到着すると
CIMG2587.JPG

五籐さんと中島さんが仲良さそうに何かし始めています。

またこちらでは、
CIMG2584.JPG
CIMG2585.JPG

新しく購入したという溝切機を組み立てています。
ちなみに値段は10万円ぐらいとのこと。


準備が整ったところで、早速活動開始。
我々ボルナツ4人は、今回活動がかぶってしまい23日しか参加できないため、先にボルナツ田んぼでの作業をさせていただいています。


CIMG2588.JPG

これが、現在のボルナツ田んぼの様子
これが数時間後にどのように変わるのでしょうか?

CIMG2590.JPG

これは、私でしょうか。
草刈機を振り回し、草をなぎ払っている模様
危ないので近寄らないほうがよいでしょう。

CIMG2589.JPG

こちらでは、神藤さんと丹羽さんが田んぼ内の草取りをしており、中島さんは私が刈っていた草を熊手で集めているようです。
地味で絵にならないので、時間を進めましょう。





CIMG2595.JPG

今度は私が斜面の草を刈り、神藤さんが水路に落ちた草を掻き揚げている様子。


CIMG2597.JPG

そのころ丹羽さんはというと・・・
やはり、田んぼ内の草取りをしていた。
草取り職人と化しているようだ。

だが、地味なので時間を進める。





CIMG2600.JPG
CIMG2603.JPG

私と神藤さんは、さらに斜面の上のほうを刈っている。
ちょうど刈り切ったというところで、ちょうどお昼ご飯の時間となったためお昼ご飯へと向かいます。


午前中でどのくらい進んだのかというと

CIMG2607.JPG
CIMG2608.JPG

このような感じである。


さて、場面は変わりお昼ご飯風景です。

CIMG2613.JPG
CIMG2615.JPG
CIMG2618.JPG

なぜか私だけがカメラ目線で不気味に笑っている。
そして、屋根の無くなったバルコニーに
棚田美人3人衆のスリーショットである。

13時半というところでしょうか?午後の作業再開します。

CIMG2624.JPG

私は小澤さんのご指導の下、溝切機を操縦しているようです。

CIMG2627.JPG

丹羽さんはというと、今度はのこぎりを使い、草刈機で刈り難かった草や木々を切っています。午前までと打って変わって真剣な表情です。

残りの二人は更に草取りを進めている。
地味な為、映像には映さずに時間を進める。






CIMG2628.JPG
CIMG2629.JPG

ボルナツ田んぼ作業完了の映像です。
随分スッキリしました。

この後は、棚田を守る会様と一緒に活動していきます。
しかし、草取りで地味な為時間を進める。





CIMG2630.JPG

丹羽さんは、田植えのときに一緒に植えておいた長靴も抜いているようです。

そして、地味なので更に時間を進める。





今日の活動終わり頃である。

CIMG2631.JPG

五籐さん、ちょっとそこを私と代わりましょう。



このような感じで無事今回の活動は終了しました。
それでは、スタジオへ返します。

渋江さんありがとうございました。
それではボルナツニュースを終わります。
良い一日お過ごしください。
草刈り in 鵜川 [2012年06月21日(Thu)]
田植えも終わり数週間経つと今度は草刈の時期となります。

画像-0041.jpg

とりあえず写真を貼っとくか。

2週間前にも草刈機を用いて(この記事)、草刈をしましたが、今週もです。ちなみに来週も草刈できるんだ♪

 というわけで報告するのは、6月17日に行われた「だぁ〜すけ定例会〜草刈」です。
参加メンバーは、八木、報告者の渋江の2名。
 私がいつもいつもお世話になっているこちら、綾子舞で有名な柏崎市女谷の鵜川地区で活動していらっしゃる「だぁ〜すけ」という団体です。私が初めてここに訪れたのが去年のこの時でした。ついにここに訪れてから一年が経つわけですね。現地の方々にも顔を覚えていただき嬉しい限りです。

 さて、タイトルにもある通り、今回は草刈りをしに向かいました。

言葉で説明するより、写真に語らせたほうが早いので、バンバンと写真をして語らしめよう。

画像-0043.jpg

6月30日に行われるホタル祭りの際に通るホタルロード

画像-0042.jpg

去年私もさせていただいた、水田内の草取り

場所は移りソバ畑、私が草刈した所の〜

画像-0044.jpg

Before

画像-0046.jpg

After

スッキリしたね!


この後はお楽しみのソバ打ちとお昼ごはんということで〜

ソバを打っているときの写真なんてなかった。

前回教えていただいたことを頭の中でイメージしながら、ソバを練っていく。
今日は「きくねり」もうまくいきましたよ!
ただ、伸ばす作業はまだまだうまくいきません。
次なる大きな課題はひとまず伸ばす作業かな。

そんなところで完成品

画像-0047.jpg

太さがまばら。もっと集中して切らねば。


ソバも完成したところでお昼ご飯とね!

画像-0049.jpg

今日も豪華です!
ありがとうございます。



お昼ごはん中、「だぁ〜すけ」で獲得した助成金についての説明とその使い道の相談
それに伴い決まった正式な人事の図
画像-0053.jpg

携帯の写真なので相変わらず見にくい



また、池井さん一押しのドジョウを飼育しようということで、飼育場所の視察

画像-0054.jpg

ここらへんの掘ってレンコンを植えてドジョウが成長できる環境つくり。
七月頭にボルナツの大部隊を引き連れてやっちゃうよ!



おまけ

画像-0055.jpg


ここから帰るといつもすがすがしい気持ちになる。
小国八王子地区開墾作業 [2012年06月17日(Sun)]
 今回の活動は森末とGODが6月17日の小国八王子地区開墾作業の報告をします。
参加メンバーは笠原、大谷津、齋藤(駿)、中島、森末、神藤の6名です。

 今回の作業内容はひまわり畑を作るための開墾作業と、種まきを行いました。
具体的な作業内容として、まずは種を植えるための準備をしました。
はじめに、ビニール紐と杭でガイドラインを作り、それに沿うように鍬で浅い溝を掘りました。
次に掘った場所に肥料を撒き、そこに種を撒く。
結構アバウトに撒いたけど大丈夫か?大丈夫だ、問題ない。

基本的にこの繰り返しを種が無くなるまで行った。作業内容としては単純だ。しかし、その内容からは想像できないほど過酷なものだった。
学生が鍬を使うという機会はそれほど多くないので慣れていない上、中腰状態で長時間の作業は腰に来る。実際、メンバーの何名かは腰の痛みを訴えている。さらに午前中には容赦ない太陽の恵み(熱線)と強風。午後からは雨が降ったので、「山の天気は変わり易い」と言われる理由を実感することができた。

 恐ろしいほど書くことがないので写真を貼りまくる。

◎作業中の写真
CIMG01.jpg


CIMG02.jpg


CIMG03.jpg



◎とある休憩中の写真
CIMG04.jpg

髪結ぶゴムの代わりになるもの、こんなのしかなくて本当にすまなかった。
文句を言いつつ使ってくれる、いくみんの優しさとツンデレのノリにとても感謝です。


◎昼休み⇒おいしくいただきました。
CIMG05.jpg


CIMG06.jpg

とっても甘いと言われても・・・


◎おまけ
CIMG07.jpg

花咲き爺さん森末

この想い、君に届け。


訂正
画像ファイルをリサイズしました。
みやより
塩谷フラワーロード 6月9~10日 [2012年06月12日(Tue)]
今回の活動はみやつとGODが報告します。

6月9日と6月10日に小千谷市塩谷にある道の脇にお花を植える作業をしてきました。

参加者
6月09日(土):鎌田・斉藤・渋江・神藤・丹羽・森末・宮津 計7名
6月10日(日):神藤・宮津 計2名

内容はフラワーロードの整備ということで、流れてしまった土を追加して、マルチを敷き、改めてお花を植えるといったことを行いました。
1日目は12:30にいつもの場所に集合し、コンビニによってから現地へ出発しました。
出発直後に迷子になるハプニング(マッハで迷子)もありましたが、無事13:30頃に現地に到着しました。

DSCN0010.jpg
DSCN0011.jpg
作業前の集合


地元の人は15人ほど参加しており、ボルナツメンバーも合わせ20人を超えての作業になりました。
1年前にも整備されたようですが、雑草が生えたり雪やその他いろいろなことがあって土が流れたり、荒れていました。
まずはじめに、以前のマルチをはがしていきます。

CIMG3940.jpg
古いマルチ(黒シートみたいなの)を剥がしている様子


全部はがし終えたら、トラック(←すごく強い)の出番です。
7トンほど土を積んだトラックの上に、4人乗って土が少ないところにスコップでポイポイなげて行きます。
これが結構重労働で腰に来ました。トラックの上に乗れたのはよかったですけどね。


CIMG3945.jpg

CIMG3953.jpg
今回のベストショット 躍動感あふれる斎藤さん by鎌田さん


下に残った3人は、おろした土を均していきました。
時々3人に上から土を被せながら、作業は進みます・・・。

CIMG3955.jpg


均した土は、その上に肥料を撒き、小さな耕運機で耕していました。
その後にマルチを敷いていき、花を植える前段階は完了です。
最初は大量にあった土も作業終了時点ではほとんど残っていませんでした。


CIMG3960.jpg
CIMG3961.jpg
CIMG3969.jpg


作業終了後、近くの公民館に移動し、飲み会が開かれました。
斉藤さんはこれを見越してか、車を運転してきていませんでした。

DSCN0021.jpg


 三__|__
口 |
   ‐┬‐
  │田│
     ̄ ̄  
   、 マ
    了 用 
   '"`ー‐

       レ |  
       ノ

こんなことを心の中で言っていたかもしれない

運転手2人以外は、お酒がふるまわれ、現地の人と楽しいお話をしました。

DSCN0015.jpg
DSCN0019.jpg


皆それなりに飲んで、19時になった頃にお開きとなりました。
その後、次の日に大崩に行く予定になっていたので、道を教えて貰うことも含めて、大崩に行くことになりました。
道の駅・越後川口のローソンまで行ったところで、同じ日に開かれていた、砂川家でのお好み焼きに大崩のメンバーが行っていたので、大崩ではなく木沢の方に向かいました。

・・・到着後、各自自己紹介したあと、差し入れのお酒(塩谷の方の残り)を追加して盛り上がっていました。

DSCN0028.jpg
砂川さん宅にて撮影


楽しい時間はあっという間で、今後のボルナツについて語っているとすでに時刻は11:00に。
明日もフラワーロードに行く予定だった宮津・神藤はもう遅い・塩谷が近いということで、砂川さんの家に泊まらせていただくことになりました。


そして2日目――
朝から生憎の雨。6:30に起床し、7:00に砂川さんの家を後にして大崩へ(道を覚えるため)。大崩に着いた後にすぐにフラワーロードへ向かいました。

そして到着したのは、集合時間30分前。こんなに早く到着したのは初めてかもしれない。

2日目は花植えをしました。花はマリーゴールドと赤い花(名前忘れました)。

DSCN0045.jpg


手抜き?いいえ、事実です。

DSCN0050.jpg
DSCN0052.jpg

初日は土入れや均し、マルチ敷きなど結構時間がかかりましたが、2日目は花植えだけで分業してやったおかげで1時間程度で終わりました。


DSCN0056.jpg


休憩中に出会った錦鯉の現実。ビニール袋で運ぶなんて知らなかった・・・
DSCN0053.jpg
近くに寄ったら、ぜひ見に来て欲しいとのことです。


忘れていましたが、斎藤さんがいくみさんを撮影した15枚をいくみん.zipとして保管してあるので、ほしい方は私までお越しください。



第27回田麦山ロードレース [2012年06月11日(Mon)]
階段が下りられない・・・

テスト前+忙しくて溜まった課題の処理+バイトで運動する時間はなかなか取れないのに夜更かしすることが多かった私の体にはちょっときつかったようです・・・

何が?

それはタイトルが物語っているでしょう。

 というわけで今日報告するのは、6月10日に行われた「第27回田麦山ロードレース」での活動です。

画像-0038.jpg

参加メンバーは多田(武流)、八木、報告者の渋江の3名。
ボルナツでは珍しいU−20のみでの活動です。というか先週の3日の棚田もU−20か。

 今回は朝7時に学校集合で田麦山へ向かいます。
8時ちょっと前に現地に着いたら現地の方々への挨拶を済ませ、ロードレース走者は受付に。今年走るのは、私と八木君の二人で二人とも15キロ走ります。

なので、多田君一人だけ記録係に回ってもらうことに。一人にしてごめんね。

画像-0040.jpg

唯一撮ってた活動写真
ゴールカメラセッティング中


8時半に開会式が始まり、8時50分にスタートとなりました。

 というわけで、私と八木君は走っています。高校時代陸上部で長距離をやっていたという八木君、初めからなかなかのペースで走っていきます。スタートして数キロで私の視界から見えなくなるほどに・・・

エンジン(肺活量)は生きているのに駆動部(脚)が早々に悲鳴をあげる。
まるでまだ新車なのに修理に出している私の車のようだ。
折り返し地点を過ぎた頃であった。
スピードを上げられない。
水分なんてもうのどを通らない。
少しの気の緩みで歩いてしまいそうになる。

長岡ランナーズの人がロードバイクに乗って後ろについてくれている。
ゴールも近くなると地元の方々の声援が聞こえてきた。
まだ、頑張れる気がした。
声援をもらってる間だけでも笑顔でペースをあげた。

 ゴール目前となった。メガネははずしていたので、目の前にいる人々が誰だかはよくわからないが、多田君と八木君がいるのがわかった。声援もくれている。最後に今出せるだけの最高速でゴールに飛び込むことにした。

 ゴールに着いた。まっすぐ歩くのもつらいが、とりあえずタオルで汗を拭き、一年生の二人が立派に動いてくれていることを確認したら、車にもどり、泣きたくなるような衝動やふらふらで倒れこみたくなるような衝動を抑え、全身べっちょべちょのまま車の中で休むわけにもいかないので着替えた。疲れた。

 少し休んだらゴール地点に戻り、片づけ作業を手伝う。そのまま閉会式となったので、私たちの記録を確認したら、地元の方々に挨拶をし、一足先に田麦山を出ることに。今日は大崩での活動があったので、大崩へ直行。12時ちょっと過ぎぐらいに到着した。雨だったので、運動会は中止とし懇親会を行っていた。大変盛り上がっていたが私はご飯を少しだけ頂いて、寝ることにした。前日の活動で家に着いたのは0時を回っていたが、6時には起きて活動に向かっていたので、思ったよりも体のダメージが大きかったようだ。14時も回った頃だろうか、懇親会もお開きとなったので、片づけを手伝い、あとは大崩の現地の方々から適当にゆっくりしたら鍵と戸締りをして帰ってね。とのことだったので、ゆっくりして、17時ごろに大崩をでた。

 技大に着いたのは18時ごろで、最後に田之上さんが締めの挨拶をしたら、解散となり、家へ帰った。家についたら、そろそろ夕飯という時間だったが、とにかく疲れていたので、そのまま布団に入ることにした。課題なんてしらない。朝やればいいや。

 そんな感じで今週の活動も終わった。そして、今現在の技大に残り課題を消化中である。

お疲れ様でした。
通学合宿 打ち上げ [2012年06月10日(Sun)]

こんばんわぁぁぁぁぁああ!
いつの間にか、通学合宿なら俺に任せな!的なポジションになっているような、ないような、吉田(拓)です。
今日はロッテが勝ってくれたので上機嫌です。でも、ロッテ劇場はもういいです心臓に悪い…。
巨人ファンの方ごめんなさい。
そんなわたくしが書く日誌はもちろん通学合宿関係。
写真はないですあしからず。

6.9(土)はこの前行なった通学合宿の打ち上げでした。
参加者は稲吉さん、田之上さん、自分の3人。みんな大会とかバイトとか都合があわなかったねぇ。

あいにくの天気でしたが、あやべ宅で焼肉をご馳走になりました。
美味しかった、お話も盛り上がった。あやべ自家製果実酒も何種類かもらい、とても楽しい時間をいただきました。

一晩泊めていただいて、朝ごはんまでご馳走になりました。いやぁ、食べるって幸せ。


あやべ宅近くも、絶好のホタル観測場所みたいです。
ホタルが確認でき次第連絡がもらえるということで、平日の夜とかでも大丈夫なようなら顔を出してもいいよー、とか。
なんすかこれ、ちょー楽しみじゃないですか!興奮しすぎて寝れないですよ!


ということで、ホタルを心待ちにしながら本日は失礼させていただきます。
通学合宿 [2012年06月07日(Thu)]

この数日間が嘘のように感じる、静かで朝食のクオリティがガクンと下がった朝。
朝にはGAGA様と慎吾ママによる強烈なモーニングコールがありましたからね…
どうも初めまして?吉田拓海です。

今回は通学合宿についてまとめます。
デジカメの存在を3日目夜まで忘れていたので、写真はそっからしかないですあしからず。

5.30(水)初日
稲吉さん、伊藤さん、中島さん、長井さん、大谷津さん、衣川、白井、鶴岡、多田、渋江、そして自分の合計10人で行きました。渋江くんは日帰りだったね。お疲れさまです。

ついてから早速夕飯作り。ロコモコ丼でした。ハンバーグにあたったのはここだけの秘密。
夜はヤンチャな小学生共、夜中までいや朝まで騒いでましたね。次の日、寝不足からかみんなわがまま度が500%増しになっていた気がしました。

して31日の朝はフレンチトースト。うまかった、トーストがベチョベチョだったのはきっと小学生からの俺に対する愛が、それこそ溢れんばかりにあったからですね。見事に収まりきっていなかったですよ!幸せな朝でした。小学生送り出してから自分らも大学へ。1限をやる講義室には歯ブラシと歯磨き粉しか持っていきませんでした(テヘペロッ

5.31(木)
稲吉さん、伊藤さん、田之上さん、中島さん、大谷津さん、衣川、白井、鶴岡、そして自分の9人です。

夕飯は豚肉のソースマリネ定食。シャレオツな洋風かと思いきや最後に全てぶち壊されました。定食って…苦笑
でも美味しかった、小学生も少し慣れてきたのか口と手元がよく動いていました。怪我しないかヒヤヒヤもんだったよ…。
夜は温泉行ってきました。延命の湯?小学生のお子様たちとは時間をずらしたのでそんときの状況はわかりません、衣川・白井ペアが頑張ってくれてました。アイス美味しかった。

大谷津さんは夜中に旅立ち、残りの8人で朝食のハムとトマトと卵の炒め物を小学生と食しました。トマト嫌いの方々、お疲れさまです。あと思ったのは、男性陣の目覚めの悪さ。みんな起きても夢の中ってかんじでしたよね。残ったおかずとご飯はありがたく僕らのお昼となりました。オイコラ、ハムばっか食うんじゃねえよ、おい!?やめっ!!!!みたいなノリで、お昼はトマトばっかだったような…。

6.1(金)
稲吉さん、伊藤さん、留学生お二方(名前忘れたごめんなさいぃぃいい)田之上さん、衣川、白井、鶴岡、梅津、そして自分の10人。

夕飯は合宿ラーメン味噌味。小学生の方々は我慢という言葉を覚えてました。我慢しすぎて麺がベチョベチョな班がいくつかありましたね^^いやぁ、可愛いからいいや許す!

今日も温泉、お風呂場でガキンチョ共がマッサージしてくれました。うむ、よろしい。入浴のタイミングがかぶってしまったおじい様も優しく接していただいて感謝感激雨霰ですね。やっぱアイス美味しかった。

さて、このタイミングで留学生お二方と鶴岡は帰りました。無事に帰れたみたいでなにより。
してこっからデジカメの存在にも気づく。おっしゃぁぁぁぁあああ!

DSC01346-thumbnail2.jpg
枕投げ。最終日夜ってことで野郎どもは全力を尽くしてた。
燃え尽きた野郎共(大人)。

マジックもやってたな。
DSC01356-thumbnail2.jpg
顔が犯罪者さながらだったなんて、先輩に対して言えるわけないじゃないか!

このあと、密かに挙がった技大逃走中計画。みんなやろうぜ!

朝、小学生は元気でした。ご飯は豚肉の卵とじ丼、いわゆる他人丼。それとあやべー特製すーぷ。殺人的な量、うまかったけど、辛かった…笑

さて、土曜日ということでしぶみ工房付近でやってる縁日まで遠出!

よさこいとかやってました。
DSC01385-thumbnail2.jpg
撮りたいのはお前じゃないっ!なんてね。

DSC01404-thumbnail2.jpg
餅つき頑張ってた、微笑ましい光景だよね。美味しかったよ!

DSC01435-thumbnail2.jpg
フリスビーなんかも非常に盛り上がってましたね。

さて、ここで2.3時間遊んだ後はだんだんにもどり、だんだん逃走中開始!
白熱した戦い、ハンターになった大学生共は捕まったガキども、もとい小学生たちの悪口雑言に耐え抜き、最後まで奮闘していましたね。いやぁ疲れた。
生き残り班対抗戦、見事生存率が一番高かった班にはなんと腕時計が!?Σ(゚д゚lll)
俺持ってないのに…。

逃走中が終わったら悲しい悲しいお別れの時間。楽しかったよ、ヤンチャな彼らからたくさん元気をもらいました。もらった瞬間その場で使い切ってたけど…笑
「来年もまた来ます!」とか言っちゃったから行きます絶対。
さて、今回実は写真が300枚近くあるんですよね。小学生たちの可愛い姿はもちろん、部長さんのあんな写真やら梅ちゃん先生と小学生の2ショット写真、みんなのあんな姿やこんな姿…。ありすぎて載せたくて載せられなくて…。
みたい欲しいという方は自分まで連絡ください、もう渡したくてしょうがないです。

最後になりましたが、梅ちゃん先生の言っていた、小学生の犠牲になった男どもの成れの果てがこちらになります。
DSC05062-thumbnail2.jpg
私の成れの果て、もちろん男性陣全員分の写真はあります。載せられないのが残念!

こんな感じの通学合宿でした、あやべーさん、SAMさん、他、館の職員の方々学校の先生方、ありがとうございました。お疲れさまでした。楽しく、また色々と経験できた数日間だなと。中身が濃かったね、灰色だったわたくしの生活に色がついた!みたいな?
はい、おとなしくもう寝ます。では($・・)))ノシ
棚田 草刈 [2012年06月04日(Mon)]
私はなにかとペアで活動に行くことが多い気がする。
そう、今回の活動もペアでの活動となりました。報告するのは、6月2日のボルナツ田圃での活動

参加メンバーは林、報告者の渋江の二人です。

二人で、小千谷市の東吉谷に向かう活動って前にもあった気がする・・・
あぁ!あの日か!(2012.4.28の記事参照)

あの日は楽しかったなぁ///

おっと少し話が逸れてしまいました。
さて、先週私は別の活動に行ってて参加できなかったのですが、小千谷市の棚田を守る会様でも先週の5月26、27日の活動が報告されているので、よかったらご覧ください。

というところで今回の活動は午前中は集中講義があったので、午後からの活動となりました。
なので、着いたらすぐにご飯を頂くことに
画像-0032.jpg

お弁当と稲庭うどん
いつもいつもありがとうございます。


さて、今日の活動はというと、まずは小千谷でも最大級の棚田の見学に行かせていただきました。

画像-0036.jpg
画像-0037.jpg


山の斜面に合わせた形で不確定な大きさで機械で行うのは難しく、たくさんの人手で行うしかありません。でもこれだけきれいに保ってあるというのは、現地の方々の並大抵ではない、苦労と米に対する情熱を伺うことができます。

田圃を見学に行ったところで、本日の作業です。

画像-0040.jpg
画像-0041.jpg
画像-0042.jpg

五藤さんのご指導の下、草刈機を使っての草刈り。
本当はbefore Afterの写真を撮ってればよかったのですが、撮り忘れていたので仕方ない。


そういえば、何かに中途半端に食い荒らされた、ウサギの首と内臓と右足がありました。
写真も撮ってはいるのですが、控えさせて頂きます。
多分キツネの仕業かな?ということでした。

そして、今日の活動は女性が居なかったので、私が五藤さんの軽トラの助手席に乗って棚田を上り下りしたのですが、五藤さんと私の二人となると大抵ボルナツの女神についての話題というね。
まぁいいっしょ。

4時ごろに今日の活動も終わり。
五藤さんの家でお菓子やコーヒーを頂き休憩したら、お礼をしてお帰りとなりました。
次回は、棚田と守る会と一緒の時期の活動となる6月23、24日の活動とのこと。

ありがとうございました。&お疲れ様でした。
固定メンバーとコーラと簡単な作業 inさんご山 [2012年06月03日(Sun)]
※この活動記録は、アレな人たちによって書かれましたので、一部真実と異なる場合がございます。ご注意ください。

 今日報告するのは、6月3日に行ったさんご山での活動です。
参加メンバーは、齋藤、神藤、丹羽、森末。
マスター、いつもの!と言うとこのメンバーになるのではないだろうか。By GOD

 今回の活動内容は花とサツマイモの苗植えと、草刈りです。
ぶっちゃけた話、書くことが少ないので朝の出来事から報告したいと思います。

 朝から“ボルナツの女神”こと、\イックッミ〜ン/との遭遇(きゃぴっ☆)
今日は良いことがありそうだ。メンバーの全員が確信した。

 『とあるおやつの過睡眠(笑)』の影響により交通機関(自家用車)が大幅(5分)に遅れ、それなりに急いでさんご山(戦場)へ。途中、「コーラは食事です。偉い人にはそれがわからんのです。」という名言(迷言?)が生まれた。どうしてこうなった。

40分ほど車で移動し、集合時間よりも15分ほど早く戦場に到着。
前回遅れてしまったので、早く到着して安心した。
前回遅れた理由は二子山、別名”蜂の巣窟”に拉致・・・もとい寄ったことが大きい。
一部の人のトラウマとなったのは言うまでもない。

 一番初めに全員で草刈りを行った。前回に植えたスイセンの周囲にある雑草の除去および入り口の見栄えを良くするために入り口付近の雑草の除去も同時進行で行った。
image.jpeg
草刈りの様子


 次に2手に別れ、花の苗を植える作業をした。
まず肥料と水を撒き、苗を植える。このひと手間が大切だそうだ。また、苗を植えるときに深く埋めすぎないように注意をする。

 苗が植え終わり、少し休憩。雑談しながらの休憩は、時間の割に短く感じた。
写真.JPG
休憩中の様子


 休憩後はサツマイモの苗植えを行った。
苗が途中で無くたのはクラスのみんなには内緒だよ☆
いその.png
どやっ★


最後に集合写真を撮って終了。
ここ、どこ?.png
集合写真


 終わった時間を確認すると10時20分。
移動時間>作業時間
前回もこの不等式は成り立った気がする。さんご山では常にこの不等式が成り立つのかもしれない。

ちなみに、次回の活動は7月1日だそうです。(重要)



最後に・・・活動メンバーの一人は、この活動記録を作成中に言いました。
「コーラの寿命は短い」
わけがわからないよ( ω )

P.S.
 ピンクはちょっとアレな人という言葉がある。ふとサイトさんのジャージを見る。
「あ、ピンクだ。」コーラの人(自称豆腐メンタル)がそう言った。
この活動記録を書いていた寮の一室で混沌が生まれた。這寄らずに生まれたのだ。
這寄らない混沌はゴミだと教えたはずだがな。
| 次へ