CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年07月 | Main | 2011年09月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
戸屋集落草刈り [2011年08月26日(Fri)]
 7日(日)の戸屋の活動について、文章だけですが報告します。活動場所は小千谷市戸屋集落で道路脇の草刈りを行いました。参加者は鎌田、大塚、田之上(報告者)です。
 朝7時に学校を出発、8時に集合場所である集会所前に到着しました。今回の活動は、住民の方々が草刈り機で草を刈り、ボルナツが側溝や道路に散らばった草を邪魔にならないように集め、移動させるというものでした。また、作業範囲が広範囲だったため、集落周辺担当と林道担当に分かれて草刈りをしました。
 ボルナツは3人とも林道担当となったのですが、草刈りのスピードの速いこと! 人数も多く、手慣れているため、草を移動するのに追いつくのがやっとでした。途中休憩をはさんで作業を続け、予定より早く終わらせることができたので、次は広場の草刈りを行い、11時過ぎには全ての草刈りが終わりました。午後からは水路の泥上げを予定してありましたが、人数があまり必要でなく、午後から予定があったため、私たちは午前中で引き上げることにしました。
 この活動を機に、戸屋集落とももっと繋がりができればと思います。
第63回日米学生会議 [2011年08月13日(Sat)]
ずいぶん遅れてしまいましたが7月31日に行われた日米学生会議の報告です。
今回の参加メンバーは笠原、報告:渋江の二人です。

まず、日米学生会議とは、
 終戦後、日本とアメリカの関係がギクシャクしていましたが、このままの関係ではまずいとの考えから、日本とアメリカの関係を元に戻すために、1948年よりこの日米学生会議が毎年一回開催されてきました。
 
そして、今回で63回を迎える日米学生会議のテーマは

知ることから創ることへ
〜対話と挑戦からともに描く未来〜
Question,Engage,Build:Collavorative Effort to Make a Difference


 目的は、新潟県中越自身、中越沖地震を経験しその復興に携わっている新潟の大学生と日米の大学生が一同に会し、率直な意見交換を通じて、学生の私達が東日本大震災からの復興において貢献できることを探ること

 そして、その新潟県の大学生として選ばれたのが長岡技術科学大学のボルナツでした。また、新潟大学、上越教育大学の学生も選ばれています。
 今回の日米学生会議は、7月28日(木)〜8月5日(金)にかけて行われ、新潟の大学生が参加したのは、7月31日の新潟フォーラムです。

 というわけで、ボルナツが参加した新潟フォーラムでの様子を報告します。

午後2時 新潟フォーラム 開会
山古志村村長の長島さん、東洋福祉大学の稲垣さん、NPOの一つJENの濱坂さんの3名からのご講演
ちなみに長島さんは、私が卒業した高校のOBの方でした。(長岡生まれの人にはわかるかな?)
私の心に残ったことは、
・復興には、住民が主体的にならなければならない。そのきっかけをつくるのは若者である。
・何もしなくてもいい、とにかくそばにいてほしい。そうすることで希望が沸いてくる。
・関わった若い人々が、どう成長するかに期待したいという楽しみができる。
でした。
 その後は、質疑応答が行われました。

午後4時 日米双方の実行委員会によるプレゼン
正直なところ、私には何を言っているのかわかりませんでした。
簡単に流してしまって申し訳ありません。

午後5時 ボルナツのプレゼン
 プレゼンをしたのは笠原さんです。(私は何も手伝ってもいませんw)
 テスト前で時間のない中、一人で資料を作り上げ、練習をする時間も取れない中でのプレゼンとなりました。
 概要は、ボルナツの発足から始まり、笠原さんが参加した活動について感じたこと、これまでの活動から学んだことについて発表していました。
 この忙しい最中に、よくこれだけのものを作れましたね!というのが私の感想です。

午後5時30分 学生によるディベート
 A〜Fの6つのグループに分かれて行われたのですが、新潟の学生は6名しか参加しなかった為、それぞれのグループに一人ずつ入ることに・・・心細いです。
 私はCグループ、笠原さんはDグループでした。
 テーマは、地震からの復興に対し我々学生はどのように活動していけばよいか。
 私のグループでのディベートの結論は、
・メディアに継続して報道させ、人々に興味を損なわせないようにしなければならない。
・学生はお金が、あまりないのでお金があまりかからないことしなければならない。
・日本の学生は、日本の地理的条件についてもっと学ぶべきである。
・国際関係のゆがみがでているのがダメ。
・ボランティアにも単位をあげるべき。
でした。

午後7時30分 それぞれのグループに分かれての晩御飯
 一人頭2000円まで使ってよいとのことでしたので、私のグループは、お寿司に決まりました。か○ぱ寿司です。
 はやり、アメリカの方には苦手なネタもいくつかあったようですw
 おなかいっぱい食べました。ご馳走様でした。

午後10時 最後に記念撮影
そして、今回の活動は終了。

午後11時半 技大に到着
そして解散。
お疲れ様でした。



鵜川 草刈U [2011年08月08日(Mon)]
技大もついに夏休みに入りました!
しかし、水害ボランティアに補習に研究にと忙しい日々を過ごしております。
そんな合間の通常活動の報告です。

先週に引き続き、今回も鵜川へ行ってまいりました。
参加メンバーは吉原、中島、報告:渋江の3名です。
活動内容は前回大雨によりできなかった そば畑の草刈!


刈ります!


刈ります!


刈ります!


すっきりしました!
といってもこの画像ではわかりにくいですね^^;すみません


そしてその後は、自炊TIME

そしていただきます!
今回の活動は働いた分よりも頂いた物の方が多いような・・・
まぁ気にしない☆
水害について報告 [2011年08月03日(Wed)]
吉原です。
かなり簡単ですが、水害で被害を受けた地域での活動について報告します。

ボルナツは7/31に先遣隊として、三条市に大谷津、谷地さん、西野さんが入りました。
その後、1、2、3日と三条市の下田という地域で大谷津を中心に数名活動しています。
1日の活動報告(といっても現地からの電話ですが)によると、この地域は被害がひどいわりに人が足りていないとのことでした。他の団体のブログを見るとこのような場所がまだまだありそうです。
明日4日はメンバーの都合上活動はありませんが、夕方からのミーティングで今後の活動方針について詰めていく予定です。

ミーティングの予定
4日18時〜
講義棟1階ラウンジ