CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年01月 | Main | 2008年03月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2008年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
出雲崎 まめだね会 [2008年02月26日(Tue)]
良ェ様のふるさと,出雲崎町で行われている「まめだね会」におじゃましました.
(参考:中越復興市民会議のWebページ
今年度最後のまめだね会の様子を澤畠クンがリポートしてくれました!
〜〜〜

今回は出雲崎の海岸地区の公民館で足湯&茶話会に参加してきました(^O^)

当日は曇っていて今にも雨か雪が降りそうな天気…雨
みなさん足湯に来てくれるかなと不安になりましたが、時間がたつにつれて少しずつ集まってきて最終的に15人の方が来てくれました。
しかも山の方に住んでいる方もわざわざ来てくれてうれしかったです笑顔びっくり

まず始めに,後だしジャンケンとお手玉を作ったレクリエーションテニスをやって、みなさんと笑いあった後に心の相談員の山岡さんの講話が行われました。
用意されたパネルを使って地震によってたまったストレスや、うつについてのお話をされていました。

その間我々ボルナツメンバーは足湯の準備を開始ダッシュ
お湯を沸かしたり、飲み水の用意していました。
講話が終わるとボルナツは足湯を、保健士さんは血圧測定を始めたのですが、時間がかかってしまいました。
そのため、足湯の順番待ちが長引いて全員に足湯することができず残念でした…すいません

全体をふりかえってみると、レクリレーションをすることでみんなと話しやすい雰囲気になり、その後の足湯での会話が盛り上がったように感じました。まる
ボルナツもオリジナルのレクを考えたらいいのかもと思いました。


お手玉を使ったレクリエーション.簡単そうで難しい汗
川口町雪洞火ぼたる祭 [2008年02月23日(Sat)]
雪2/23(土)に川口町運動公園にて行われた「川口町雪洞火ぼたる祭雪」に参加しましたびっくり
今回は,いつものようにお手伝い兼「雪積み競争」選手走るとしての参加です.

朝は快晴で,雪上滑り台を作ったり,雪上レクラリーの準備を快調に進めていきます.
100人近くの地元の方がボランティアとして運営に参加しており,どんどんと準備が進んでいきました.

と,そうこうしているうちに天気予報通り風が吹き荒れ,雨雨が降り始め雪になってきました.

12時から雪上レクラリーが開始!
輪投げやスノーボード,雪玉あてを順に子どもたちが回るという催し.
私たちも各競技場所でスタッフとしてがんばりますが,いかんせん吹雪で寒い汗
でも,子どもたちは元気にまわってくれました笑顔

さて,本日のメインイベント雪積み競争です.
この競争は,重機をつかわずに5人1組,1時間でどれほど高く雪を積めるか?というもの.
今回,ボルナツメンバーとその友人でチームを組み出場しました.
結果は・・・聞かないで下さい困った
ちなみに,優勝はボルナツ顧問率いるチームでした.
でも,私たちも特別賞をいただきました笑顔!最後にネタに走ったのがよかったのかもはてな

夕方になり,雪洞(小さなかまくら)にろうそくを入れ火をつけていきます炎
30人くらいで一斉に火をいれるものの,折からの悪天候でつけたところから消えていってしまいすいません,とうとう中止の放送がなされました.
全部つけれたらものすごくきれいだっただろうにと思うと残念でした.
雪洞火ぼたるは中止となりましたが,雪上花火は予定を前倒しして18:30に打ち上げられました.
風に流される冬の花火は,豪快かつ繊細な光を放っていて,メンバー皆みとれたのでした.


吹雪の中,花火にチャレンジ!


雪積み競争の仕上げ中.この後,悲劇が起こります汗


雪洞に火をいれていく実行委員の皆さん&ボランティア.雰囲気が伝わるでしょうか?
栗の実会〜栃尾・栗山沢〜 [2008年02月21日(Thu)]
栃尾の栗山沢集落で行われている,お茶会「栗の実会」におじゃましました.
栗山沢は栃尾の一番奥に位置する集落です.
私は昨年春のしだれ桜まつり以来,ほぼ1年ぶりの栗山沢となりました.
一緒に参加した藤原君がそのときの様子をレポートしてくれます!

〜〜〜

中越復興市民会議さんのお誘いを受け、2月21日(木)の栃尾栗山沢集落でのお茶会におじゃましてきました。

さてさて、市民会議さんに先導してもらいお茶会の会場にお邪魔してみると何やら忙しそうなご様子。
そう!この日は新山集落の方々を招いてのお茶会だったのです(行ってから知りました・・・)。
現在新山は40世帯あるそうですが、なんとこの日、新山から19人もの方がお見えになりました!!
そんなにおみえになるのは栗山沢の方にとって予想外だったのかお忙しそうなのでボルナツも会場準備を少々お手伝い。
長机を並べ、栗山沢のお母さん方手製のお漬物を配膳していると手に一杯のお菓子を持って新山のお母さん方が来られました。
折角なのでお土産のお菓子をテーブルに載せればテーブルも随分にぎやかに。
一通り配膳が済んだところで市民会議の鈴木さんの声かけを皮切りにお茶会は始まります。
両集落の代表さんの挨拶、参加者の自己紹介、そして昔語りへ。
娯楽の少なかった昔、子を楽しませるためと母から子に語り継がれた数々の物語。地域によって多少差異はあるものの似通っている部分を多く、動物を題材にした教訓めいた話が多いとか。新潟県外出身のボルナツメンバーは初めての話に興味津々でしたが、お母さん方は何を思われていたのでしょう。
昔語りをいくつか披露してくださると、懐かしさも手伝ってか、最初はどこかよそよそしかった会場の空気も次第に和やかなものに。
知人の安否や現在の暮らしなど、テーブル各所で話に花が咲きます。
そんな穏やかな時間が流れ、気づけばもうお開きの時間に。
バスでお帰りになる新山の方々をお見送り、お開きとなりました。

寮の一人部屋ではとても味わえないゆったりした空気に大満足のお茶会でした。
ぜひぜひ新山の方を栗山沢に招いてのお茶会第2弾を企画してもらいたいところです。

〜〜〜
日頃話す機会のない人と話すことで,皆さん良い刺激になったのではないでしょうか?
交流といっても堅苦しく考えることなく,身近なところから楽しくやってみよう〜と思わせてくれたお茶会でした.
なお,この日の様子を中越復興市民会議さんのサイトでもみることができます.


たくさんの人&にぎやかなテーブルの様子が伝わるかな?


保健所の方もこられており,健康相談が開かれました.
新長岡遊び塾〜雪編【本番】〜 [2008年02月18日(Mon)]
今日は新長岡遊び塾〜雪編〜本番でした。
準備の様子はこちらから】
ボルナツ側の担当,尾島君のレポートです.
〜〜〜
プログラム一番の「雪上かけっこ」では、子どもたちも大人たちもスタートからゴールを目指してひたすら走りました〜。
我がボルナツもこのかけっこに参加したのですが、雪になれてないメンバーも多かったせいかひどい走り様困ったでした…。

次の「親子でそりレース」では、子どもを乗せたそりをお父さんが引っ張るというルールでした。
普段運動をしていないお父さんたちにとってはつらいと思いきや、みなすごい速さでそりを引いており、すごく驚かされましたびっくり

パン喰い競争では子どもの部、お父さんの部、妊婦さんの部などに分かれて行われました。なぜか、お父さんの部だけ異常に難易度が高く、パンが上下左右に揺れてみなさん相当苦戦汗を強いられていました。

そして、雪といえば「雪合戦」、子どもの部では、ボルナツが鬼となり、子どもたちの雪玉からひたすら逃げまわるというルールでやりました。
子どもといっても小学生低学年くらいまでの子どもたち相手だったので、余裕で逃げ切れる音符と思いきや、雪合戦終了時には全身雪まみれ雪でひどい有様でした・・・。
そして次に大人対ボルナツで雪合戦を行いました。
こちらはものすごい接戦となり、最終的に勝敗がまったくわからなくなりました〜。

午前中最後の企画、雪中宝探しでは、スタートからゴールまでの間の宝キラキラを探してゴールするという子どもの部は無事終了しました。
しかし、大人の部では、番号をつけたみかんみかんを新雪の中に投げ入れ探しにいくというルールに急遽変更され、その結果いくつかのみかんが発見されず、春を待たなくてはいけなくなりました・・・(でも、一人一個みかんゲットできたので問題なし)。
実はこのみかんの番号に応じて、発泡酒一本〜商品券、お米などさまざまな賞品があたることになっていたのです(僕は塩をゲット〜笑顔)。

こうして午前中の企画を終え、午後からはかまくらの中でお餅やみかん、するめを焼いたり、子どもたちとそりをして遊びました走る
そしてあっという間に夕方になり、今回の遊び塾が終わりを迎えました。
今回は前回遊び塾に比べて準備がとても大変なものになりましたが、その分とても楽しいものになったと思います。
みなさん本当にありがとう〜笑い


「雪上運動場作り」新雪をみんなで踏んでいるところです


「親子でそりレース」では良い汗をかけたかな?


かまくらです!子どもたちはおいしいお餅やするめをパクパク食べてました.
新長岡遊び塾〜雪編【準備】〜 [2008年02月16日(Sat)]
まる長岡子育てライン 三尺玉ネットさんの新長岡遊び塾雪編のリーダーとしてボルナツが参加しています.
今日は,明日2/17(日)の本番に向けた準備編ということで,会場となるになニ〜ナに行ってきましたびっくり

長岡でもこの数日は雪が降り続き,それなりの積雪がありまずは一安心.
準備といっても,子どもたち&大人の方がたくさん来られていました.
まずは,「越後雪かき道場 キッズ編」ということで,雪かき道師範代から雪について教えてもらいましたメモ

その後,明日の本番に向けて会場設営.
ボルナツは今年初めて雪国を体験するというメンバーがほとんどだったのもあり悪戦苦闘困った
子どもたちに雪玉をぶつけられたりしながらも,そり台を作ったり,かまくらづくりのお手伝いをしました雪
かまくらづくりでは,お父さん方が大活躍!熟練の技を見せつけられました.(次回は負けないように精進せねば...)

夕方になり,雪灯籠にろうそくを灯し,雪上花火を開催!
ボルナツメンバーが花火の着火担当だったのですが・・・雪で導火線がしめったり,チャッカマンの調子がよくなく,少し子どもたちにはよろしくない火の付け方をしてしまいました汗
それでも,きれい!と子どもたちが言ってくれたのがうれしかったです笑い

子どもたちも私たちも元気に動き回ったのですが,本番は明日です!
お互い楽しく遊べるように,体を休めておこうと思います...ZZZ
(明日,体が痛くなってないことを祈って)


雪かきカルタで雪のお勉強中.


できたてのそり台で遊んでます.スコップをふるはもちろんボルナツ.


かまくらの「上棟式」ということでお菓子&もちまき.お父さん大活躍でした!
柏崎北条スノーフェスティバル [2008年02月10日(Sun)]
柏崎の北条地区でスノーフェスティバルが行われるということで,運営のお手伝いをさせてもらいました.
この地区は,いわゆる二重被災,中越地震・中越沖地震共に大きな被害があった地区です.

結構大きな地区で,多くの方が運営に取り組まれていました.
9時くらいに着いたのですが,すでにテントが立ち上がり,着々と準備が進んでいます.
我々も,焼き餅用のコンクリ管を運んだり,机や椅子のセッティングを行いました力こぶ

10時になり,フェスティバル開始!私たちは,物品販売花のお手伝いをすることに.
住民の方が作られた焼き餅や赤飯,あられ,お漬け物の販売です.
開店直後から,赤飯が大人気びっくり焼き餅も大人気びっくりで必死でした.
15時からは復興支援バザーのお手伝い.こちらも大盛況.
夜になると,なんと花火花火が!100発を超える花火が打ち上げられました.
冬に打ち上げ花火なんて,生まれて初めてでした.

たくさんの地区の方が運営・参加といった形でこのイベントに携っていたことが印象的でした.
二度の被災を乗り越えて,北条は元気だ!というメッセージを発していたように感じさせてくれました笑い


あられお買い上げありがとうございます!


イルミネーションの前で,パワフル母ちゃんと記念撮影.赤飯や焼き餅を作ってくれた方です.


冬空にあがった大花火花火