CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2007年09月 | Main | 2007年11月»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2007年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
魚沼市越又〜復興イベントに参加しました〜 [2007年10月28日(Sun)]
10月27日(土),28日(日)の両日にわたり魚沼市(旧広神村)越又集落で初の復興イベントが行われました.
是非参加してほしい!と中越復興市民会議さんからお誘いをいただき,4人で参加しました.

27日はひどい雨雨
技大を出て,蓬平温泉,山古志を超えて越又に到着すると,村の人が温かく迎えてくれました笑顔
開会式の後,さっそく最初のプログラム「自然薯掘り」に向かいます.
しばらく歩き,さっそく掘るのですが…難しい!
つるの根がどこから出ているかを探し,そこから掘るのですがなかなか見つからない...半分くらい掘ってもらったところを最後掘らせてもらって,なんとか1本掘ることができました.

雨の中がんばって掘りました!
(ちなみに真ん中のお母さんが持ってるのは自然薯ではなく野生の梨です木


その後,広神村の温泉施設までバスで行き気持ちよくお風呂につかり,お待ちかねの懇親会ジョッキ
今年とれた「魚沼産コシヒカリ」を使った釜炊きごはんに山菜の煮物,掘ったばかりの自然薯をつかったとろろ等にみんなで舌鼓おにぎり
お酒もすすみ,青年会の方による抽選会もあったりして,楽しい時間を過ごすことができました.
ちなみに,私は抽選会でつなぎをGET!今後のボルナツの活動で活躍してくれそうですダッシュ

乾杯の音頭は我らが代表が行いました.きまってますねぇ〜.

懇親会終了後も,カラオケ大会があったり,集落の方のお宅におじゃましたりして夜は更けて行きました.

さて翌日は昨日とうってかわって快晴太陽
否が応でもテンションがあがります.
本日は4グループにわかれ体験活動.
ボルナツも重機体験の班,田直しの班の二手にわかれいろいろと体験してきました.
重機班はほんもののユンボに乗って操作させてもらったり,チェーンソーや草刈り機といった機械まで体験することができました.
今後,災害ボランティアがあった際に役立つかもしれないと考えると,めちゃくちゃ良い勉強になりましたOK
一方の田直し班もトラクター車を実際に運転したとのことで,今後の田んぼの復興で活躍してくれそうです.

重機体験の様子です.マンツーマンで指導してもらってるのは佐瀬クンですね.


そうこうしているうちに最終イベントである交流バーベキュー.
ここでもおいしいお肉に加え,ダイナミックな焼きそばをたくさん頂き満腹で倒れそうでした.

埼玉の秩父から参加されていた合唱グループの皆さんによる生合唱アコーディオン
山の中に響き渡っていました.


と,もりだくさんの内容で楽しませていただきました.
今回のイベントは東京の大学生や埼玉の皆さん,はたまた新潟から参加された人もいていろいろな人と交流を深めることができました.
集落で初のイベントだったとのことで,集落の皆さんの熱意がひしひしと伝わってきて,こちらも元気をたくさんいただきました.

中越地震の時は多くの家が壊れ,人も減ったとおっしゃってました.
山古志の向こうでもまだ被害があったとは恥ずかしながら知りませんでした...勉強不足です困った
今後,更なる復興や集落の活性化に向けてがんばっていってほしいなと思います.
もちろん,ボルナツでお手伝いできることがあればいつでも行きますよ〜びっくり
ギャザリングの巻 [2007年10月27日(Sat)]
いつもお世話になっている「多世代交流館になニ〜ナ」で行われたギャザリングのお手伝いがありました.
ボルナツのにな担当,尾島クンのレポートです!
***

10/27(日)は,になニ〜ナギャザリングという中越地震三年祈念イベントのお手伝いに行ってきました。
当日は,残念なことに雨がひどく雨イベント日和とはいえない天気でしたが,イベントには小さな子供から多くの年代の方が来ていました。
まさに,多世代交流館になニ〜ナ笑いびっくり

このイベントでは,映画上映や新鮮野菜と山野草、ネパールカレーなどの販売が行われていました。
ところで?今回のイベントでボルナツは何をしていたかというと…主に,イベントの運営で忙しいお母さんたちに代わって子供の子守をしていました。
そして,今回,初めて!?僕は赤ちゃんをおんぶしました笑顔
赤ちゃんはとてもかわいく,ほとんど寝ていましたが,ときどき泣きそうになり悲しい困ってしまいました。
しかし,なんとドアを開けて雨の音を聞かせると赤ちゃんが泣き止んだのですまる
その後,何度か赤ちゃんが泣きだしそうになりましたが,窓やドアを開けてやると泣き止んでくれてほっとしました。
今後もこのことは,活かせる気がします!!
また,他の子供たちとは折り紙で鶴を折ったり,紙飛行機などを作って遊んでいました。

そして,そうこうしているうちに時間が経ち,子供たちとの楽しい時間も終わりに近づき…子供たちはお母さんたちのもとへ帰っていくことに.今回,子供たちと一緒に過ごすことにより疲れるよりも逆に元気になった気がしました.

***
というわけで,子どもたちとの楽しい時間をすごせたみたいですね.
雨だったのは残念ですが,それでも人がやってくるというのはまさにになニ〜ナの魅力があってこそ!ですね.
中越地震3周年〜キャンドルライト@になニ〜ナ〜 [2007年10月23日(Tue)]
3年前の2004年10月27日,新潟県中越地方を激震が襲いました.
復旧から復興へと進んでいる中,になニ〜ナで行われているイベント「ギャザリング」の一環として復興祈念キャンドルライトが行われました.
我々ボルナツも少しでもお手伝いできればということで参加してきました.

写真はキャンドルを灯している様子です.

17:56には黙祷が行われ,花火が打ち上げられました.
その後,豚汁の炊き出しが行われたのですが,この記事を書いている本人はバイトのため残念ながらありつけずでした困った

現在のボルナツメンバーの多くは中越地震を経験しているわけではありません.
しかし,このような節目節目に多くの人と出会い,その話を聞いていると当時の大変さが伝わってきます.
復興へと向かっている今,私も今まで以上に中越を盛り上げる力になっていきたいと痛感した一日でした.
子ども遊び塾〜第1回 わしまの巻〜 [2007年10月21日(Sun)]
10/21(日)に「長岡子育てライン三尺玉ネット」主催の子ども遊び塾が開催されました.
我々ボルナツも「遊びリーダー」として参加してきました笑顔
以前,第2回研修の様子をBLOGにのせましたが,あっという間に本番を迎えたわけです.
果たして子どもたちと一緒に楽しく過ごせるか???という不安を胸に雲,いざ集合場所へ.

さて,外で元気いっぱい遊ぶぞ〜走ると意気込んでいた子どもたち&ボルナツですが…無情にも雨雨
長岡で降っていても和島では晴れるように祈って,いざバスで和島に向かいます.

和島に到着!も,雨はやまず困った
北条中学校の体育館で遊ぶことになりました.

リーダーからのお知らせ&注意.約束を守ろう!立っているのが「いっきゅう」さんです.


まずは,「いっきゅう」さんのレクリエーション,その後3グループくらいに分かれて鬼ごっこや遊びリーダーの体をはったスイングで遊びます.
そうこうしているうちに「せっかくの機会だし,雨の林を体験してみよう!」ということで裏山散策に出かけるグループが結成されました電球

雨の泥道を歩いていきます.冬眠前のカエルカエルと多数遭遇!

雨にも関わらず,子どもたちはどんどんとすすみます.
水たまりに足をつっこんだり,カエルをつかまえたり,聴診器を木にあててみたりと自然とのふれあいを楽しんでもらえたかな?と思います.
雨という状況もまた,良い遊びになるんだなぁと考えさせられましためがね

昼食を体育館でいただいた後,元気に走り回る中,私たち遊びリーダーで「クラフトコーナー」を開設.
本当なら外で拾った木の実とかを使いたかったのですが...集めておいてくださったどんぐりでコマをつくったり,アクセサリを作ったりしました.
子どもたちもどんどん寄ってきて,製作にチャレンジ!して,それを使ってさっそく遊ぶ子も.
ちなみに,お母さん方の中には子どもよりも熱心に作っている人もいましたウインク

ドングリを使ったコマづくりです.みんな真剣!


そうこうしているうちに,バス出発の時間.
時間もつかなぁと内心心配していたのですが,あっというまでした!
帰りのバスでは,子どもたちは遊び疲れたのか爆睡モード月
もちろん,リーダーも...爆睡してましたねぇ.

子どもたちと一緒に(以上に?)ボルナツメンバーも楽しんだ一日でした.
次回,遊び塾が開催されるときにはもっともっと子どもたちと一緒に楽しめるよう,遊びリーダーもパワーアップしないといけないですネびっくり
柏崎市鵜川〜初の復興イベント〜 [2007年10月21日(Sun)]
柏崎市鵜川で中越地震後初の復興イベントが行われました.
お手伝い&参加しに,ボルナツからは4名が参加.今回は吉田君のレポートです.
***

10月の20,21日に柏崎の鵜川地区のイベントのお手伝い&参加してきました。

蕎麦の実を鎌で刈った後に、昔ながらの機械を用いて取ったり、次の日の復興イベントに向けてのテントやグランドゴルフの会場の準備を手伝ったりしました。
21日には会場の準備をしたり、当日の売店のお手伝いや、後片付けのお手伝いをしてきました。
20日のうちに雨雨が降ったためグランドゴルフの大会はなくなってしまいましたが、21日には晴れて大変良い天気太陽の中で多くの方に来てもらえました。
東京の方からも、八王子歌声の会の方が来られ、大いに賑わいました。
私たちボルナツも、いつも以上に、貴重な体験をさせてもらうことができ、またおいしいものを頂いてしまいました.
特に、鵜川のはざ掛け米を釜で炊いたごはんごはんは、香りもおいしく、おかずもなしに
3杯もぺろりと平らげることができました。



そばの刈り取りの様子です.


復興イベントではざかけ米を販売!

***
ということで,お手伝いする以上に食べてたのではないか?と思われるレポートですね.
これからの鵜川の取り組みにも注目ですね!
山古志ありがとうまつり [2007年10月21日(Sun)]
10/21(日)に,山古志ありがとうまつりが行われました.
ボルナツからは2人がお手伝いに行きまして,実際に行ってきた藤原君のレポートです.

〜〜〜

中越地震震災から3年を目前にした山古志で、10/21(日)、『やまこし ありがとう まつり』が開催されました。
祭りは山古志の複数の会場で行われていましたが、メイン会場である闘牛場のお手伝いに山田、藤原の2名で行っていってきました。

祭りを手伝うぞ!と意気込んでいった二人を待っていたのはあいにくの雨…
とりあえずテントの中で配るビラの整理から始めました。

時間が経つにつれ雨も落ち着き始め、オープングが始まりました。

オープニングでは地元の方が感謝の言葉を述べられた後に、
会場に来てくださった皆さんで一斉にバルーンを飛ばしました。

あぁ、空高くに上がっていくバルーンはきれいだぁと見ていると、アーチになっている天井に引っかかるカワイソウなバルーンも。
そんなバルーンたちも後でスタッフの手によって、無事天高く上っていきました。


そんなこんなでオープングを終え、再びテントヘ。
ビラ配り、ビラの整理をしていると、山古志名物闘牛の登場です。

初めて闘牛を見ましたが・・・
・・・あれは人間じゃ勝てないだろ・・・っていうぐらいの迫力。
後ろ足の筋肉がほんとにすごい。
さすがサーロイン。

と闘牛にびびっていると、闘牛に触れ合える機会が!
小学生ぐらいの子とかはその背に乗せてもらったりと何とも微笑ましい光景が展開されていたのですが、

「折角の機会だから、あんたも乗ってみるか」
というお言葉。仰るとおり折角の機会ですので年甲斐も無く乗らせて頂きました!!

実際に乗ってみると、毛は少しごわごわするものの、逞しくて優しい背中。っと初めて乗る闘牛の背中を堪能していたのもつかの間、10秒後、僕が重かったのが気に入らないのか、背中を傾けて落とされました。

子供相手じゃ、特に抵抗する様子も見せなかったのに・・・

まぁ、何はともあれいい経験をさせてもらいました。


そんな闘牛との触れ合いやオカリナのコンサート、歌謡ショーに踊り。
多くの音を、想いを山々へ響かせながら祭りは進んでいきました。

多くの出し物を出されている内にいつの間にか日も傾き、フィナーレへ。
フィナーレでは山古志の小・中学校生に、山古志の小学校文集を原詞とし、ありがとうをテーマとした曲を歌ってもらいました。

そんな感動的な曲を聞いた後、会場全員で故郷を歌い、祭りを締めくくりました。

こちらの会場でもお汁にご飯にお漬物、甘酒などいろいろご馳走になりました。
ありがとうございました。


余談
9月の初め、地域復興交流会議に参加したとき、ボルナツメンバーで木の板に絵を描いたことを覚えていますか?
なんと、ばっちりこの山古志の会場に使われてました!
描いた人は是非実際に見に行ってくださいね〜



みんなで一斉に風船を放ちます!きれいですね笑い



山古志インディペンデンスウォーク,VOLT of NUTSの文字が見えます!



〜〜

とまぁ,雨もあって大変だったようですが,とっても良いイベントになってよかったです.
闘牛の気持ちは...わからないですね笑顔
今まであまり山古志地域と関わりがあまりなかったので,これをきっかけにつながっていけたらいいなと思います.
田麦山へおじゃましました〜内ヶ巻堰修復第1弾〜 [2007年10月20日(Sat)]
10/20(土)に,川口町田麦山を再び訪れました.
先々週はクロスカントリー大会のお手伝い,今回は内ヶ巻堰の修復です.
きっかけは先週の「よってげてぇ」(川口町のふれあい市)で,田麦山自然塾の森山さんとお会いしたときに「先人の遺産をぜひ残したい」という会話から.
さっそく…ということで行ってきたわけです.

さて,内ヶ巻堰とは.
明治初期に,田麦山から小千谷市の内ヶ巻への用水路が作られました.
それにより,内ヶ巻は田んぼの広がる地域となったのです.
その水路は,昭和に入り山を通したりといったルート変更をしながら,内ヶ巻の水田を支えてきました.
しかし,中越大震災のときに被害を大きな被害を被り,現在では代わりの用水路が造られ使われていません.
しかし,明治の先人が造ったこの水路,測量機器も道具も不十分な中で完成させるに至った先人たちの思いを伝えていきたいというのは森山さんの言葉です.

前置きが長くなりましたが,1回目ということでまずは草刈り.
森山さん含め田麦山の方が水路周辺の草を刈っていき,ボルナツメンバー(3人)はその草を片付けていくという作業.
草刈り機班はどんどん先へ進んでいくのですが・・・ボルナツ班はなかなか切れていない草と格闘しどんどんおいていかれます.
とはいえ,なんとか5〜600mは整備することができました.

作業の様子.水路に落ちた草をすくいあげ,路肩に投げていきます.


その後の会話

「水路はどのくらいの距離があるんですか?」
「7kmくらいかな」

相当がんばらないといけないようです.
とはいえ,まずは第一歩を踏み出すことができました.
地震で文化遺産を失うことが多々ありますが,遺していこうという思いを実現するためにお手伝いできて,少しうれしかったです.
ちなみに,この日のメンバーは若干の失態をしでかし,なんと貸してもらった道具3本のうち2本を破損.
申し訳ありませんでした...
次回の作業は「水路の泥上げ」だそうです.
是非,お手伝いさせてもらいたいな〜と思ってます!

さて,作業終了後は田麦山地区の避難訓練&復興祭に参加させていただきました.
雨の中多くの住民の方が参加されており,防災への意識の高まりが感じられました.
その後の復興祭ではおでんや焼き鳥がふるまわれ,なんだかんだとおいしくいただいたボルナツなのでした.

キャンドルで描かれた文字です.残念ながら雨と風ですぐ消えてしまいました...
川口町〜震災復興おかげ様感謝デー [2007年10月14日(Sun)]
まもなく発生から3年を迎える中越大震災で震度7の地震におそわれた,川口町で「震災復興おかげ様感謝デー」が行われるということで,おじゃましてきました.

まず,10/13(土).
相川地区の復興状況視察に参加しました.

住民の方の案内のもと,地区内を見学.

ぱっと見た感じでは,元通りという感じだったのですが,
「この道が盛り上がっているのは,地震後に盛り上がったまま舗装したから」
「あの倉庫はついこの間修繕された.それまで壁が傾いたままだった」
など,現在にも残る震災の傷跡を教えていただきました.
そのような場所が所々にあり,住まれている方にとって,地震はまだこの間のことなのかなと少し考えさせられました.
その後,集会場にて相川の歴史についてのお話を伺いました...が,遊び塾リーダー研修の後で少し疲れてたのもあって一部ボルナツメンバーは睡眠モード困ったすいません

その後,木沢地区へ.
木沢地区は震災当初,集落への道がすべてふさがれ孤立してしまったのですが,住民の手で道を復旧させたということで知られています.
この日は,旧木沢小学校を会場に,おかげ様感謝デーが行われました.

キャンドルメッセージ!村の鎮守様からきれいに見えました.その数1100個!!!

震災当時ボランティアに来られていた,栃木県の「オールとちぎ」の方や大阪大の方も来られていて,非常ににぎやか.
夜は体育館にて,宴ジョッキが催されました.
地震のとき,地区の皆さんが集まった体育館に,その日もまた多くの人が集まり,震災当時の話をたくさん伺うことができました.


さて,日は変わりまして10/14(日).

震央のモニュメント除幕式に向かいます.
震災の1年後,我らが顧問上村先生がGPSでその場所を特定し,川口の小中学生のメッセージを刻んだモニュメントが,震央(田んぼのど真ん中!)に設置されました.
それから2年,木のままではいずれ痛むということで新たなモニュメントが完成し,場所を少し移動しての除幕です.
こちらも多くの方+TVクルーの方が来られてました.

ボルナツメンバー+ボルナツ顧問+ボルナツOBで記念撮影カメラ


除幕式後は,木沢でお片付けを少しばかりお手伝いして,東川口の「よってげてぇふれあい市」に向かいます.
会場に到着!さっそく散策...と思ってたら「牛ヶ島の感謝イベントに行こう!」と中越復興市民会議の方からお誘いを受け急遽牛ヶ島集落へ.
迷いながらも到着...イベントは残念ながら終わっていました困った
しかし,集落の皆さんのご厚意で焼きそばとお汁をいただきました!
めっちゃおいしかったです料理
ここでは,雪についてのお話をいくつかお聞きすることができました.
同じ川口でも雪の降る量は全然違うんですねぇ〜.

突然おじゃましたにも関わらず,暖かく迎えてくださった牛ヶ島の皆さんです.


さて,再度東川口地区に向かいます.
「よってげてぇ」は月1度開催されているふれあい市で,今回は一段とパワーアップしての開催です.
食べることに関してはひたむきな(?)ボルナツはさっそく,めったに食べられない熊汁に向かいます.

熊の毛皮をつり下げて,熊汁をアピール天使


熊汁を堪能し,うろうろしていると先週お世話になった田麦山の皆さんが出店されているのを発見!
なんと,手打ちそばをやっているということで,もちろん「いただきま〜すびっくり
この日は一日中何かを食べていた気がします笑顔...それがまた全部おいしかったんですけどね.


という感じで川口町を堪能し,元気になってきた川口町を肌で感じたボルナツメンバーなのでした.
「中越大震災から3年 復興シンポジウム」 [2007年10月13日(Sat)]
19月12日,13日の2日間にわたって「中越大震災から3年 復興シンポジウム」に参加してきましたびっくり
ということで,今回は澤畠君のレポートです.
***

このシンポジウムは中越地震から半年毎に開かれていて、今回は地震から3年ということで盛大に行われました。

12日(金)15時から
雲林科技大学の助教授 黄世輝氏による「台湾921集集大地震からの復興」と川口町企画商工課課長 星野晃男氏による「復興の現場から」という講演を聞きました。
復興するにあたっての苦労や成果などを聞き、日本と台湾での文化の違いや地域性によって、復興は方法に違いがあることを知りましたメモ

17時〜
懇親会をしました。豪華な食事が用意されていて、ひたすら食べていましたごはん

屋時ごろ(?)
宿泊先である蓬平にある温泉旅館に到着。部屋に荷物を置いて、能のような劇とソーラン節のような踊り?をみせていただき、その後2・3次会が開始されました。宴会後、造形大と工科大の学生と温泉に入って2時ごろ就寝しました。

13日(土)9時から
旅館のおいしい朝食を取った後、旧山古志と川口町の復興現場視察に行きました。実際に地震の被害の様子を見て印象的びっくりだったのは、地震から3年たった今が家の建築ラッシュだということです。中越地震がいかに大きいものだったのかを見せ付けられたような気がしました。

13時〜
長岡造形大学で、シンポジウムが始まりました。色々な立場の人たちがその人達の視点から、災害からの復興や支援について話してくださいました。我らがボルナツのM1の先輩2人も発表していました��

これが大雑把な流れです。今回このシンポジウムに参加してみて、地震の復旧・復興のためにたくさんの人が様々な活動を行っていることを知り、我々ボルナツも頑張らなくてはと思いました。
子ども遊び塾〜第2回リーダー研修@わしま [2007年10月13日(Sat)]
10/21(日)に,いつもお世話になっている,長岡子育てライン三尺玉ネットさん主催の「子ども遊び塾」が開催されます.
これは,自然の中でめいっぱい遊んでしまおう!というとっても楽しいイベント太陽
それにむけて,第2回リーダー研修が行われました!
場所は,「道の駅 良ェの里わしま」ということで,技大から約40分くらい自動車のところです.


行くと立派な看板がお出迎えしてくれました.


研修の内容は,もちろん「遊び」.
長岡市キャンプ教会の須藤さんを講師に迎えて,「危険予知」「安全対策」といったことも教わりました.


『暗夜行路』の様子.目隠しした人で列を作り,リーダーの声だけを頼りに山へ向かいます!



拾った木の実や枝でクラフト実習.刃物の扱い方を子どもに教えるときの注意を学びます.


本番の会場もここなので,良い下見にもなりました.
さて,本番当日はボルナツで一切を仕切る!とのことでこれから企画を練ります.
どんな遊びがいいかなはてな
当日は子どもたちと一緒にはしゃぎますよ〜びっくり
| 次へ