CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«驚く程に時間ないよねぇ(田麦山) | Main | 技大祭準備及び当日»
プロフィール

長岡技術科学大学 ボランティアチーム VOLT of NUTSさんの画像
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
VOLT
木のこん 遊び場作り (04/24) 大渕
大崩 里山散策と生ビールを楽しむ会 (07/27) シブ
鵜川 ホタル祭り (07/05) シブ
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/12) 小野
棚田 溝切り、畔ヌリ (05/11) 大崩分館
新年のご挨拶 (01/01) シブ
魚沼子供元気フェスティバルで子供と遊ぶ (05/19) シブ
田麦山 春の自然塾 (05/04) シブ
八王子 安澤キノコ園 (05/03) シブ
小国 桐沢地区で苗箱運び (04/28)
リンク集
活動先ブログ
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/voltofnuts/index2_0.xml
活動してきた場所のその後 [2012年10月19日(Fri)]
9月の活動報告どこいったの?
もしかして、ボルナツつぶれた?




つぶれそうだったのは、私の心か。
 長岡技科大には大学院への推薦が通ると、4年生は実務訓練という長期インターンに行きます。海外実務の齋藤さんは8月末に一足先に、そしてつい最近、田之上さん、中島さん、町田さんも長岡を離れ実務訓練先に行きました。

 ふと、自分の周りを見てみる。去年の4月に一緒にボルナツに入って一緒に活動してきたメンバーは今は長岡にいない。一時的にいなくなるだけだし、いなくなるのは、わかっていたけど、思わず涙が出てた。これを書いてる今も涙が出そうになる。

 ボルナツ2年目の私からすれば経験上では短いものの私を引っ張っていこう、サポートしようとしてくれる3年生。自分が出来ることを見つけ、日に日に成長していってる1年生。そして、私。悲しみに明け暮れているようなときじゃない。4年生が実務訓練を経て大きくなって帰ってくるのなら、私もそれに負けず大きくなった姿を見せ返さなねば。

 長い長い前置きから始まりました。
今回報告するのは、8月26日に私と私の兄の二人で行ってきた、被災地のその後の視察です。5月と7月11月に行った福島県新知町と宮城県山元町へ行きました。

A.M.2時に私の家(長岡)を出発し、新潟大学のすぐ近くのアパートで暮らしている兄の家へ向かい、4時まで休んでから、出発。

久しぶりに行く新知町。うろ覚えの記憶を頼りに5月に行ったときに泊まった公民館へ行く。
画像-0098.jpg

この日は、なにか祭りが行われていたようです。
餅つきを行っていました。町内会の動きは回復しているようです。


続いて、新地駅周辺
s-DSCN0564.jpg

s-DSCN0563.jpg

s-DSCN0586.jpg

s-DSCN0579.jpg

s-DSCN0568.jpg

s-DSCN0572.jpg

s-DSCN0570.jpg

このあたりは、写真には取っていなかったのですが、重機が入り撤去作業を未だに行っていました。

s-DSCN0580.jpg

そんな中、こんな壁を見つけたので、

s-DSCN0581.jpg

s-DSCN0582.jpg

Let's反り立つ壁
これは何の残骸なのでしょうか。


新地駅周辺を後にして、次は宮城県山元町のボラセンへまず向かいました。
s-DSCN0589.jpg


s-DSCN0588.jpg

世間では、丁度24時間TVが行われていた頃。ここでは、24TVの中継も行われていました。
そして、ここに着いた事で、11月に行ったときの記憶がよみがえる。
あのイチゴ畑へ行こう。

dscf7607.jpg

s-DSCN0591.jpg

dscf7557.jpg

s-DSCN0592.jpg

dscf7616.jpg

s-DSCN0593.jpg

あの時活動した、ビニールハウスはなくなっていました。
変わりにビニールハウスがあったところには、雑草がびっしり。
菅野さんは元気にしてるだろうか。


あのときの最後の集合写真

dscf7611.jpg

このときに一緒に行ったメンバーへ。
今長岡にいるのは私だけですが、ボルナツ日誌ならどこでも見れますよね。
11月に活動したあのイチゴ畑は今こうなっています。

 寂しい思いが残る一方で、ここには確かに私達が活動した形跡は残っていました。



 お昼もちょっと過ぎたかというところでここも去り、ご飯を食べてから帰路につくことに。兄の家に帰ってきたのは、P.M6時ごろ。
 思えば、兄と二人でどこかに行くのは、ずいぶん久しいですね。
長時間お疲れ。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
報告ありがとう
行けなくても忘れないのが大事
Posted by: よしはら  at 2012年10月23日(Tue) 20:50

更新おつかれさんっ

何だか懐かしいねー
Posted by: 前置きに名前がなかった人  at 2012年10月20日(Sat) 01:22