CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年09月 | Main | 2012年11月»
環境パートナーシップ研修 [2012年10月02日(Tue)]
環境省環境調査研修所で行われている環境パートナーシップ研修。今年度は10月の開催。全国の地方自治体、国の機関などから45人の受講者が所沢に集まり、4泊5日の研修を行います。私の出番は2回。最初と最後のセッションです。

最初のセッションは、10月1日(月)の午前2時間。
1.アイスブレイク
2.能動的傾聴(自己紹介を兼ねる)
3.正解のあるコンセンサス・トレーニング
4.正解の無いコンセンサス・トレーニング
の4つを行いました。

2時間に収めるのはちょっときつかったですが、良い塩梅に気分がほぐれてリフレッシュするとともに、研修に入る前さばきができたのではないか、と自画自賛。金曜日が楽しみなような、恐ろしいような気分です。
野分き去り、夜半に雲間の月見かな [2012年10月01日(Mon)]
強烈な勢力の台風17号が日曜の夜から月曜の朝にかけて東日本を縦断。
中秋の名月、月見はあきらめて「月より団子だ」と月見団子にきなこをたっぷりとつけて、おやすみなさい。

雨は予想と違ってたいしたことはなかったようですが、風の音がものすごくてなかなか眠れません。少し、うとうとして目が覚めたら、いつの間にか月が見えていました。台風はもう関東を過ぎてしまったようです。暴風圏が250キロメートルあったとしても、時速50キロの速度なら5時間で通過する計算。日付は10月1日になっていましたが、中天にかかる月は冴え冴えと美しく見えました。団子も良いけど、月見も良いものです。

それにしても、今年の夏は勢力の強い台風の多いこと。910ヘクトパスカル程度に発達した猛烈なものだけで、3個目だったはず。日本の近海でも海水温が高いため、台風の勢力が衰えないまま日本にやって来るのが原因、と天気予報では言っています。地球温暖化の影響なのでしょうか。だとすれば、私たちが考えている以上に深刻な事態が、想像以上のスピードで進んでいるのかもしれません。月見などとしゃれている場合ではないのですが、あえてこういうご時世だからこそ、テレビを消して、電気も消して月を楽しみましょうという暮らしぶりを広めて行きたいものです。